「百円の恋」「0.5ミリ」感想
t02200311_0340048013192734364.jpg 164658_02.jpg
安藤サクラ主演の映画2本
最初に彼女を見たのは、「愛のむきだし」(2009年)の時だったでしょうか・・・凄いインパクトで、その後も存在感ある女優さんとして、邁進されているなあーと思っていました。先日彼女が出演していた「ゆとりですが、なにか?」というドラマも楽しく見ていました。

さて、ずっと気になっていたものの、なかなかレンタル出来なかった彼女の映画2本を見てみました。
まずは「百円の恋」
すごい、肉体改造も凄いし、ボクシングの習得も凄い。内容も面白かったです。
以前観た「顔」に、若干似ているところもあるけれど、人生捨てていた様な女性が、どんどん変わって強くなっていく様は、見ていて応援したくなるし、後味も良いですね。4つ★~4つ★半

ただ、コンビニの廃棄弁当をもらいに来るオバちゃんのところは、なんでそんなに親切にしてあげるのかなあ・・・・って、思いましたけれども。脇役で登場する人達(コンビニの店長とか、妹とか・・・も、みんなとてもリアルでしたねー!)
特にコンビニの先輩。グダグダ喋ってウザくて、見ていて気分が悪くなるほど、上手かったです。

そうそう、ボクサーの新井さんに、いきなりデートに誘われるも、誘った理由が「断られないような気がして」とか、結構酷いんですよね・・。
倒れた新井を自宅につれ返り、看病してあげるも、すぐにその風邪がうつって寝込んで、逆に看病され・・・(固い肉は笑った)
その後彼女の家に居ついた新井だが、彼女への扱いや言動がヒドイ・・・。豆腐屋のおねーちゃんとくっついて出て行ってしまう。
その後暫くして、警備員の仕事をしている新井が弁当を買いに来たことで、ばったり再会。逃げる彼を追って、ボクシングの試合に見に来ないか?と誘う。

★以下ネタバレ★
試合は負けてしまうものの、立派な戦いぶり!!彼女の意気込みやまっすぐな努力に、不仲だった妹、両親も見直す様になる。
新井も見に来てくれていて、負けて泣く彼女をいたわりながら、夜の街を2人で歩いて行くのだった。この後、またよりを戻しそうで、今度は邪険に扱われていた以前とは関係性も変わった様に感じるから、良い感じのカップルになれるかな・・・なってくれるといいんだけど・・・
以上

百円の恋 (2014/日)
監督 武正晴
脚本 足立紳
出演 安藤サクラ / 新井浩文 / 伊藤洋三郎 / 稲川実代子 / 早織 / 坂田聡 / 沖田裕樹 / 宇野祥平 / 吉村界人 / 松浦慎一郎 / 重松収 / 根岸季衣

・・・・・・・・・・・・・
「0.5ミリ」

面白かったけれど、ちょっと長い!
津川さんの戦争について語るシーンとかは、申し訳ないけれど、少々ダレてしまいました。

それにしても、安藤サクラさんって、ほんとに凄い人ですね。
この役も、彼女ならでは、彼女だから、って感じの役で。実の姉妹同士で作っているとのことで、かつ、結婚されたのが、この映画にも出演されていた、意地悪ヘルパーさん角替和枝と、最後のパートのオヤジ柄本明さんの息子さんなんですもんね。

最初のパートは、ヘルパーさんをしていたお家で、一晩だけおじいちゃんに添い寝してもらえないか?と、奥さんに頼み込まれて引き受けるも、殆ど動けないはずの、じいさんがペロペロと顔をなめまわしたのに驚いて、すったもんだしている内に、火が出ちゃうわ、奥さんも自殺しちゃうわで、仕事を首になってしまう。

家もなく、ぶらぶらしていた時に遭遇した、カラオケボックスでおじいちゃん。一晩一緒に過ごして、最後は感謝されて別れる。
次に出会ったのが、自転車をパンクさせていた坂田のおっちゃん。脅し?をかけて、家に入りこむ。詐欺師のベンガルに1千万円を取られそうなのを防御。おっちゃんはホームに行くことにし、愛車をサワちゃんにくれるのだった。
次に出会ったのが、エロ本を万引きしようとしていた津川雅彦。彼の家に入りこみ、彼の妻を介護しながら、家事をやっていたが、最初からいたヘルパーさんに嫌われてしまい、また、親類の女性が今後は家に住み込むことになったため、家を出される。
そんな矢先、最初の家の息子に遭遇、今は父親と2人で暮らしているそうで、そこの家に転がりこむ。

★以下ネタバレ★
最初のパートで登場していた、しゃべらない引きこもりの読書少年マコト君は、実は女の子だったんですね・・・。これは早い段階で女の子なんでは?と気がついていたけれど。
車のボンネットに、坂田のおっちゃんが、サワちゃんの分として100万円を残しておいてくれたのを発見する。
マコト君とサワちゃんは2人でどこかに行くところで終わる。
以上

サワちゃんの、家事力はスゴイですねー。完璧に掃除やら料理やらをササッとてきぱきこなす。これくらいのことは、ちゃっちゃっとやりますよー、ってなもんなのですが・・・。それだけでも、なかなか出来ない人が多いわけで。
そして、介護力もすごい。その仕事ぶりが、とても丁寧なんです。

最初のきっかけは、恐喝みたいな感じで、相手の弱みを握って、家に入りこんでしまうものの、彼女の家事や仕事ぶりで、みんな、段々ほだされていくんです。一緒に暮らす人として、やっぱり料理や家事力って、とても大事なんだなぁ・・・と、しみじみ感じました。
4つ★

0.5ミリ (2013/日)
監督 脚本 原作 安藤モモ子

出演 安藤サクラ / 柄本明 / 坂田利夫 / 草笛光子 / 津川雅彦 / 織本順吉 / 木内みどり / 土屋希望 / 井上竜夫 / 東出昌大 / ベンガル / 角替和枝 / 浅田美代子
【2016/07/12 13:46】  コメント(2) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ルーム」感想 | ホーム | 「殺されたミンジュ」 「俳優は俳優だ」感想>>
コメント

latifaさん、こんばんは。
毎日暑いですね。こっち梅雨明けしましたよ。
でも毎年梅雨明けしてもまとまった雨降るので要注意だけど。

ところで安藤さんの二本鑑賞されたのね。
自分は未見なので感想まだ全部は読めないけど、どちらも面白かったみたいで良かった!
私も早く見たいなぁ。特に百円の方。
そうそう、「愛のむきだし」の時のインパクト凄かったよね。私もあれでファンになったので。
「ゆとり・・」も録画してるのでじき見る予定です。
でもつい調子にのってドラマ他にも色々録画してしまっててたまってるの~。
「ナオミとカナコ」とか「僕のヤバい妻」とか、なんかアブなさそうなのばっかり。(^^;
つるばら  【 編集】  URL |   2016/07/18 20:12   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちはー!
厚いねえーー、こっちも毎日暑くて、ひーひー言ってます・・。

安藤サクラ、つるばらさんもチェックしていたのねー。
彼女、すごいよね。
綺麗な女優さんやアイドルは、いっぱいいるけど、こんな風に個性が光っている、唯一無二な存在感を持ってる人って、そうそういないから、強いよねー。
「ゆとり・・」録画してるの?うわーーい!凄くおもしろいよー。
私は、最近見たドラマの中では、かなりダントツで、良かったと思っているドラマだよー。
同世代よりかは、この世代の子供を持つご両親(うちら)が見ても、色々ジーンと来る部分もあるドラマだったと思うよ。

> 「ナオミとカナコ」とか「僕のヤバい妻」とか
おおおー!色々溜めてるんだね? その2つは未見だったけど、知ってるよー。
ドラマって、映画と違って、回数たくさんあるから、見るのってハードル高いんだよね。
面白かったら、また教えてね。再放送とかで、見てみたいと思いますー^^
latifa  【 編集】  URL |   2016/07/19 13:39   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1336-86c65f6a

百円の恋は0.5ミリ
Akira's VOICE (2016/07/12 17:15)
安藤サクラの2本。


| ホームTOP ▲ |