「リアリティのダンス」感想
アレハンドロ・ホドロフスキーさんのことは知らずに、表紙に惹かれてレンタルしました。
poster2 (1)

続きを読む
【2015/07/01 17:03】  コメント(10) | トラックバック(4) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「トラッシュ!」感想
面白かったのだけれど・・・ 4つ★
poster2_20150609133737565.jpg
続きを読む
【2015/06/09 13:36】  コメント(6) | トラックバック(4) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「悲しみのミルク」感想
全く期待せず見ましたが、思いがけず面白かった!4つ☆半~5つ☆
20110307005fl00005viewrsz150x.jpg
続きを読む
【2013/05/17 15:01】  コメント(0) | トラックバック(0) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「幸せパズル」面白かった
凄く地味~~な映画で、だから何?って終わり方だけど、個人的にこの映画、面白かったです。
あんまり評判良くないみたいで、少数意見かもしれないけど。4つ★
00
続きを読む
【2012/09/28 13:54】  コメント(4) | トラックバック(2) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「瞳の奥の秘密」まぁまぁでした
アカデミー外国語賞ノミネートに、世間の方々の評判も高いとなると、いやがおうにも期待してしまうというもの・・。
00
続きを読む
【2011/02/14 15:12】  コメント(22) | トラックバック(12) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「闇の列車、光の旅」感想
最初から最後まで飽きることなく、引き込まれて一気に見せてくれる脚本、良かったです。映像も綺麗だったし。4つ★半
00
続きを読む
【2011/02/07 12:48】  コメント(8) | トラックバック(7) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「ルドandクルシ」感想
メキシコのバナナ農園のある田舎の村、熱帯植物が広がる雰囲気が素敵です。4つ★
00
続きを読む
【2010/10/07 11:50】  コメント(10) | トラックバック(5) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「スエリーの青空」いまいちでした・・・
私のお気に入り映画である 「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」の監督ウォルター・サレスのプロデュース、そして、これまたお気に入りの『ビハインド・ザ・サン』の脚本を共同で手がけたカリン・アイヌー監督による映画ということで、見たい気満々。しかも世界で22の賞を受賞したっていうから、期待は高まったんだけど・・・・
よくある話し・・・といえば、それまでだけど・・・、ヒロインのエルミーラ(スエリー)が、性格もルックスも好きじゃなかった・・・。
00

続きを読む
【2008/12/22 12:22】  コメント(3) | トラックバック(1) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「シティ・オブ・メン」感想 シティ・オブ・ゴッド関連映画
リオの貧民街区ファベーラを舞台にした映画といえば、あの『シティ・オブ・ゴッド』。その「シティオブゴッド」の監督であるフェルナンド・メイレレスが製作に回り、監督はテレビシリーズ版の「シティ・オブ・ゴッド」を手掛けたパウロ・モレッリが担当。主役の2人は、それぞれ「シティオブゴッド」に出演していた俳優さん。
cti4cti3
続きを読む
【2008/06/19 17:49】  コメント(12) | トラックバック(7) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「フランシスコの2人の息子」父の執念
ブラジルの国民的人気デュオ、ゼゼ・ヂ・カマルゴ&ルシアーノの半生を描いた実話、とのことですが、このデュオの事を知らずに見ました。
この映画は、子役の少年の部分が一番面白かった。あの少年達の本当の歌声なのか?パンチの効いた歌も良かった。
00

続きを読む
【2007/11/18 19:28】  コメント(8) | トラックバック(7) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「ボンボン」すごく好きでした★ アルゼンチンのわらしべ長者
かなり好きな映画でした。想像したよりずっと良くて、見終わった直後の今の気持ちだと5つ★をつけちゃいそうな勢いなんだけれど、とりあえず4つ★半をつけます。
 

続きを読む
【2007/11/10 18:29】  コメント(14) | トラックバック(9) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「イノセント・ボイス 12歳の戦場」予備知識無くても解る戦争映画 ★4つ半

