fc2ブログ
バッドエデュケーション感想と、世界のポスター集め
バッドエデュケーション この映画は予想外に面白かったです。
実は、今まで幾つか見て来て、あまりアルモドバル監督の作品と相性が良くないのかも・・・と思っていたのですが、今まで見たアルモドバル作品の中で、一番コレが面白かったです。
続きを読む
【2006/06/29 15:17】  コメント(16) | トラックバック(5) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
「海を飛ぶ夢」感想と、星野富弘
umi

海を飛ぶ夢 (2004/スペイン) Mar adentro The Sea Inside
非常に考えさせられる映画でした。とても深かったです。
続きを読む
【2006/06/28 18:51】  コメント(8) | トラックバック(10) | スペイン映画
TOP ▲HOME
 
百万長者の初恋 感想
0

日本に150万ドルで輸出されたらしいです。キムサムスン効果でしょうか・・(と言ってもwowwowで放映されるのは、これからなんですよね?)
  何故か「キム・サムスン」繋がりで、検索でこちらに来て下さる方がとても多い様なので、サムスンについて書いいた記事幾つかあるうち、最後まで見た感想にリンク貼っておきます。私の名前はキムサムスン 最後まで見たネタバレ感想他の回までの記事にもそこから飛べます

ヒョンビン主演の「百万長者の初恋」が友達から回って来たので、見てみました。
ん~~。これは・・・。
私は前半は面白く見たんですよ。あの田舎の人達との人間ドラマ的映画だったら、かな~り好きだったかもしれない。が・・・・
ん~~~。やっぱり、こう来たかぁ・・・。しかも、そっからが長い。
いや、そこが見せ場なんだろうな・・・。
私は、もうそういう設定は見たくないので、どんより・・ながら見してしまいました。
続きを読む
【2006/06/26 09:44】  コメント(10) | トラックバック(1) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
『ふたつの恋と砂時計』あしながおじさん 辛口感想
日本タイトル『ふたつの恋と砂時計』 あしながおじさんが、6月24日から日本公開されるらしい。  日本公式サイトふたつの恋と砂時計
出演:ハ・ジウォン、ヨン・ジョンフン、ヒョンビン、パク・ウネ、シニ、チョンジュナ他
kidari

私は友達に貸してもらって見ました。凄く良かったとか、面白かった!という映画ではなかったものの、映画の最初で、アニメーションから実写になる部分も雰囲気良かったし、何と言っても予想外な、大どんでんがえしがあったのが、ちょっと斬新でした。そこは面白かったです。
反面、良くなかったのは、またかよ~!韓国映画、いい加減こういうのもう辞めてくれないかな~って言いたくなる展開・・・。はぁ~っ。
続きを読む
【2006/06/25 15:19】  コメント(4) | トラックバック(2) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
『情愛』結婚は狂気の沙汰  いまいち・・でした。
情愛(←日本タイトルは、こうなったみたいです)結婚は狂気の沙汰
Marriage is a Crazy Thing 결혼은, 미친짓이다
監督:ユ・ハ
出演:カム・ウソン、オム・ジョンファ、ユン・エリ 他
2002年 韓国映画 R18映画
kekkon

韓国では全国で100万人を超える動員を記録、ややヒット。20代後半から30代中盤までの男女や既婚男女、それに20代前半のカップルの共感を得たのがヒットの原因とか。ちなみに、公開後に製作会社のサイダスが主婦観客200人を対象に行ったアンケート調査では、回答者の69%が映画の中の二重生活に対して好意的な反応を示したそうですが、ちょっと私は、ソレに驚き・・・・
続きを読む
【2006/06/24 14:05】  コメント(0) | トラックバック(0) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
映画「疾走」重すぎて潰れました。小説比較と、ロケ地
偶然小説と映像版と同時に手元に回って来ました。ほぼ同時進行で2日かけて見て、ドーンと憂鬱にくら~~くなってしまいました。重松清さんの小説は幾つか読んだことがあり、同年代のせいか、凄く解るなぁ・・・という部分と、忘れていた昔の事を思い出させられる作家さんでした。しかしながら「疾走」は今まで読んだ中で一番悲惨で重くて耐えられない感じの作品でした。映画版も・・・。少し映画版の方がそれでもやんわりさせてましたが、かなり小説を忠実に映像化した印象でした。(2時間という時間内なので、描き・説明仕切れてない部分があるのはやむをえないのかもしれない・・)悲惨過ぎて、もう2回見たくない(読みたくない)って思う作品でした。

続きを読む
【2006/06/19 13:10】  コメント(15) | トラックバック(9) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
空中庭園 小説・映画比較とロケ地
先に原作を読んでから、映画を見てしまいました。まずタイトル「空中庭園」っていうのがちょっとそそられます。
原作者の角田光代さんは、映画と小説は別物と思って、楽しく拝見させてもらったとお話されていました。
映画はホラーっぽい非現実的?な味付けがされていました。原作は、虚無感が漂いながら現実的で、たんたんとしながらも、ちょっぴり毒が入ってるのが好きでした。。
ku
続きを読む
【2006/06/18 11:10】  コメント(8) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
「ゆれる」・「蛇イチゴ」感想 西川美和監督
もうすぐ、オダギリジョー、香川照之主演の映画「ゆれる」が公開されるらしいと聞いて、内容を読んでみたら(映画内容は、下に↓)面白そうだな~と思って、監督は、若い女性[西川美和]だと聞いて、同監督の色々な賞を受賞したらしい「蛇イチゴ」を見てみることにしました(図書館に丁度あったし・・)
続きを読む
【2006/06/16 20:40】  コメント(16) | トラックバック(14) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
沖縄映画4つ ナビィの恋、深呼吸の必要 他
ナビィの恋、ホテルハイビスカス、ニライカナイからの手紙、深呼吸の必要、特に4つとも、すごく面白い!お薦め!ということはありませんが、沖縄の風景とか沖縄の人の人柄は、なごむな~と思います

nabi

1999年映画 出演 西田尚美 村上淳 (ナビィ役→平良とみ)監督: 中江裕司
ナビィの恋は、おじぃが良い味出してましたな~。でも、でも、私は、ちょっと、やっぱりおじぃが可哀想だな~っと思ってしまう・・・・
とてもブーゲンビリアが綺麗で鮮やか、ちょっとこのブーゲンビリアが、お話のキーになっているんですよね。あと、西田さんの恋?の部分がいまいちだったです。
テーマ曲は、なんと、マイケル・ナイマン作!(全然知りませんでした)沖縄おたくで、自称“ヨーロッパでは沖縄のことを一番よく知っている”そうです。

続きを読む
【2006/06/12 11:30】  コメント(12) | トラックバック(8) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
ジャンダラ タイのタブーなセクシー映画
jan

「ジャンダラ」タイ王国最大のタブー解禁 ←公式HPにこういうタイトルで書かれてました(^^;)ジャンダラ公式HP
タイは敬虔な仏教徒が殆どで、そういう事には厳しいお国柄なのにもかかわらず作られた18禁映画ということと、綺麗で色っぽいお姉さんの写真に誘われたのと、以前よりタイ映画に興味が有るので、GYAOで無料配信中なのを見ました。(6月下旬まで無料放映中)

続きを読む
【2006/06/01 09:59】  コメント(2) | トラックバック(0) | タイ、ベトナム映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |