チャン・イーモー監督とチェン・カイコー監督の映画
私が初めて中国映画を見たのは、多分
「紅いコーリャン」
を1987年、映画館で見た時だった。
映像美や独特の色合いなどで、びっくりして、中国映画って
チャン・イーモー監督って、凄いんだなー!って思いました。
その次の作品「菊豆」「紅夢」も似た雰囲気で、やっぱり映像すごいな、好きな映画だな~~!と。
続きを読む
【2004/12/16 16:14】  コメント(4) | トラックバック(1) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
世界の「千と千尋の神隠し」 スペイン、フランス、韓国^^
今晩テレビで放映がありますね。家にはDVDがありますが、またつい
テレビも見てしまいそう・・。私はカオナシというキャラクターが
なんだか好きなんですよ。

世界の千と千尋のポスターなどを載せてみます^^

一番上の写真は、韓国(센과 치히로의 행방불명 センとチヒロの行方不明)
以前あった韓国公式サイトのtoppageは、この絵でした。
今日久しぶりに訪ねたら、もう無くなってしまっていた様でした。
残念・・・ 日本公式サイトには1回しか行かなかったけど、
韓国の公式サイトは、gameも、OSTも試聴出来る処も確かあって、
とても充実した素晴らしいサイトで、何回も訪ねたものでした・・・


スペイン版 (千尋の旅)


フランス版 (千尋の旅)

家にあるDVDは音声に、何故かフランス語版がついていて、そっちでも見ました♪
フランス語のセンは、とってもカワイイ声でした~~~
なんか妙にお洒落に感じるのは、なぜ?{/hiyos/}

各国によって、それぞれお国柄が感じられるのが楽しいですネ
フランス版は、上に un film de HAYAO MIYAZAKI と堂々たる
文字がありますね。
スペイン版は何か顔がちょっと違って見えませんか・・?
韓国版は、妙に爽やか~~ですね。

ネタバレ ハウルの動く城 感想
ハウルの動く城の音楽 OSTについての感想はこちら
宮崎駿作品 久石譲についての文は、こちら
魔法使いハウルと火の悪魔 を読んだ辛口感想文
【2004/12/10 16:12】  コメント(0) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
魔法使いハウルと火の悪魔を読んだけど・・・・(個人的辛口感想)
魔法使いハウルと火の悪魔 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ 著
「ハウルの動く城」を見終わった後、原作も読みたくなって、図書館で
借りて来て、ワクワクする気持ちで読んだ・・・・・
が・・・・
ショック・・・ 絶対面白いと思って期待して読んだのに、何故か
集中して読めなかった・・・。まさか、そんなはずはないだろ??って
日を改めて何度か挑戦したものの、どうしても物語に入っていけない
自分がいた。 多分、ファンタジー物が苦手なのかもしれない・・・
前にもハリーポッターを借りたのに、やっぱり集中して読むことが
出来ずに、途中で挫折してしまった経験が有る。

なんとか魔法使いハウルと火の悪魔を、何日かに分けてやっと
読み終えたけれど、楽しんで読めなかったという、自分にがっかり・・・
(本の内容は面白かったはず・・。それなのに、自分は面白く読めなかった
という事実に、ショック)
この本読んで、あんまりだった・・・なんて感想の人って、ほとんど
いらっしゃらないんだろうな・・・・
 なんかため息・・・
この前読んだ「海峡を渡るバイオリン」はハウルより厚い本だったのに
凄く面白くて、一気にその日の内に読んでしまったというのに。

映画を先に見ているせいか、頭に浮かぶのは、あのアニメの
登場人物たち。映画は私は3つ★と半分という評価です。
ネタバレ ハウルの動く城 感想
ハウルの動く城の音楽 OSTについての感想はこちら
この本で出てくるキャラクターは、魅力的なキャラクターが多くて
ホントに宮崎さんが頼んで書いてもらったんじゃないのか?と思って
しまうほど、宮崎さんがお好きそうな動きをする物達が色々いて、
この原作が好きで、映画化したのは、すごく納得できました。
ホントに動く城や、カルシファーや、カブ、他がいるんですよねー!!
でも、映画を先に見ちゃったせいか、私には原作よりも映画のキャラクター
の方が、既に愛着が出来てしまったのか、映画の方が私には
生き生きと楽しく感じてしまいました・・・

そして、私がこの本にあまりはまれなかった大きな理由として、
ソフィーとハウルがそもそもあまり好みじゃないからだと思います・・・
ソフィーの口癖「しょせん長女は駄目なのよ・・・」が何度も出て来るのが
だいたいあまり好きじゃありません。(私も長女だけど)

そしてハウル、映画のハウルも私には、キザで、ナルシストな処が
苦手なキャラだったんです・・・(ファンの方ゴメンナサイ・・・)
でも半数以上の、いや、大多数の女性は、映画のハウルが好きみたい
ですよね・・・、私はどうもああいうタイプに反発しちゃう性分みたいで・・・

そして・・・・残念・・・・本のハウルも、やっぱり駄目でした・・・
ふ~っ・・・・ かなり残念です。映画のハウルは駄目でも、本のハウルは
好きかも!って期待してたんです。

映画を見て謎だった点が、原作を見れば明らかになるかな・・・と
思ったんですが、結局解らずじまいの点が多数ありました。

本はちゃんと内容が完結してるんですよ。
映画が勝手に(と言ったら失礼ですかね・・)色々謎の部分を作った
という印象でした(私個人的見解では)

以下、本の内容、ネタバレです。読みたくない方は読まないで下さい。
本を読むのは面倒だから読まないけど、映画と本じゃ、どういう処が
違うのよ?って知りたい方は、どうぞ^^  この↓写真2つの下




続きを読む
【2004/12/10 16:09】  コメント(0) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
初恋の来た道 他 チャン・ツィイー作品
プロフィール
チャン・ツィイー(章子怡)さんが結構好きだ。
ちょっと生意気そうかな・・・と思うんだけど、華があって、美しい
外貌が好き。スタイルも顔も、そして蹴り?っていうんですか、、
身のこなしがスゴイところも。

初恋が来た道は、今まで幾つか見てきた彼女の映画の中でも
際立っていて、純粋で一途な女の子を演じているという
カワイイ少女という雰囲気の役なんですね。
続きを読む
【2004/12/06 16:07】  コメント(6) | トラックバック(4) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
チョンジヒョン イルマーレと似た映画リメンバーミー、オーロラの彼方へ
gooのブログで以前アップした記事ですが、TBを受けても、こちら側からTBを相手に送れない為、こちらのFC2にて再度アップしました)
続きを読む
【2004/12/02 09:22】  コメント(0) | トラックバック(3) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |