テオ・アンゲロプロス監督と、「エレニの旅」

近く、6年ぶりの作品「エレニの旅」が日本で上映されるそうです。
上の写真をクリックすると、エレニの旅の公式へ飛びます。
と、言っても私が初めて「テオ・アンゲロプロス監督」の映画を見たのは、もう20年位昔の事でした。内容は忘れちゃったのですが、とにかく映像がすごくて、シーンの、一つ一つが、絵とか写真作品の様で、それと、それまで自分の中にあったギリシャ=青い空!青い海のイメージを、180度くつがえす様な、グレーの色合いに、かなり衝撃を受けたんです。私が見たことがある作品は、

「旅芸人の記録」O THIASSOS 
「アレクサンダー大王」O MEGALEXANDROS
「シテール島への船出」TAXIDI STA KITHIRA
「霧の中の風景」TOPIO
「永遠と一日」(後日見ました)
ですが、いつも落ち着いた独特の色合いに、長回しの撮影手法で
独特の雰囲気がありますよね。

アレクサンダー大王

写真をクリックすると、テオ・アンゲロプロス映画祭なるものを去年の夏やっていた様で、詳しく写真付きで、殆どの作品の紹介がなされています

ちょっと前に上映されていた「アレキサンダー」が、「アレクサンダー大王」と何かつながりがあるのか?と調べた(無関係です)位でした。
家に「アレクサンダー大王」のパンフレットがあったので、久しぶりに見たけれど、殆ど内容を忘れてる自分に呆れ果てた次第です・・・

さっき本屋で偶然立ち読みした本に(タイトル忘れてしまった)最近の、日本来日の時のインタビューと10人位の各著名人と一緒の写真撮影が載っていました。なかなか興味深い事が書かれていました
【2005/03/18 15:46】  コメント(2) | トラックバック(2) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<スターウォーズとハリソン・フォードの過去? | ホーム | チャーリーズエンジェル フルスロットル 意外な脇役達>>
コメント

「エレニの旅」の素晴らしさは言葉に表現できません。これは3部作の第1作とのことですが、是非、全部を見たい!アンゲロプロスの健康を祈念しましょう!

トラックバックをさせていただきます。
  【 編集】  URL |   2006/03/17 22:44   |  TOP ▲ |


こんにちは、哲さん、TBとコメントどうもありがとうです(^_^)/

エレニの旅、ショックでした・・・
レンタル(発売)開始の日、TSUTAYAに行ったら、おいてないって言われました・・・。
その後何週間かした後、また懲りずに行って、別の従業員の人に聞いてみたら「知らないなあ・・・聞いたことない映画だけど・・・置く予定もなさそうです」って言われちゃいました。
これが私の住む町のTSUTAYAの現状です・・・

でもいつか必ず見ますよー!!
latifa<哲さん☆  【 編集】  URL |   2006/03/18 08:28   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/10-3078ee8a

「エレニの旅」■この偉大な映画
映画と出会う・世界が変わる (2006/03/17 22:46)
このような映画を「偉大な映画」というのだろうか。見て何日か経つが、その感動と驚きは薄れない。何度も見たいと思わせるが、時間がない。テオ・アンゲロプロスの「永遠と一日」以来の新作「エレニの旅」のことである。河、舟、霧、旗、布、緑の平原、曇り空、水、そして..


「エレニの旅」■キーワードは「涙」
映画と出会う・世界が変わる (2006/03/17 22:46)
エレニとアレクシスは「河の始まりを探しに行こう」と約束しあう。そして、その河の始まりのことがこの映画のラストに語られる。茂る草の葉から水が滴って、柔らかな地に注いでいて、ここが河の始まりという。「君が手を伸ばして葉に触れ、水滴が滴った。地に降る涙のよう..


| ホームTOP ▲ |