「ヒドゥン・フェイス」感想
面白かったー^^ 4つ★半~5つ★
lagarcia.jpg
続きを読む
【2014/11/11 15:08】  コメント(6) | トラックバック(4) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「私が、生きる肌」感想
面白かったー!
20121120170857756.jpg
続きを読む
【2013/03/06 13:30】  コメント(14) | トラックバック(8) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「ハモンハモン」感想
TVで放映してくれたのを見ました。
今や夫婦になったペネロペと、ハビエル・バルデムの出会いの作品だったそうな。
00
続きを読む
【2011/11/23 10:32】  コメント(28) | トラックバック(4) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「アナとオットー」感想 
内容(偶然、輪廻・・)、見せ方、カメラワークなど、どれも好み!最初から最後まで、引きこまれて一気見。
00
続きを読む
【2011/09/18 13:35】  コメント(11) | トラックバック(5) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
[リミット]感想
00
携帯電話の電池がしぶとい(^^ゞ
続きを読む
【2011/05/24 11:35】  コメント(8) | トラックバック(5) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「抱擁のかけら」感想
ペネロペの魅力が満載の映画。
00
続きを読む
【2010/02/06 13:54】  コメント(20) | トラックバック(25) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「テシス 次に私が殺される」感想
「海を飛ぶ夢」や「アザーズ」のアレハンドロ・アメナーバルの初監督作品でもあり、「みつばちのささやき」のアナちゃんことアナ・トレントが出演しているというのにソソられてレンタルしてみました。
tesi
続きを読む
【2010/02/05 09:44】  コメント(11) | トラックバック(1) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「マシニスト」クリスチャン・ベイル激痩せ
クリスチャン・ベイルが30キロ減量して挑んだ作品ということで有名ですが、肝心の内容の事は全く知らずに、gyaoで無料配信していたので見てみました。
mas
続きを読む
【2009/06/27 11:10】  コメント(14) | トラックバック(4) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「アザーズ」「永遠のこどもたち」感想
今年の春「アザーズ」(2001年映画)を見て、今「永遠のこどもたち」を見ました。
ei
続きを読む
【2009/06/10 11:49】  コメント(26) | トラックバック(15) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「スパニッシュ・アパートメント」感想
色々な国の人達が同じアパートで雑多に暮らす様子や、バルセロナの風景など、楽しく見ました。
00

続きを読む
【2007/11/06 15:01】  コメント(2) | トラックバック(8) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「パンズ・ラビリンス」感想 ダークな不思議の国のアリス
不思議の国のアリスのダーク版というか、大人向けのファンタジーと、1944年のスペイン内戦時代とを、2つ上手い具合に並行させながら、描いているという、ひとひねりある映画。
00

続きを読む
【2007/10/05 09:44】  コメント(30) | トラックバック(53) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「サルバドールの朝」感想 衝撃でした・・ 
スペインでは知らない人はいないという、Salvador・Puig・Antich の実話。私は、この映画のある部分が、ものすごいショックで、ちょっと引きずってしまっています。その部分は、ネタバレ部分に詳しく書きました。


続きを読む
【2007/08/09 23:34】  コメント(9) | トラックバック(20) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「ボルベール帰郷」 ペネロペの豊胸・谷間
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。アルモドバル監督の映画に出て来る女性って、綺麗という訳ではない中年の女性(男性含む)のインパクトが強い印象だったのだけれど、今回のこの映画では、違いました。やっぱり映画は、綺麗な人が主役だと、より一層良いわ~って(個人的に私の場合)改めて思いました。
ペネロペ演じる母とその娘2人のセクシーなビジュアルが、この映画の魅力の半分くらいしめていた気も。もちろん、内容も、サスペンス性のある内容でハラハラさせられながらも、テンポよく話しがどんどん進みつつ、基本にあるのは人間ドラマで、最後まで飽きさせません。面白かったです。4つ★
00

続きを読む
【2007/06/22 10:37】  コメント(32) | トラックバック(37) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「靴に恋して」「イン・ハー・シューズ」感想
靴をテーマにしている映画2つ。
まずは、2002年のスペイン映画「靴に恋して」。


続きを読む
【2007/05/18 13:34】  コメント(11) | トラックバック(7) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
バッドエデュケーション感想と、世界のポスター集め
バッドエデュケーション この映画は予想外に面白かったです。
実は、今まで幾つか見て来て、あまりアルモドバル監督の作品と相性が良くないのかも・・・と思っていたのですが、今まで見たアルモドバル作品の中で、一番コレが面白かったです。
テンポも良く、スリリングで、ドキドキハラハラ、どうなるんだろう?と引き込まれて見ましたし、それぞれ役者さんがみんな演技が上手ではまっていましたし、私は主要な2人が好印象だったので、その2人がからむ・・っていうのも視覚的にも全然OKでした。

フェレ・マルチネスさん、クールでちょっとカッコイイホモの人?を凄く上手に演じていらっしゃいました。
続きを読む
【2006/06/29 15:17】  コメント(16) | トラックバック(5) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「海を飛ぶ夢」感想と、星野富弘
umi

海を飛ぶ夢 (2004/スペイン)Mar adentro The Sea Inside
非常に考えさせられる映画でした。とても深かったです。この映画を見ながら、星野富弘さんと、スーパーマンの俳優クリストファー・リーブさんの2人が頭に浮かびました。星野さんのことは、最後に書くとして、私がラモンだったら、、、と色々考えさせられる映画でした。フリア(ベレン・ルエダ)さんとの交流と2人の選択とを、からみ合わせて描いていて、とても引き込まれて見ました。この女優さんはモデルからドラマで活躍し、映画はこれが初出演らしいですが、若くないけれど綺麗な人だったな~。あの手紙の内容が知りたかったナ
続きを読む
【2006/06/28 18:51】  コメント(8) | トラックバック(10) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「ブエノスアイレスの夜」 ガエル・ガルシア・ベルナル


ビデオ屋に行ったら、新作で出ていたので、つい借りてしまった。
内容は全然知らずに、モーターサイクル・ダイアリーズ、天国の口、終りの楽園
他で好感持ってる「ガエル・ガルシア・ベルナル」君が出演していた
2001年映画ということで。

まずは、主役の女優さん、あらっ・・この人知ってる!どこで
何の映画だったろう・・・と、最初はそればかり頭でぐるぐる考えて
しまって(映画見終わった後解った→ペドロ・アルモドバル監督の
オール・アバウト・マイ・マザー
だったんだ~~)

詳しい内容に興味が有る方は、公式サイトで書かれていますが、
ざっとおおまかに言うと、アルゼンチン出身でマドリッド在住の42歳の女性、
20年前にアルゼンチンのお国の情勢から、悲惨な経験をして、その時の
トラウマで・・・異性と・・・そういうのが出来なくなってしまっている。
彼女の唯一の性的な趣味・・・というかは、壁を隔てた状態で隣の部屋から
漏れる声とかで・・・する事でした。その隣の部屋にお金で買われた
若き美青年ガエル・ガルシア・ベルナルと・・・
という内容です。


この主役の女性セシリア・ロスって、この映画の監督・脚本・音楽担当(
ミュージシャンでもあるらしい)であるフィト・パエスさんと実際に
夫婦
だったんですってね。子供さんもいて(息子)。
でも、この映画を撮影された後、離婚されてしまったそうです。
下の写真、一番彼女が心からニッコリと笑っている写真が
旦那との2ショット
というのは・・・(^_^;) 
旦那、なんだかいかもにマニアック芸術家的風貌ですな。

出演: セシリア・ロス, ガエル・ガルシア・ベルナル, その他
監督: フィト・パエス


http://www.noticine.com/

☆以下ネタバレです☆ 白文字反転して読んで下さい。
続きを読む
【2005/07/31 07:57】  コメント(0) | トラックバック(0) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
死ぬまでにしたい10のこと デボラ・ハリーが

涙が出た処は無かったですが、普通に面白く見れました。
「死ぬまでにしたい10のこと」というタイトルが頭に印象づいていた
のですが、実際はMy Life Without Meというタイトルが本題だったんですね。
見終わった後に知って、なるほどねー!!と思ったし、本題は素敵だな~と
思いました。
私も死ぬまでに10こ、何をするだろう??とちょっと考えてしまいました。
(カナダ・スペイン合作)

この映画で好きだな~良いな☆って思ったエピソードは、ダイエットばかり
気にしてる友人、病院のお医者さん、等周りの脇役の人のエピソードや
人物像が凄く味わい深く描かれていたことでした。


ところで、お母さん役の人!Call Me、Heart Of Glass等70年代後半から
80年代にかけて売れまくっていたブロンディの、
Deborah Harryデボラ・ハリー
だったなんて!
そう言われれば面影有りましたね・・・
Blondie(Vo.デボラ・ハリー)の試聴出来るサイト
懐かしい曲が並んでいます。もちろん上の2つの曲も試聴出来ます。

それと、隣の家のアンが、出て来るなり、可愛いっ!と思ったら、
見終わってから解ったんですが、彼女、トーク・トゥ・ハーに出ていた
顔も可愛いいけれど、素晴らしく美しい裸のレオノール・ワトリング
じゃありませんか~ この人可愛いなー。

ペドロ・アルモドバル  トーク・トゥ・ハー
   (この映画は、ある部分にどうしても拒否反応が・・)
☆以下ネタバレです☆ 白文字反転して見て下さい。

この主人公が選んだ2つの事に嫌色を示す人が多いだろうことは
想像がつきます。私も、う~~ん・・・と、微妙ですが・・・(^^;
ただ、彼女が若くして17で出産、今に至り、まだ23、4歳って事を
考えたら、ああいう希望があってもおかしくないって思います。
これがさんざん色々恋もしてきて30過ぎて結婚した女性だったら
ああいう選択をしたかどうかは解らないし・・・
【2005/06/22 14:37】  コメント(4) | トラックバック(3) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
みつばちのささやき アナ・トレントの現在写真

ana

私が特にお気に入りの映画の5本の指に入る作品「みつばちのささやき」
映像といい、風景、音響、服装といい、とにかく大好きなんです。
服装でダントツお気に入りなのは、ステンカラーのコートです
何と言ってもこの映画は主役の女の子アナこと「アナ・トレント」の魅力による処が大きいと思います
すごく可愛かった。あの丸くて澄んだ瞳が何とも言えず魅力的です。
ana

みつばちのささやき El Espiritu De La Colmena 
こちらクリックすると映画の写真が幾つか見れます。写真と出所elmundo.esさん
続きを読む
【2005/05/16 15:47】  コメント(4) | トラックバック(3) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |