fc2ブログ
「ペルセポリス」期待したよりは・・・
アラベスク&アッザーン好きで、イスラム圏に興味がある私にとって、イランは行ってみたい国の一つでもあり、珍しいフランス共同のアニメーションということもあって、この映画を見てみましたが、、恐れ多くも、期待したほどではなかったです・・・・。3つ☆
pe
続きを読む
【2008/02/26 17:03】  コメント(7) | トラックバック(5) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
「ツォツイ」DVD特典 別ラストバージョン2つ
レンタルDVDで見たのですが、非常に嬉しいことに、別の2種類のエンディングも特典として付いていました!!
その特典映像を見たら、なんかぐっと来てしまい、映画を見終わった時の感想、3つ☆半~4つ☆が、ぐいっと4つ☆~4つ☆半に、1段階アップしちゃいました。
そのラスト2種類とは
tuo
続きを読む
【2008/02/25 12:48】  コメント(11) | トラックバック(12) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
「それでも生きる子供たちへ」 チロの・・
「それでも生きる子供たちへ」 7カ国の監督さんによる、オムニバス映画。
映画館で見たかったけれど、無理だったので、レンタル開始になってすぐ借りて来ました。
↓ブラジルの「ビルーとジョアン」 ↓ナポリの「チロ」の主役の男の子
sore ci
続きを読む
【2008/02/24 17:20】  コメント(6) | トラックバック(3) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」感想 ノラ・ジョーンズは・・
内容よりも、映像とか、雰囲気を楽しませてもらいました。
舞台はアメリカなんだけど、ウォン・カーワイお得意の、夜のちょいとやさぐれ感というか・・都会の夜のライトや、カフェの感じなどから伝わる孤独感?というか・・雰囲気たっぷりで素敵でした。あと、ところどころ入る、どこか淋しい荒涼とした大地の風景や、さまざまな表情をとらえた空の遠景映像は、さすが上手いな!って思いました。
my

続きを読む
【2008/02/22 17:55】  コメント(27) | トラックバック(37) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
JABB70HALLと、CINEMA23 25年前のパンフのスキャナー画像 かつて札幌にあった映画館
まず最初にJABBの方から。
JABB70 HALL vol.18 1983年表紙は、「さらば青春の光」、「ハンガー」、「青春の殺人者」(1976年) 
1983年7月~8月の上映予定映画パンフレットのスキャナー画像写真です。
いずれの画像も、クリックすると拡大します(大きいので注意)↓表面
jabb

左端(ショッキングピンクの処)の下に、「おすぎのシネマトーク」(定期的に、このJABBに来ていらっしゃった)、椎名誠さんの写真も。
うぎゃ~~おすぎの写真!!若いっ!!そりゃそうだ、今から25年前だもんね!!
続きを読む
【2008/02/19 09:02】  コメント(0) | トラックバック(0) | お知らせ、その他
TOP ▲HOME
 
「潜水服は蝶の夢を見る」感想 複雑な心境・・・
映像や手法などは斬新で、自分がジャンになった様な気持ちで画面を見たし、まぶたを1回、2回とまばたきする様子も体に伝わって来る感じでした。海のシーンや、時々入ってくる夢・過去のシーンの映像も美しくみずみずしく、2時間、ぐぐっと引き込まれて見せて頂きました。全体通してなかなか良かったので、4つ★~4つ★半。が・・・・ちょっと奥さん可哀想だなぁ・・・と、それが引っかかったりしました。

続きを読む
【2008/02/18 12:23】  コメント(17) | トラックバック(22) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
「ノーカントリー」圧倒的迫力の殺人者ハビエル
ハビエル・バルデム(海を飛ぶ夢)の寝たきりの男性を演じた人だってーー!!)演じる殺人者が、もの凄い怖い!この人、ペネロペクルスの彼なんだとか@@ 
大金拾ったオジちゃんが、この殺人者にずんずん追われ、逃げる!見ていてドキドキハラハラ!!
続きを読む
【2008/02/16 09:39】  コメント(22) | トラックバック(51) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
「憑神」 いまいちでしたが、予想外な内容でした
原作は以前3分の1読んだものの、難しい漢字や、すっと覚えられない役職などが一杯出てきて(思い切り頭の悪いのを暴露してるな)ハマって読めず挫折しちゃってました。
で、映画版。妻夫木君が主演ということもあって、レンタルで鑑賞してみました。
tuki
続きを読む
【2008/02/15 12:42】  コメント(4) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
「歓喜の歌」面白かったけど、問題山積み過ぎ
何か失敗してしまった時の謝罪と誠意・・という部分と、生活が苦しいながらもコーラスを生き甲斐に暮らしてるママさん達 VS(実はVSって程でもないんだな・・)セレブな奥様達(でもボランティアなども行っている)の2つの部分が印象に残った映画でした。
kanki
続きを読む
【2008/02/10 14:08】  コメント(11) | トラックバック(13) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
「サイドカーに犬」「いちばんきれいな水」感想
両方とも、小学生の女の子の夏休みの、かけがえのない出来事・・って映画でした。
saido

続きを読む
【2008/02/07 10:48】  コメント(6) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
| ホームTOP ▲ |