「借りぐらしのアリエッティ」「カラフル」感想
夏休み子供と一緒に見れそうなアニメ映画2つ
00 00
「借りぐらしのアリエッティ」
レンタル開始早々借りて見ました。3つ☆
アリエッティと男の子は、とても可愛かったんだけど、、、、中盤くらいまで、とっても楽しく見ていました。
しかし、男の子がアリエッティらのお家(どうしてあそこに住んでいると解ったの?)に、いきなりドールハウスのキッチン部分だけを、つけ替えるシーンで、ええっ???(あの優しい思慮深そうな子が、いきなりそんな事するかな? 結構粗暴な行動ですよね?)
その後の、お手伝いのハルさんが、悪意めいた行動をして、閉じこめられた母を、アリエッティと男の子とで救出する!って展開になっちまうとは・・・

あのお屋敷に住む人たちは、代々小さな人族に思い入れがあって、大切に思って来て、でもハルさんは違ったのね? う~ん、、、ハルさんを悪者として描いたのは、なんかこの素敵な映画が、なんだかちょっぴり品が無くなってしまった感じが・・・・。
原作が、こうなのかな?

アリエッティと少年の淡いラブか、友情か、とにかく暖かいハートフルな内容・・・そういうのを期待していたので、ありゃりゃ・・・な感じでした。
相変わらず絵や画像や音楽などは、とても素敵でした!

借りぐらしのアリエッティ (2010/日)
監督 米林宏昌 脚本 丹羽圭子 / 宮崎駿
原作 メアリー・ノートン 音楽 セシル・コルベル
出演 志田未来 / 神木隆之介
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「カラフル」
原作は以前読んだ事があるので、内容を解った上での鑑賞。
想像したよりもずっと良く出来ていたと思いました。4つ☆
最後の方で、家族と鍋を食べながら、自分の高校進学について話すシーンでは、涙が出てしまいました。
ひとりぼっちだった彼に友達が出来て、それから世界がだんだん変わって行く様子が、とても良かったです。
あの友人の男の子(鉄道オタクの子)とっても良い子ですね~。

また、驚いたのは、黒めがねの美術部員の女子。この子のオドオドとしたキョドってる感じのしゃべり方が、すごくリアルで、その声を演じているのが、あおいちゃんだと知って、またまたびっくり。凄く上手でした。

一つだけ残念に思ったのは、本を読んだ時にも同じように引っかかった部分なのだけれど、援○交際(エラーが出て記事をアップ出来ないため、こういう風に書きますね)をしている女子。こういう子もいるだろうけど、何もこのお話でわざわざ出て来なくても・・・と、なんかそこだけそぐわない感じが私は、ちょっとしちゃったんですよね・・・。

カラフル (2010/日) Colorful
監督 原恵一 原作 森絵都
声の出演 冨澤風斗 / 宮崎あおい / 南明奈
【2011/08/04 09:30】  コメント(13) | トラックバック(10) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「モンテーニュ通りのカフェ」「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」感想 | ホーム | 「シチリア!シチリア!」感想>>
コメント

個性が大事と言われようが、「世界にひとつだけの花」が大ヒットしようが、周りと同じ色に染まりたいと思ってしまう中高生。
そんな中高生を経験した人が共感する映画でしたね。
なんか久しぶりに尾崎豊の曲が聞きたくなりましたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2011/08/04 20:14   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは! コメントありがとう~。
『アリエッティ』 『コクリコ坂』と、ジブリは宮崎駿以外の監督の映画が続いてますね~。
また宮崎駿監督の映画が観たいな。。あ、私は『アリエッティ』も『コクリコ坂』も面白く観たんだけどね。

『カラフル』とってもよかったでしょう?
でも、あの女の子ね。。そういう「ここだけがダメ!」っていうの、あるよね~。
南明奈は巧かったよね、さすがにあおいちゃんには敵わないかもだけど^^
真紅  【 編集】  URL |   2011/08/04 20:53   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2011/08/04 20:54   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> 個性が大事と言われようが、「世界にひとつだけの花」が大ヒットしようが、周りと同じ色に染まりたいと思ってしまう中高生。

難しいですよね~その位の年頃は・・・。
みんなと違うとか、浮いてしまうのを、凄く恐れる世代ですよね。
私は、にゃむばななさんよりもずいぶん年上なので、私が学生時代のころは、ここまでじゃなかったなあ・・と思いますが、それでもやっぱり学生時代のあの独特の空気や、周りとのかねあいや、友人が大切な事などは、同じです。
もっと、あの世代の子が楽に生きられるような空気に日本もなってほしいですね(あ、アメリカとかも同じ感じっぽいらしいですが・・・ 韓国はそれほどじゃないみたいな事をちょっと聞いてます。)
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/05 10:19   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
> 『アリエッティ』 『コクリコ坂』と、ジブリは宮崎駿以外の監督の映画が続いてますね~。
> また宮崎駿監督の映画が観たいな。。あ、私は『アリエッティ』も『コクリコ坂』も面白く観たんだけどね。
私も。でもポニョも、そんなに凄く良かった、って思ったわけでもなかったりして・・・苦笑
コクリコ坂は風景とか音楽とか素敵そうだし、アリエッティっぽいのかな?
見に行こうかなぁ・・と思ってたんだけど、内容で、昔の百恵ちゃんドラマみたいな設定があると聞いて、ちょっと萎えちゃったのよ・・・。
レンタルになったら絶対すぐ見ますね☆

> 『カラフル』とってもよかったでしょう?
> 南明奈は巧かったよね、さすがにあおいちゃんには敵わないかもだけど^^
そうそう、びっくりしたわ。可愛いだけのタレントさんって風にちょっと思ってたんだけど、なかなかどうしてよね!
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/05 10:21   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
アリエッティは私も微妙な違和感があって、それは男の子が「君たちは滅び行く種族なんだよ」っていきなり言っちゃうトコ。

普通、好意を持ってる女の子にそういう残酷なこと言うかねみたいな。自分の命が短いかもしれないことで勢いで言っちゃったなら、ちゃんとそういうエピが必要かなと思ったりしてました。

カラフルはやはり早乙女君がええ奴ってことに尽きました。プラプラの関西弁がおかしいとか、ひろかと逃げるシーンが長いとか、引っ掛かる部分もありつつ、早乙女君ですべてOKということで。

ちなみにアッキーナも宮崎あおいにも気づきませんでした。宮崎あおいのあのどもりはさすが映画女優ですよね。
GAKU  【 編集】  URL |   2011/08/07 06:10   |  TOP ▲ |


GAKUさん、こんにちは!

↓言われてみれば、そうですよねー。そんな事言わないですよね。
> それは男の子が「君たちは滅び行く種族なんだよ」っていきなり言っちゃうトコ。
> 普通、好意を持ってる女の子にそういう残酷なこと言うかねみたいな。
なんというか・・・ジブリって沢山優秀な製作スタッフさんがいるのに、みんなでチェックしあってるはずなんだろうけど・・・どうも・・誰かこの台詞や、このシーンに疑問を感じなかったんだろうか?って処がある気がするんですよ(偉そうにすいません) 沢山の人たちで、本音でざっくばらんに、色々言い合ってたら、そこはこうじゃないか?あそこは変じゃないか?って、出来上がる前に治せるだろうに・・

カラフルは、そうそう。早乙女君でしたね。
最近固有名詞や名前が、あっという間に忘却の彼方へ・・・。
彼みたいな旦那さんなら、末永く幸せに暮らせそうだな~。
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/07 10:03   |  TOP ▲ |


あの二子玉の風景は実際に見てるんですね。だから彼らがドコをどう走ったのかも大体解ります。というか実際に映画を観た後に車で行ってみたりもしました。^^
ちょこっと写実的な表現がインパクトがありましたよね。

アリエッティはとても大事にしたくなるようなお話だったと思います。結構テーマ的には深くて重いんですが、そのままで終わらない未来への希望が感じられたのが良かったです。
KLY  【 編集】  URL |   2011/08/07 22:32   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> あの二子玉の風景は実際に見てるんですね。だから彼らがドコをどう走ったのかも大体解ります。というか実際に映画を観た後に車で行ってみたりもしました。^^
え~~っ!!いいなぁー、いいなー。
あれは、二子玉川の側なんですね?
自分の知ってる場所が出て来ると、テンション上がりますよね。
解る解る。その場所が、結構近い場合、映画を見た後、実際に行って再確認したくなるんですよね^^

アリエッティも、コクリコ坂も、主役の男女が可愛いのがまず良いです♪
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/09 11:06   |  TOP ▲ |


『カラフル』だけTB行かないかも~。 ごめん f^^;

この映画たちからちょうど1年経って、
子どもたちもとても微妙な心境を抱えるようになり、
2人ともよく「居場所がない」といういい方をするようになりました。
もし今『カラフル』を見たらまた感想変わるかもしれないなと思ってます。

居場所って、人にとってはとても大事で、
個性を出して!と大人に言われたとしても、思春期の子たちは怖いのですね。
彼らにも見せてあげたいと思います。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2011/08/18 06:54   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
お忙しいところ、来てくれて、コメント・TBありがとうー。

> この映画たちからちょうど1年経って、
> 子どもたちもとても微妙な心境を抱えるようになり、
> 2人ともよく「居場所がない」といういい方をするようになりました。
そうかあ・・・そういう時期なのね・・・?
そういう時期って、誰でもあるよね・・・。でも、辛いよね・・・。
roseさんは、ちゃんとそういう渦中の子供さんを、冷静に見守る事が出来る賢いママさんの様な気がする・・。
私なんて、ワタワタしちゃうばっかりで、ほんとダメ母でね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/19 08:30   |  TOP ▲ |


latifaさま

 映画「借り暮らしのアリエッティ」は、一年前の夏に映画館で観たので、実はもうあんまり憶えてないのです。

 かすかな記憶から、述べますと、小人のアリエッティから見ると、男の子は奈良の大仏のように巨大に見えたでしょうから、その男の子に恋心を抱く、というのはちょっと無理があったのではないか、と思いました。

 物語自体は、面白い設定だったし、音楽も良かっただけに、いささか残念です。もう少し、話の幅を広げて、小人の男の子との三角関係をテーマにする手もあったかな、などと身勝手に空想したりしています。

 1.5~2.0くらいの時間でエンタテイメントしなければならない映画って、、結構むずかしい表現形式ですね。
ホラチウス  【 編集】  URL |   2011/08/26 17:40   |  TOP ▲ |


ホラチウスさん、こんにちは。
>  映画「借り暮らしのアリエッティ」は、一年前の夏に映画館で観たので、実はもうあんまり憶えてない
そうでしたか。劇場での鑑賞だったんですね。

>  かすかな記憶から、述べますと、小人のアリエッティから見ると、男の子は奈良の大仏のように巨大に見えたでしょうから、その男の子に恋心を抱く、というのはちょっと無理があったのではないか、と思いました。

これ、爆笑しました。
とってもユニークで面白い視点ですね。

> 話の幅を広げて、小人の男の子との三角関係をテーマにする手もあったかな、などと身勝手に空想したりしています。

おお~~ そういう内容も良かったかもしれませんね。
2人の男の子は、私から見ると、両方ともそれぞれ甲乙つけがたい良い感じの子達でした^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/08/27 10:28   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1013-620056e1

借りぐらしのアリエッティ
いやいやえん (2011/08/04 13:14)
ジブリ作品。郊外の広大な古い屋敷で小人のアリエッティの一家が必要なものを「借りて」暮らしていた。そこに、療養で12歳の少年・翔がやってくる。 地味ながらもあたたかな小品だったと思う。 アリエッティの初めての「借り」にはその小ささから普段見る事のできない人...


『Colorful』
こねたみっくす (2011/08/04 20:11)
あなたの色はあなたが決めればいいこと。ただ自分の色を具体的に特定できる人なんてこの世には誰一人としていないけれど。 直木賞作家・森絵都先生の小説をあの原恵一監督が映画 ...


『借りぐらしのアリエッティ』
こねたみっくす (2011/08/04 20:11)
スタジオジブリのヒロイン像原点回帰。それが今回の鈴木敏夫プロデューサーの狙いであるような気がしました。 『となりのトトロ』を思わせるような小さな世界で起こるシンプルな ...


僕が僕であるために~『カラフル』
真紅のthinkingdays (2011/08/04 20:55)
 黄泉の国への入り口で「プラプラ」と名乗る少年に呼び止められた「僕」。抽選 により、輪廻のサイクルへの再挑戦が認められたのだという。それは小林真とい う瀕死の中学生の魂に入り込み、「ホームステ...


床下の小人たち~『借りぐらしのアリエッティ』
真紅のthinkingdays (2011/08/04 20:56)
 心臓病を患う少年・翔は、田舎にある母親の実家へ避暑にやって来る。広大な 敷地に建つ屋敷の床下には、小人の一家が住んでいた。翔は偶然、その一家の 娘、14歳のアリエッティを庭で見かけるのだったが...


人間の自分本位なエゴと問題定義 ─ 借りぐらしのアリエッティ ─
Prototypeシネマレビュー (2011/08/07 06:13)
─ 借りぐらしのアリエッティ ─ スタジオジブリの新作ということで、類に違わず見てきました『借りぐらしのアリエッティ』。まず個人的な感想を言うと、「面白くないわけじゃあな ...


から揚げと肉まんだけでも世界の色は変わる ─ Colorful(カラフル) ─
Prototypeシネマレビュー (2011/08/07 06:13)
─ Colorful(カラフル) ─ 直木賞作家・森絵都の同名小説を映画化したアニメ作品「colorful(カラフル)」をレンタルで鑑賞。さてその内容ですが、一度死んだ魂が人間界で新しい身体 ...


『借りぐらしのアリエッティ』 (2010) / 日本
Nice One!! @goo (2011/08/18 06:48)
監督 : 米林宏昌 原作 : メアリー・ノートン 企画・脚本 : 宮崎駿 声の出演 : 志田未来 、 神木隆之介 、 大竹しのぶ 、 竹下景子 、 三浦友和 、 樹木希林 公式サイトはこちら。 やーっと行って来ました。 これは子どもだけが先に観てます。 いつでもいい...


『カラフル』 (2010) / 日本
Nice One!! @goo (2011/08/18 06:51)
監督 : 原恵一 原作 : 森絵都 脚本 : 丸尾みほ 試写会場 : よみうりホール 公式サイトはこちら。 原作、また原監督の過去作品共に未見。 文芸ものをアニメに映画化というのも珍しい感じなので興味ありました。 森絵都さんは数作品読みました。 印象と...


No.291 借りぐらしのアリエッティ
気ままな映画生活 (2011/12/17 23:17)
【ストーリー】 イギリスの女流作家メアリー・ノートンの児童文学「床下の小人たち」を、スタジオジブリが映画化。監督は「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニ ...


| ホームTOP ▲ |