fc2ブログ
「ウーマン・トーキング 私たちの選択」「世界で一番美しい少年」
実話と、ドキュメンタリー作品。
ショック・・・。
ウーマン・トーキング 私たちの選択

割と最近、こんなことが行われていた、、というのに驚き・・・。

有名人気の俳優さん達が出演されていて、ハラハラドキドキする展開。
女性の中に混じってベン・ウィショー演じる男性が救いの存在。
いやー、それにしても酷い。

ウーマン・トーキング 私たちの選択
2010年の架空の村。独自の生活を営むキリスト教一派の人々が暮らす村で、女性たちに対する性的暴行が多発する。これまで女性たちは、そのことを悪魔の仕業や作り話だと男性たちから否定され、真剣に取り合ってもらえずにいたが、やがてそれが明らかな犯罪であることを知る。男性たちが街へ出かけ不在となる2日間、彼女たちは自らの未来を懸けた話し合いを行う。

原題 WOMEN TALKING
アメリカ 2022年
監督 サラ・ポーリー
出演 ルーニー・マーラ、クレア・フォイ、ジェシー・バックリー、ベン・ウィショー、フランシス・マクドーマンド


世界で一番美しい少年

以前よりこの映画のことは気になってはいたものの、今になってやっと鑑賞。
噂やネットの記事で、ビョルンのこれらの事、知ってはいたものの、実際見るとショックでしたね・・・

髪の毛が長くて白い仙人風だから、なんだか驚く風貌になってるけれど、髪をしばったりすると、お顔とか殆ど若い頃から変わってない(いや、お年は召されてますが、綺麗なお顔立ちで、その年の男性の中に混じれば、やっぱり際立って整ったお姿だと思う)

じゅうたんの下に謎の糞が積み重なっていて不潔過ぎるとか、ガスレンジをつけっぱなしにしてクレームとか、ぎょっとする様な現在のシーンから始まる。

★以下ネタバレです★


実の母親が幼い頃に失踪し自殺していて・・・ (異父兄妹の妹が)
後に彼の息子は幼い頃に謎の突然死をされていたのですね・・・。

やっぱり衝撃的だったのは、ベニスに死すでスターになったけど、それで彼が大変な思いをした、ってところ。
私も彼の風貌が凄く美しいから、それをたたえる記事を昔書いた事があったけど、私もその興味本位というか能天気にチヤホヤする一員の行為だったのかと思うと、申し訳ない気持ちになっちゃいましたよ・・・・。

ベニスに死すのスタッフのほとんどゲイだったというのはビックリ・・・。
完成後、記者会見のヴィスコンティが「16歳だ。歳をとった。もう美しくない。撮影の頃はもっと美しかった」」と。
ひどいなー 内心そう思っていても、こんな公の場で彼を隣にして発言するとは。
育てられた祖母もステージばあちゃんだったし・・・

それと、日本での人気がとびぬけていて、来日し、過密スケジュールに日本語の歌を歌わせ、CMにも出演・・・。
ジャニーズ問題もだけど、日本の芸能界の感覚とか体質って・・・。

再び日本に訪れ、帝国ホテル等に立ち寄り、色々覚えているヴョルン。

美しい事で、こんなに過酷な人生を送ってきただなんて・・・
唯一の救いは妹と、娘がいること。

エンディングに流れたのは、なんと日本語の曲・・・
はぁ・・・・

この後、なくなるまでビョルンが穏やかで幸せな生活を送れますように・・・。

でも、でも、やっぱり「ベニスに死す」の彼は神がかった美しさだった!
あの頃の彼は、美の世界遺産です。

世界で一番美しい少年
The Most Beautiful Boy in the World
2021 / スウェーデン
【2023/09/21 07:43】  コメント(4) | トラックバック(1) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「マーメイド・イン・パリ」「母へ捧げる僕たちのアリア」 | ホーム | 「藁にもすがる獣たち」「逃げた女」>>
コメント

こんばんわ〜遍路旅から戻ってきました。
「ウーマン〜」の話、近年までこんな事が行われてたなんて!本当に酷い話~
他所で暮らすことにして、彼女たちは変な宗教の呪縛からちゃんと逃れられたのかな?と気になります。

「世界で〜」は私も気になってる作品ですが、まだ「ベニスに死す」の方を見てないのでそちらから見ようと思っています!
ノルウェーまだ~む  【 編集】  URL |   2023/09/22 21:03   |  TOP ▲ |


ノルウェーまだ~むさん、こんにちは!
コメントありがとうございました。

お遍路旅、すごいですね!
お疲れ様でした。

ウーマン、、この後大丈夫なのかな・・・
どうなったんだろう・・・と、映画の後も気になりますよね。
それにしても怖い事が割と最近まで普通にまかりとおっていたんですね・・。

世界で
そうですね。順番から行くと、ベニスに死す、を見てからがいいかもです・・。
latifa  【 編集】  URL |   2023/09/24 10:12   |  TOP ▲ |


おはようございます。
寒くなりましたね~。
毎朝、洗濯物を干すのが辛いです。

latifaさんの記事、検索したけど見つけられなくて…後手になっちゃいました<m(__)m>

ビョルンの悲劇だけが記憶に残りました。「ベニスに死す」に出会ったことは幸せだったのかそうでなかったのか。妻と娘も背負うものが大きかったでしょうね。当時のビョルンの扱い、日本人として恥ずかしいです。

「デフ・ヴォイス」
前半を観る限り、原作は越えられなかったかでしょうか。原作を知らない人には人間関係など難しい場面も多かったように思いました。
草彅さんの「きれいな手話」
手話を知らない私にも雰囲気は伝わりましたし、不愛想だったのが表情が柔らかくなっていくところなんか上手いと思いました。
エンケンさんの何森刑事、もうひとつですよね。小沢さんのほうが合ってます!何森刑事の部下の役者さん、雲霧仁左衛門に出てたっけ、と調べたら小日向文世さんの息子さんなんですね!演技は???でした(笑)

秋ドラマも終わっちゃいますね。
来年からは何を観ようかチェックしてます^^

朝井まかてさん、紹介された作品も読みたいです。
どうして今まで手を出さなかったのかしら、なんて作家さんが多いです。
こに  【 編集】  URL |   2023/12/20 08:19   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
温度差についていけないです。急に寒くなったからか、あちこち不調で困ってしまいます。

記事検索にお手数おかけしちゃって申し訳ないです。
「ベニスに死す」何度も見ては、ビョルンやっぱり美しいなーって思うんですが、その裏でこんな事が・・というのショックでした。。
私も一緒になってキャーキャー言ってる人間の一人だったわけで・・・

デフ・ヴォイス
そうなのよね、色々盛り込みすぎで、人が一杯出て来るし・・
原作知らない人だったら、混乱しただろうな・・
私も草彅君の手話、綺麗で解りやすく(知らないんだけど)素敵だなーって思いました♪
きっと一生懸命練習したんだろうなー。

え、あの部下、小日向さんの息子さんなんですか!知らなかった。次回よく見てみようっと。
役所さんの息子さんも俳優さんらしいですが、二世って大変ですね・・・。

まかてさんは、一応フィクションの小説なのですが、実はかなり本当の史実も多くて、勉強になります(私は歴史に疎いので)
latifa  【 編集】  URL |   2023/12/20 15:08   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1928-cd07e241

おうち映画(海外)・隣の女/エビータ/世界で一番美しい少年
読書三昧の日々 (2023/12/20 08:04)
「隣の女」 原題 LA FEMME DACOTE 英題 THE WOMAN NEXT DOOR 1981年 フランス 【ムービープラス】 妻と息子と平凡ながら幸せに暮らしていた男性(ジェラール・ドパルデュー)は、隣に引っ越してきた家の奥さんが昔の恋人(ファニー・アルダン)と知り驚きを隠せません 激しく愛し合っていた2人 愛し合いすぎて別れた2人が縒りを戻すのに時間は必要ありませんでした ...


| ホームTOP ▲ |