イノセント・ボイス~12歳の戦場~Voces Inocentes
脚本を書いたオスカー・トレスさんの実体験ということで、日本劇場公開時、結構あちこちで紹介されており、とても見たかったものの我が町には映画来てくれず、レンタルでやっと見ました。
続きを読む
【2006/10/04 09:53】  コメント(8) | トラックバック(5) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
セントラルステーション感想と、世界のポスター集め
5年ぶり位に、「セントラル・ステーション」(本題CENTRAL DO BRASIL)2度目の視聴をしました。ん~~~!やっぱり、この映画は良いっ!と、2回見てもそう思いました。内容良し、映像良し(独特の南米の大地や光を感じさせられます)演技良し!私のお気に入りの映画です。

世界各国の「セントラル・ステーション」のポスター集めをしてみました(^_^)/ 世界各国で上映されてるだけあって、色々な種類がありました。一つ言えるのは、日本版が一番変!!って事(って言い切っていいのか・・?)
今回はネタバレ部分文字反転せず、この世界各国のポスター集めの下に
ばっちり書いちゃっているので、未見の方は、ご注意下さい!
続きを読む
【2006/05/09 10:23】  コメント(4) | トラックバック(2) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
ビハインド・ザ・サンと、ロドリゴ・サントロ特集

behind


遂に見たんです!!ビハインド・ザ・サンを!長らく待ちました(T_T)
レンタル開始日にTSUTAYAに行ったのに「置いてません」と冷たい言葉・・
その後しばし時は流れ・・・なんと入荷してるのを発見!速攻で
借りました。私の様に問い合わせする人が多かったからなのかな??
期待以上に、私が好きな映画でした!!!

この映画を見て、やっぱりウォルター・サレス監督作品は私の好み!
と、確信しました。と言っても他に2つしか見てないのですが(^_^;)、
「セントラル・ステーション」「モーターサイクル・ダイアリーズ」
両方とも私のお気に入りの作品なんです。
理屈抜きに映像や雰囲気が、まず凄く素敵で心惹かれます。
内容も1時間半飽きるシーンがなく、ずっと集中して見られます。
黄色いほこりっぽい乾燥しきった大地に、青い空に、ぽこぽこ浮かぶ
絵みたいな白い雲
(←私の南米のイメージの一つ

どえらい熱い昼間の黄色みがかった風景と、夜の闇の青い映像等
各シーンが、それぞれ素晴らしい映像美なんですよね。
☆以下ネタバレ部分なので、白文字で書いてます。文字反転して読んで下さい☆
続きを読む
【2005/09/13 08:50】  コメント(2) | トラックバック(0) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
鳥肌映画 シティ・オブ・ゴッド CIDADE DE DEUS


city of god 衝撃的で鳥肌立つ映画でした。
TV東京の深夜放映されたのを見ました。
まず先に言っておきますが、私はバイオレンス映画が大の苦手です。
でも、この映画は最高でした!。ぶっとんでました。
凄くcoolで、新鮮、研ぎ澄まされたナイフの様な作品。
映像にしても、話の進み具合も、すごく良かった。
ギャング映画やチンピラ映画って、その中の人(多くはボス)を中心に
描いたのが多いけれど、これはそれの外部の人(写真好きな少年)
の目を中心に描かれてるのが、また視点が違っていて面白かったです。

そして、最後に画面に現れた文字に、ガーーーーーーン!
これは事実に基づいた話し??えーっ・・・・

単なるスラムの悪軍団の抗争映画ってことで終わっておらず
これが現実にブラジルの一部で実在することであること、
社会問題や、警察の汚職等、凄く重くて深い問題を含んでる事、
結局こうやって映画を見ている人達からすれば「無意味な殺し合い」
ため息が出てしまうけど、一応ちゃんとボス的な人達から見たら
原因があるわけで、でも、上のボス的な人達の闘争が、結局
無関係な人達を巻き込んで多くの悲劇を産むこと、
終わることない復讐、最後は誰もいなくなるまで戦うのかー
愚かだ・・って(戦争も殆どそんな気が・・)思う人が殆どだと
思うんですね・・・。
☆以下ネタバレです☆文字反転して読んで下さい
続きを読む
【2005/09/10 08:16】  コメント(0) | トラックバック(9) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
モーターサイクル・ダイアリーズと、チェ・ゲバラについて
モーターサイクル・ダイアリーズやっと見ました。
結局レンタルになってしまいましたが、レンタル開始当日に
朝行って借りて来ました♪
いや~~良かったです!予想以上に私の好みの映画でした。
続きを読む
【2005/05/30 08:32】  コメント(26) | トラックバック(26) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |