fc2ブログ
映画「欲望」小説と比較 小池真理子
映画「欲望」小池真理子原作 最初に映画見て、その後、小説も読みました。映画は、かなり忠実に小説を再現?していた気がしました。

三島由紀夫の作品、とりわけ「春の雪」が、何度も繰り返し出て来てこの「欲望」は、三島由紀夫に影響を強く受けている作品でした。

丁度何ヶ月か前、映画「春の雪」を見た後、興味を持ったので、小説「春の雪」を読んだところでした。「春の雪」感想
小池真理子さん、三島由紀夫が好きだったんですね。
続きを読む
【2006/07/28 16:42】  コメント(8) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
いつか読書する日 ずっと同じ町で生き続けること・・・
ituka

いつか読書する日を見ました。この映画は、あまりお金がかかってないし、一見地味な映画なのだろうけれど、引き込まれて2時間釘付けで見てしまいました。かなり練られた上質なシナリオという感じでした。2時間の中で、子供のネグレスト問題や、老人の認知症の問題もからめながら、メインは、30余年間思い続けた50才の恋愛(田中裕子と、岸部さん)を深く描いた映画。

この映画見て思ったことは色々あるけれど、一番思ったことは、若い時に過ごした町で、ずっとその後もずっと住み続けること・・・について色々自分に置き換え考えてしまいました。
続きを読む
【2006/07/25 14:13】  コメント(4) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
老若男女安心して優しく見れる「博士の愛した数式」
全然期待しないで見たのに、とても面白くて、あったかい良い映画でした。
世間では評判あまり良くないみたいですが、私は好きです。

私はこの映画見て、ほんわか優しい気持ちになれたし、みんな良い人ばっかりで、誰も死ななかったし(←これ重要 誰も死なない映画なんて、最近そうそう無いもん)いまどき、不治の病・死亡しない映画で、アイドルor人気スターが出演してない映画で、お客さんそこそこ集められる映画なんて、そう無くないですか?それを思えば、立派な映画だと思います。Hシーンも無いから、安心して子供さんも一緒に見れます☆
続きを読む
【2006/07/23 15:42】  コメント(24) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
見続けるのが苦痛だった映画サヨナラCOLOR

見続けるのが苦痛に感じてしまった・・・。サヨナラCOLOR、最近見た幾つかの映画の中で一番そう思ってしまう映画でした。
多分「僕の彼女を紹介します」以来の私にとっては、最低の印象・・・。
元々旦那が、永積タカシさん及び、super butter dog、ハナレグミが好きで、よく家で曲をかけていたし、このサヨナラCOLORのPV(MV)(2種類ある内、永積さんの本当の家族が出て来る方の)も、良い感じだったし。正直、映画よりもサヨナラCOLORのMVの方が何十倍も良い。その曲に影響を受けて好きで、竹中さんが作ったってことで、少々期待していたのも良くなかったのかもしれないけれど、ここまで永積さんらしくない世界??というか、これは、全然、違う!!と思いました。
続きを読む
【2006/07/22 08:23】  コメント(6) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
8月のクリスマスと八月のクリスマス(日本版と韓国版比較感想)

 
韓国版の八月のクリスマス(1998年)は随分前に見たっきりなので、細かい部分は忘れてしまっているのですが、日本版(2006年)は、かなり韓国版同じに作られている気がしました。女の子の職業が違っていたくらいで、登場のシーンの黒いタイトスカートに黒いパンプス、一つに束ねた髪の毛まで同じで、その登場シーンのスタイルの良さまでも同じでした^^
続きを読む
【2006/07/18 10:41】  コメント(2) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
がっかり・・・パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト、先行上映に今日行って来たところです。1作目は内容いかんとして、ジョニーデップ演じるジャックスパロウが、凄く可笑しくて良い味出してたので、続編が出来ると聞いてとても楽しみにしていました。でも、映画を見た方の評判を聞いて、どうやらいまいちらしい・・・というのは、覚悟して見に行きました。だから内容は期待してなかったし、ジャック船長見れればいいか~みたいな気持ちで映画館に行ったわけです。しかーーーーーーーし!
なんだこりゃ・・・・
予想以上に、つまんなかった。

続きを読む
【2006/07/16 17:29】  コメント(10) | トラックバック(47) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
デスノートとNickelbackのSAVIN’ME"

昨日billboardTOP40という番組がなにげについていたら、「Nickelback」の 'Savin’Me'という曲のMV(PV)が流れて来た。
あれっ~~!これは、デスノート(death note)と凄く似てるー(^O^)
 動画視聴は、こちらより
Album: All the Right Reasonsより 'Savin' Me'aol
 後日追加しました:映画デスノート感想
続きを読む
【2006/07/14 10:21】  コメント(2) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
クジラ島の少女 WHALE RIDER 世界のポスター集めと感想
以前より話題になっていて、いつか見ようと思っているうち忘れていたら、丁度昨日BS2で放映してくれたので、見ました。
これは、風景と、映像と、少女のけなげさ(演技が上手い)と、おじいさん及び家族の人達、どれを取ってもなかなか素晴らしい映画でした!ちょっとラストのちょっと前の展開とか、おじいさんの気持ちの変化の部分が、いまひとつだった様な気もしましたが、それを差し引いても、なかなか堂々たる見応えのある素敵な映画だったな~と思いました
続きを読む
【2006/07/13 13:54】  コメント(2) | トラックバック(0) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
「連理の枝」感想と、ソ・ヨンヒ(ラブストーリーのソン・イエジンの友達役)
連理の枝 (2006/韓国) Now And Forever 脚本 監督 キム・ソンジュン
出演 チェ・ジウ / チョ・ハンソン / チェ・ソングク / ソ・ヨンヒ / ソン・ヒョンジュ / ジン・ヒギョン

友達から回って来たので、別に見たいと思っていた映画ではなかったのですが、見てみました。チェ・ジウが元々ちょっと苦手and不治の病系が苦手なので、どうかなあ・・・と
続きを読む
【2006/07/12 18:13】  コメント(4) | トラックバック(2) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
映画「ラストコンサート」 (1976/イタリア・日本合作)
amazon
ふと新聞を見たら、BS2で「ラストコンサート」が放映されると書いてある。 凄く懐かしくなり、初めて見てみました。
この映画が上映されていた30年前、私の当時の親友が異様にはまっていて、ラストコンサート病に取り憑かれていたんです。今の若い世代の人達に「セカチュー」が支持されたように(全員じゃないけどブームになったってことは、結構多くの人が)、今から30年前の若い子は、この「ラストコンサート」もしくは、ドラマ「赤い疑惑」で泣いてたんですナ。
続きを読む
【2006/07/06 09:21】  コメント(6) | トラックバック(6) | イタリア映画
TOP ▲HOME
 
「私にも妻がいたらいいのに」感想 ソル・ギョング 眼鏡カップル
私にも妻がいたらいいのに
nado 2
ヤクルトの底に穴を開けて飲む2人(こんな飲み方してる人は日本で見たことがないので、カルチャーショック)
続きを読む
【2006/07/05 08:32】  コメント(6) | トラックバック(1) | 韓国映画
TOP ▲HOME
 
ムーランルージュ 世紀末紅サーカス団の様でした
この映画「ムーラン・ルージュ」は、今まで私の中で出来上がっていた勝手なミュージカル映画とは趣を異にしていて、コミカルで、早いテンポ、色と音楽の洪水?で、最初1時間くらいまでは、引き込まれ、これ、面白いじゃない!って見ていました。フレンチカンカンのあでやかなスカートや、赤っぽい舞台や、お部屋など、視覚に強烈に訴える映像でした。
が・・・後半、なんだか、いまひとつだった気が・・・。最初のパワーに比べて、後半盛り上がりに欠けた様な・・・・。やっぱり後半の内容展開には、盛り上がるよりは、私は冷めて行く感じがしちゃって、残念でした・・・・後半の内容がもっと良かったらなぁ、、、何か、とてももったいない気が・・・。
続きを読む
【2006/07/04 11:06】  コメント(12) | トラックバック(5) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
2004年映画「オペラ座の怪人」感想
op

オペラ座の怪人 (2004/米=英)
The Phantom of the Opera
監督 ジョエル・シュマッカー 出演 ジェラード・バトラー / エミー・ロッサム / パトリック・ウィルソン / ミランダ・リチャードソン / ミニー・ドライヴァー他 原作 ガストン・ルルー

先日、DEARフランキーを見て、ジェラード・バトラーという人が気に入ったので、彼の主演作という、オペラ座の怪人を見てみました。
続きを読む
【2006/07/03 12:09】  コメント(13) | トラックバック(6) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |