「π」「ファウンテン 永遠につづく愛」感想
「レスラー」「ブラックスワン」両方とも好みだったので、他のダーレン・アロノフスキー監督の作品を見てみようと思いました。
00 
残念ながら「レクイエム・フォー・ドリーム」が借りられていたので、この2つを借りてみました。

「π」
長編映画としては、監督の第一作目だそうです。内容などは、何も知識のない状態での鑑賞。
白黒映画だったのね・・・。なんというか・・・「アンダルシアの犬」のような雰囲気の映画。
世の中の事は数字に置き換えられるというのとか、映像とか音楽とか、センスが良いな~格好いいな~というのは解るんですが、若気の至り(失礼!!)で、勢いあまって、観客を少々置いてきぼり?にしてる風な感じも・・。
でも、この人は将来大物になるかもしれん、という片鱗は、この映画から充分に感じられました。
98年映画ということで、随分前の映画なのに、古くさい印象が無いですね。3つ★

π〈パイ〉 (1998/米)
製作 エリック・ワトソン 監督 脚本 ダーレン・アロノフスキー
撮影 マシュー・リバティーク 音楽 クリント・マンセル
出演 ショーン・ガレット / マーク・マーゴリーズ
・・・・・・・・・・・・・・・・・
00
「ファウンテン 永遠につづく愛」

最初はロードオブザリングみたいな中世の伝説、そして現代のサルの脳を手術+難病で最愛の人を失いたくない医師の話が交互に描かれ、その途中に、不思議な木やら現象やら、宇宙的な精神性をファンタジックに描く坊主の僧?みたいなシーンが入ったりする映画。
なんだか・・・私の好みの映画じゃなかったみたいです。2つ★
この映画でも座禅や仏教的なテーマがあったし、「π」でも碁が出て来たりと、かなり監督は日本通?

この映画で、レイチェル・ワイズと監督さんは出会い結婚に至ったそうなので、作品的には??ですが、監督の人生において、非常に重要な作品なんですね^^

ファウンテン 永遠につづく愛 (2006/米) The Fountain
監督 脚本 ダーレン・アロノフスキー
出演 ヒュー・ジャックマン / レイチェル・ワイズ / エレン・バースティン / マーク・マーゴリーズ / スティーヴン・マクハティ
【2011/08/30 08:41】  コメント(15) | トラックバック(1) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「イースト/ウエスト 遥かなる祖国」感想 | ホーム | 「あしたのジョー」感想 >>
コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2011/08/30 21:11   |  TOP ▲ |


おはようございます♪
コメント久しぶりだけど元気かな。
台風もうすぐ来るから落ち着かないよね。で・・・↑2本。
ちょっと、とっつきにくい印象だよね
音楽と映像はそれぞれすごい!!って
もの感じたけれど、よくわからなかったというのが本当のところ。
それでも追ってみたくなる監督だとは
思うよね・・・レクイエムも観ることできるといいね♪
みみこ  【 編集】  URL |   2011/08/31 06:44   |  TOP ▲ |


こんにちは♪

確かに、作品の出来としては「?」でしたね…私もいまだにスピリチュアル精神世界の描写は理解不能です。
ただ、ラストで「さようなら」を告げられたという事は、死を受け入れられるようになったのか、妻の言葉を借りるに新たな再生と感じたのかなと認識しています
maki  【 編集】  URL |   2011/08/31 09:39   |  TOP ▲ |


『π』は訳が分からない分、ちょっと怖さがあるのがいいですよね。
まるで終わりのない円周率のように永遠にこの怖さが続くような感覚。
未だにダーレン・アロノフスキー監督といえば、この作品が代表作だと思いますよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2011/08/31 21:47   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは~!
台風、なんか速度が遅いね。今朝は絶対雨って思ってたから、「明日は車で娘を学校に送迎だ・・」と思ってたけど、自転車で学校に行けちゃったわ。

みみこさんちは、時々お邪魔してたんだよ^^ 
でも見てる映画が無くて。

> 音楽と映像はそれぞれすごい!!って
> もの感じたけれど、よくわからなかったというのが本当のところ。
> それでも追ってみたくなる監督だとは
うん、うん。みみこさんも見てたんだね~~!!
後で、感想探して来ようっと!
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/01 08:47   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
> 確かに、作品の出来としては「?」でしたね…私もいまだにスピリチュアル精神世界の描写は理解不能です。
やっぱり、makiさんも、あの辺りは、?って思われたんですね。
まあ、ああいう世界って表現するのが難しいだろうと思います・・。

> ただ、ラストで「さようなら」を告げられたという事は、死を受け入れられるようになったのか、妻の言葉を借りるに新たな再生と感じたのかなと認識しています
 そうそう、ラストは、私もそう受け止めました。
でも、見終わった時の気持ちは、スッキリとかはしてなくて、相変わらず、よく解らなかったかな・・・というのを引きずっていました(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/01 08:49   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> 『π』は訳が分からない分、ちょっと怖さがあるのがいいですよね。
そうそう。ちょっと怖い感じが、ソソられますね。
この監督さんは、どこかにちょこっと、怖さを秘めてる感じの作品を作るのかな~。

> 未だにダーレン・アロノフスキー監督といえば、この作品が代表作だと思いますよ。
そうなんですか!
私は、ブラックスワンとレスラーから入ったので、あの手のナイスキャスティングの達人って印象を持っていたんです。これから他のも見てみたいと思っているところです。
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/01 08:51   |  TOP ▲ |


latifaさ~ん、こんにちはw
今日から9月ですね、そしてあの震災から半年も経ってしまったのに、まだまだ不安だらけの日々ですね。

「π」と「ファウンテン 永遠につづく愛」と続けてご覧になったのかしら・・。
ダーレンさんは、この人の頭の中を覗きたい!!と思う監督さんの一人ですよ~^^;
「π」は、もう昔に観たので記憶も薄れてますが、latifaさんのおっしゃるように、その後の才能の開花を感じさせる作品&難解な作品でした。
「ファウンテン・・」は、私も『えぇ~! そっちに行っちゃうの??』と戸惑うやら嬉しいやら、複雑な映画でした(笑)
いずれにしても、「インセプション」で彼の才能は証明された訳で、やはり頭の中を覗かせて頂きたいものです(*^^)v

「コクリコ・・」、私も観ましたよ。
latifaさん、年齢のカミングアウト!拍手です♪
私は、latifaさんよりちょっと・・、いえかなり?お姉さんだけど、やはりこの映画は郷愁を誘う映画でしたね。
私が過ごした時代より以前の横浜・・、主人と、ここはあそこだ! 桜木町だ! 氷川丸だ!って大喜びして鑑賞しました。

台風来てるよね、進路が心配です。
残暑も厳しいです、お互いにもう一息、がんばりましょうね(^^ゞ
みぬぅ  【 編集】  URL |   2011/09/01 13:42   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2011/09/01 15:19   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2011/09/01 15:38   |  TOP ▲ |


すみません・・・
反映されていないと思って
2度コメントいれちゃいました。
くどくどしいですが、お暇なときに・・読んでね。
秘密コメントの私です  【 編集】  URL |   2011/09/01 15:41   |  TOP ▲ |


どちらの映画も見てません(汗)
πは私には難しそうで手が出ない(笑)
ファウンテンの方は、見てみたいかも!

そうそう!今日の昼間に
アナとオットーみました!
面白いつくりです!
最後まで『どうなっちゃうの?この二人??』
って目が離せませんでした。
でラスト・・・
切なかったです。
latifaさんも好きかもです!!
まるでロミオとジュリエットみたい。
内容は全然違うけど(笑)
めぐ  【 編集】  URL |   2011/09/02 20:51   |  TOP ▲ |


みぬぅさん、こんにちは!
現在台風上陸中だそうで、四国や関西地方の方々、大丈夫かな・・・と気になっています。。
震災から半年、まだ半年?もう半年?そんな気持ちです。
今年は月日のたつ時間の感覚が普段と違うみたい・・・

> 「π」と「ファウンテン 永遠につづく愛」と続けてご覧になったのかしら・・。
そうなの。その順番で見ました^^
みぬぅさんも、両方ごらんになっていたのねー!
感想アップされてるかな・・・後で探しに行きます☆あるといいな~。
で、インセプションなんだけど、この監督さんと、繋がりあったのかな・・・?

コクリコ
むふふ・・・ジャスト同じ年だったので、あかしてしまった~(^^ゞ
そうなんですか?かなりお姉さんなの??
でも私は失礼ながら、同じ年の感覚で、いつもお喋りさせてもらっちゃってます^^
そうかあ~~みぬぅさんは、かつて横浜に暮らしていたのね?
旦那様と、横浜の色々な風景に反応しちゃったなんて、素敵だなー☆
その日は、きっと楽しい映画デートとなったんだろうなぁ~。
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/03 08:29   |  TOP ▲ |


鍵コメさ~~~ん(T_T)
ありがとう!!
一回消えちゃったと思って、また2度長文にトライしてくださったのね・・・。
申し訳ない!!
大切に両方しみじみ読ませてもらったよ!!
ありがとうね~~。心に染みました^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/03 08:32   |  TOP ▲ |


めぐさん、こんにちは!
πは難しいけど、飽きることなく、なんか見れちゃう映画ですよ。MVを流しているような感覚?で
むしろファウンテンの方が、集中して全部見続けるのがキツかった・・・

で、すごいナイスタイミング!
> アナとオットー
私も今、手元にある!
ちょっと遠い場所のツタヤまでレンタルしに行ってきたの。
君を想って海をゆく、だっけ?あれがどうしても見たくて行ったら、アナと~も置いてあったんだ!
観賞後、またお話出来るのが嬉しい☆
まっててね~~
ちなみに、君を想って・・は、絶対渡れるとばかり思いこんで見ただけに、愕然、どよ~~んと暗くなっちゃった・・・・
latifa  【 編集】  URL |   2011/09/03 08:53   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1026-33a5d220

ファウンテン 永遠につづく愛
いやいやえん (2011/08/31 09:34)
ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ共演です。 難病に冒された妻と夫の物語と、女王と騎士の物語、生命の木が混ぜ込んで、最初はうん?となりますが、幻想的な物語でした。ちょっと禅が入ってると思うの、監督さん日本びいきかな? 猿をモルモットに特効薬の研究...


| ホームTOP ▲ |