fc2ブログ
ハル、家族ゲーム他 森田芳光監督
amazon
先日、今更ながら「ハル」(1996映画)を見ました。深夜にやっていたのを録画してたんです。
10年前、ネット文化がまだ普及する前、パソコン通信という言葉があった頃のお話。うひょ~ たかが10年、されど10年!この10年間の世の中?の変化に驚かされ、若かった深津さんや、内野さん、戸田菜穂さんにも、びっくり^^。みなさん今の方がスリムで洗練されて素敵かもしれないけど、昔も初々しくて可愛かったです。
続きを読む
【2006/05/31 14:22】  コメント(4) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
パリ、テキサス ポスター集めとナスターシャキンスキー82年ELLEの写真
パリ、テキサスの世界のポスター集めです。上から5番目のポーランドのポスターは絵で、ちょっと変わっていますナ。下から2番目のモノクロのイラストは韓国版。これもちょっと異色ですな。下の画像は縮小していますので、クリックすると、普通の大きさで見れます。
paris
続きを読む
【2006/05/28 11:37】  コメント(14) | トラックバック(5) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
炎のランナー 私のお気に入り映画
honoo

私のお気に入りの映画、炎のランナー「Chariots Of Fire」
今度BS2で放映があるので、久しぶりに見てみようかな~と思っています。
この映画は、内容以前に、風景+音楽+ファッション+雰囲気だけで、気に入ってしまいました。すいません(^^;)ムードにとても弱い人間なので。
冒頭、グレーっぽい海岸(この海岸の風景が痺れる~!!)、そこを走ってくるランナー達、後ろでかかってくる、ヴァンゲリスVangelis
シンセサイザーっぽい映画音楽は、基本的に本当はそんなに好きな方じゃないのに、これは良かった。今でもしょっちゅう色々な番組で使われてますよね。炎のランナー サウンドトラック 試聴はこちらhmvさん
ちなみに、アンセム~2002FIFA World Cupの、あのテーマ曲も、この人が作った曲。なかなか良い曲だったと思います~☆ 
続きを読む
【2006/05/26 19:31】  コメント(4) | トラックバック(0) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
春の雪 小説と映画見ました 妻夫木聡
評判が良くない「春の雪」を見てみました。見終わった感想は、やっぱりいまいちでしたが、でも、日本の大正時代にも、ヨーロッパっぽい、貴族デカダンスというか、日本華族退廃美学?みたいなのがあったんだな~って今回ひしと解って、とてもその部分は興味深かったです。以前にも大正の頃の文化が好きっていうのを書きましたが、こういうひねくれた、退廃・破滅思考的な雰囲気は初めてで、さっそく三島由紀夫の「豊饒の海」を図書館でリクエストしちゃいました^^(単に私が無知過ぎただけですが)。
続きを読む
【2006/05/24 10:45】  コメント(6) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
「阿弥陀堂だより」でありますよ

「阿弥陀堂だより」
図書館にあったのを、なにげに借りて見ました。都会暮らしの樋口可南子演じる女医さんがパニック障害や色々なことがあって、旦那と共に、田舎(旦那の故郷)に引っ越して、とても良い感じのおばあさんや色々な人と出会ったりして元気を取り戻して行く、いうおおまかに言えばそんな内容。実は私も15年位前にパニック障害になったことがあって、
続きを読む
【2006/05/22 11:08】  コメント(2) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
「ロゼッタ」ジャン=ピエール、リュック・ダルデンヌ監督
rosetta

ロゼッタ Rosetta(1999/仏・ベルギー)カンヌのパルムドール受賞作品 を見ました。先日同じジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ兄弟監督作品の「息子のまなざし」を見たばかりです。正直、ロゼッタは、あまり私の好みの映画ではありませんでした・・・。
ロゼッタが好きになれなかったな・・・それが一番の原因でしょうか・・・、あそこまで追い込まれる彼女のおかれた状況が可哀想だった。でも、やっぱり私なら
続きを読む
【2006/05/19 11:03】  コメント(2) | トラックバック(2) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
アユブ・オガダ(ナイロビの蜂の音楽)プロフィール・試聴など
01

「ナイロビの蜂」の音楽、使われていたアフリカンな歌や音楽が、なかなか良いな~って耳に留まられた方も多いはず。私もその一人でしたので、帰宅後、どんな人なのか、調べてみました。唄・演奏は、「アユブ・オガダ」Ayub Ogada氏というケニア出身の方。Nyatiti英文説明と試聴という、ケニアのLuo族の伝統楽器の使い手でもあります。
続きを読む
【2006/05/17 20:14】  コメント(2) | トラックバック(3) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
ナイロビの蜂 期待し過ぎたのかな・・・・
nairobi

「ナイロビの蜂」見に行って来ました。ポスターは一番上のは韓国版で珍しいので持って来ました。やっぱり3番目のが一番好きかな。
映画の感想ですが、、う~~ん・・・おそれながら、私は、ちょっと今ひとつ・・・でした。フェルナンド・メイレレス監督の前作」「シティ・オブ・ゴッド」が凄くインパクトが強くて、すごいっ!!と震えちゃったので、その監督の作品ということで、期待し過ぎちゃったのかもしれません・・。
続きを読む
【2006/05/17 14:52】  コメント(13) | トラックバック(12) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
「息子のまなざし」感想と世界のポスター集め

「息子のまなざし」の世界各国ポスター探しをしてみましたところ。どこのお国のものも、それぞれなかなかgood!でした。左上のはフランス版、一番私は、しっくり来るかな。その下は英語版なのでthe son、なんとなくちょっと違った印象ですね。その右の韓国版ハングルでアドル「息子」。一番下は日本版。
続きを読む
【2006/05/16 15:56】  コメント(4) | トラックバック(1) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
DEARフランキー 5つ星!映画でした☆
 fran
右の方はどこの言葉なんだろう?珍しいので持って来ました。
Dearフランキー、これはとても良い映画でした。思いがけず、大当たり!!近年見た映画の中では、最も私の泣きのツボにはまってしまったみたいで、ボロ泣きしてしまいました(多分そんなに大泣きするような映画では無いんだろうけれど)
普段はすに構えて斜めにものを見る様な、文句が多い私ですが、不思議と「DEARフランキー」は素直に見れたんですよね・・・。全然期待してなかったんだけれど、これは回りの人達にも薦めてみよう♪って映画でした。
続きを読む
【2006/05/14 22:03】  コメント(24) | トラックバック(9) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
アメリカ、家族のいる風景ポスター色々と、好きだったエドワード・ホッパーの絵
am

2ヶ月位前、日本で公開になった「アメリカ、家族のいる風景」ポスター色々(何故か日本の検索サイトでヒット全然しなくて、韓国からgetしてきちゃいました(^^;)
 映画見ました☆⇒「アメリカ、家族のいる風景」感想 ヴィム・ベンダース

ヴィム・ベンダースが「パリ・テキサス」後約20年ぶりに、そんな雰囲気の(未見なのでまだ良く解らず・・・)映画を撮ったそうで、公開前に何かの雑誌で、ちらりと見た「アメリカ、家族のいる風景」の撮影ショットかな?映画の一部使われたらしい、絵・写真に、目が釘付け。{/face_heart/} 上の写真の下の2つなど。こういうアメリカのちょっとさびしげな写真とか、アメリカの田舎のロードムービーっぽい映像や写真を見ると、何故か、ぐ~っと来る。
パリテキサス世界のポスター、ナスターシャキンスキー82年ELLEの写真

そして、昔エドワード・ホッパーの「ナイト・ホークス」の絵がとても大好きだったのを、久しぶりに思い出しました。確か1982年頃「Seventh Avenue South」という南佳孝のLPの表紙に、そのエドワードホッパーのナイトホークスの絵が使われていて、南佳孝は別に好きじゃなかったんですが(爆)あの絵には、とても思い入れがあるんです。
あの頃学生だった私には、あの絵はじめ、エドワードホッパーの絵(全部じゃなくてあの一連の雰囲気の作品)を見て、昔のNEW YORKの都会のちょっと孤独な感じや、アメリカをヨーロッパ的な目で見て描いた様な(どんなんだ)雰囲気が、とっても好きで憧れに近い気持ちを持っていたんですナ・・・。

中央が南佳孝氏のLPの表紙の写真で、一番上と下がエドワードホッパー氏の絵

続きを読む
【2006/05/12 09:15】  コメント(6) | トラックバック(2) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
『自己紹介バトン』
39☆SMASHのマイコさんより受け取りました^^
■2: お名前は?
latifaと言います。昔モロッコに3度行ったことがあって、そこの友達の名前です。latifaはイスラムの国で凄く多い名前ですが、日本でIDを作る時、誰も使ってないのでこの名前を選びました。

ブログ名は、最初「ポコアポコ」だったんです。スペイン語で「少しづつ・・」と言う意味で、なんとなくのんびり系のイメージからつけたんですが、同名のサイトさんが多いのを後から気がついて、語尾に+「ヤ」をつけました。韓国語で親しい人を呼ぶ時に語尾がaやyaになるのを使わせてもらいました。
続きを読む
【2006/05/11 09:25】  コメント(2) | トラックバック(1) | お知らせ、その他
TOP ▲HOME
 
蝉しぐれ 石田卓也キャプチャー
「蝉しぐれ」を見ました。両親が映画館に行ってとても良かった!と言って以前より薦められていました。両親は先にNHKの「蝉しぐれ」のドラマを見てから、映画を見たそうで、ドラマ>映画 だけど、両方とも良かったと言っていたんです。
続きを読む
【2006/05/10 07:38】  コメント(4) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
セントラルステーション感想と、世界のポスター集め
5年ぶり位に、「セントラル・ステーション」(本題CENTRAL DO BRASIL)2度目の視聴をしました。ん~~~!やっぱり、この映画は良いっ!と、2回見てもそう思いました。内容良し、映像良し(独特の南米の大地や光を感じさせられます)演技良し!私のお気に入りの映画です。

世界各国の「セントラル・ステーション」のポスター集めをしてみました(^_^)/ 世界各国で上映されてるだけあって、色々な種類がありました。一つ言えるのは、日本版が一番変!!って事(って言い切っていいのか・・?)
今回はネタバレ部分文字反転せず、この世界各国のポスター集めの下に
ばっちり書いちゃっているので、未見の方は、ご注意下さい!
続きを読む
【2006/05/09 10:23】  コメント(4) | トラックバック(2) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
「TAKESHIS'」感想と、シモーヌ
『TAKESHIS'』を見ました。評判はあまり良くないものの、一部の人には絶賛されているみたいですね。私は前半は、あれっ・・・結構面白いんじゃないの・・・?って思っていましたが、後半からは、何がなんだか訳解らなくなってきて
続きを読む
【2006/05/07 14:59】  コメント(0) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
my best映画「山の郵便配達」世界のポスター集め
山の郵便配達は、私が今まで見た映画の中で5本の指に入る、特別にお気に入りな映画です。
とにかく内容といい、映像といい、音楽といい、全てが良くて、本当に良い映画、大好きです。5つ☆です!何度も泣けてしまうシーンが・・・。犬も可愛いし、出演者全員がとても合っていたし、あの女性も凄く美しく、お母さんも凄く綺麗。お父さんと息子もぴったりの適役。脇役も味が有る。
続きを読む
【2006/05/04 12:30】  コメント(11) | トラックバック(5) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
戦場のアリア良かったです、世界各国ポスター
戦場のアリア(本題JOYEUX NOËL←フランス語でメリークリスマスの意味)を見て来ました(^_^)/ 
この映画を知ったのは、ダニエル・ブリュールつながりからでした(グッバイ・レーン、ベルリン僕らの革命、ラヴェンダーの咲く庭で 全部面白かったので)。
実話を映画にした内容ということで、興味があったものの、日本のポスターを見て、なんとな~くいけ好かない予感がしていたものの、実際見てみたら、凄く良い映画でした。これ、世界中の人が見たら良いのに~、って思う内容で、ほんと見て良かったです!
11

続きを読む
【2006/05/02 19:52】  コメント(12) | トラックバック(8) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |