「冷たい熱帯魚」感想
00
内容も映像も全てが濃かった。
冒頭から、ドドンド~♪と太鼓みたいなズシズシ来るビートの音楽に合わせて(この音楽何度も流れたけど、とっても良かった!)冷凍食品をガンガン解凍して食卓に並べる!というシーンに、これは面白いかもっ!という期待感が爆裂です。社本さんが、でんでん社長の勢いや暴走に巻き込まれて行ってしまう経緯なんかは、すっごく面白くて、社本さんが気の毒でもあり、失礼ながら可笑しくもあり・・・。

エロ満載なのは良いとして、グロ満載過ぎるのは、ちょっと勘弁・・・。映画館で見なくて良かった・・・。
風呂場・内臓一杯系のシーンなんて、今まで見た映画の中でも、トップクラスに気持ちが悪くて、げんなり・・・。しつこく何度も出て来るんで・・・。
エロ方面では、豊満な胸を堪能出来るシーンが一杯^^
まさか、早い段階で、でんでんと奥さんが、ああなっちゃうとは、ちょっとビックリ・・。
役者さんたちは、みなさん名演。吹越満さんと、でんでんさんの演技は切れまくっていたし、黒沢あすかさん、素敵ですね~。声も外貌も全てが色っぽいし、肝っ玉据わってる処も格好いいし、痺れます。

☆以下ネタバレ 白文字で書いています☆
まさか、社本が、途中からドSに変貌するとは・・・。しかもアイコとHしている最中に、何かぶっとんじゃったようで・・・アイコの首あたりに、ぐさっと刺したから、アイコは死んじゃうんだと思ったのですが、平気だったようで(^^ゞ その後、アイコに指示命令、アイコも従順に受け入れ・・・。
しかしながら、ラストは、社本が警察に、アイコがでんでん解体している現場を通報するも、その場で奥さんを刺し殺し、娘に「生きるってことは痛いんだよ」と訴え、結局自殺・・。娘は死んだ父に暴言を吐いて終わり・・・
以上

「愛のむきだし」の時も思ったんですが、面白いんだけど、しつこい(すいません)って思っちゃう程、色々な意味で、過剰・・・。割と長めな映画なのだけれど、飽きることはないです。でも途中で、結構お腹一杯になって来ちゃったかな・・・。園子温監督の映画は、2本しか見たことがないので、他も見てみようと思います。
グロいシーンが無理なので、2回見ようとは思わないけれど、凄い映画を見た・・・という感じでした。3つ☆半

冷たい熱帯魚 (2010/日) Cold Fish
監督 脚本 園子温 音楽 原田智英
出演 吹越満 / でんでん / 黒沢あすか / 神楽坂恵 / 梶原ひかり / 渡辺哲

あらすじ 埼玉県で起きた「愛犬家連続殺人事件」をモチーフにした作品。熱帯魚屋を営む社本(吹越満)はちょっ
とした縁で同業者の村田(でんでん)という男と知り合う。
【2011/09/30 13:49】  コメント(15) | トラックバック(9) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「愛と哀しみの果て」「名もなきアフリカの地で」 | ホーム | 「セブンデイズ」感想>>
コメント

うん、確かにしつこいww
しかも後へ行くほど濃いし^^;
ただグロはグロなんだけど、例えば『ソウ』シリーズの後のほう5,6とかその辺より全然平気に感じちゃったのは、出演者の力によるところも多いのかな。良くも悪くもエンタテインメント作品にしていたように感じました。
KLY  【 編集】  URL |   2011/09/30 16:16   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
ほんと~latifaさんと感想似てる部分があるわ~

冒頭から引き込む勢いは凄かったよね~
社本が村田社長に引き込まれていく感覚と同じよね、あれは。
役者さん達、キレまくって熱演も伝わってきて良かったです。

それと、この監督の、しつこいとか過剰とかって言うの、同感です(^^;
ストーリー的にも、社本がドSに変貌するのは
いまいちピンと来なかったし。
だけど監督の他の作品に興味がわくのも、これまた同じです~(^▽^;)
YAN  【 編集】  URL |   2011/09/30 16:25   |  TOP ▲ |


latifaさんどもー♪
これおうちで観たの??
それも・・・ 何かお風呂場に夜中に行けなくなっちゃうね(笑)

『愛のむきだし』に比べたら全然私はダメ。 というか設定が無理(笑)
園子温監督は癖があるからね。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2011/09/30 19:08   |  TOP ▲ |


私は逆にあのしつこさが好きですね。
生半可なことをするつもりはない、現実はしつこいくらいに濃いものばかりやないかい!というメッセージが感じられ、きれいごとを描いていないその心意気が凄く好きですから。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2011/09/30 19:35   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは♪
グロ苦手だったんですね~;;
ま、まあ、元気だして下さい。
レバ刺でも食べて!Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン
でも、登場人物は面白かったですね。黒沢あすかの他の映画も見てみたいけど、アブナイのばっかりかな?(笑)
あ、しっかりTBさせて頂きました。
次は、爽やかな映画見てね!( ̄m ̄〃
つるばら  【 編集】  URL |   2011/09/30 22:34   |  TOP ▲ |


KLYさん、こんにちは!
> ただグロはグロなんだけど、例えば『ソウ』シリーズの後のほう5,6とかその辺より全然平気に
私は、ソウは1でも、無理~!!ってレベルだったんです。
ホラーものや、内臓、スプラッター系は、免疫がなかなか出来なくて・・・。
ソウの5,6は、もっと凄いんですね・・・(+_+)
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 08:55   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
見て数日経つけど、まだ余韻が・・・(^^ゞ
これって、見終わって気がついたんだけど(遅い)
R18だったのね?
私は小さい画面で見て、本当に良かったわ・・・

> だけど監督の他の作品に興味がわくのも、これまた同じです~(^▽^;)
ハネケ監督と、この監督の映画と、全然作品のタイプは違うんだけど、好きってわけじゃないんだけど妙に興味が沸く・・・って部分で同じです^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 08:57   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
そうなんですよ~。レンタルDVD借りてきて見ました。
劇場公開時、とっても見に行きたかったのだけれど
行かなくて大正解。

> 『愛のむきだし』に比べたら全然私はダメ。 というか設定が無理(笑)
> 園子温監督は癖があるからね。
愛のむきだしの方が私は好き。
でも、こちらも好きじゃないけど、一生忘れられない作品となりました(^^ゞ
園監督の他の映画も、ぼちぼち見て行こうと思ってます。
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 08:59   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
いや、いや、あのしつこさを、けなしているんではなくて、凄い、
という風に、褒めているんです(^^ゞ
ただ、好きか?と言われると、好きとは言えないかなあ・・・
このあたりが微妙なんです^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 09:03   |  TOP ▲ |


tsurubaraさん、こんにちは!
そうなのよ~~グロ苦手なの。。。
ちなみに、レバーは食べられないんだ!ホルモンとかも・・・
見るのも食べるのも無理・・。

昨日映画館の予告編で見た、チョン・ドヨンのハウスメイド?お手伝いさんの映画が
凄く面白そうだったのー。それを今一番見たいかな!
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 09:04   |  TOP ▲ |


こちらにも

ドンドンドドンドというあの太鼓のビートが心情をまた盛り上げてくれるんですよね、愛のむきだしでもそうでしたが、音楽もまた重要要素だったと思います
これはほんとにエログロ満載でダメな人はダメですね。私は平気でしたが、latifaさんはげんなりしちゃいましたか~
「ボデーを透明にする」というのは実際の殺人者さんが言っていた台詞だったようでこの作品で普通に使われていましたが、その言い回しの裏の恐ろしいこと!

役者さんが上手いのでのめりこんでみてしまいましたが、監督の役者の演技力を高める演技指導にはほんとに感嘆します
maki  【 編集】  URL |   2011/10/02 11:32   |  TOP ▲ |


makiさん、こちらにもありがとうございます^^
そっか~makiさんは、エログロ平気だったんですね?
私はエロは大丈夫なんですが、グロが苦手です。
普通のTV番組の天才外科の手術の模様~とか、そういうのでもダメです・・・。

> 「ボデーを透明にする」
この言葉凄いですよねー。
でんでんさんの発音の、ボディをボデーと言う、おじさん言葉が、
また、しっくり来るというか、なんというか(^^ゞ

この映画も、愛のむきだしも、役者さんたちは本当に凄かったです。
園監督は、結構厳しく演出するらしいと何かで読んだ事がありますが、
過酷な現場なんだろうなあ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/02 13:59   |  TOP ▲ |


お邪魔します~
インパクトのある映画っだよね。
私も内臓系映画はあまり好きじゃあないんだけれど、実際の事件ということで興味があってね。
人間ってあんなこともできちゃうなんて怖いわ・・・。解体シーンはやっぱりしつこいよね。またか・・・って思っちゃたもの。エロはね・・ああいう見せ方って好みじゃあないな。
美しいエロが好きだから・・(意味不明かな・・笑)
日本でこれだけ、衝撃的な作品を
作る人今まで見たことないから
やっぱり今後も注目しちゃうよね。
色っぽい黒沢さん・・私も
憧れちゃうわ☆
みみこ  【 編集】  URL |   2011/10/05 21:55   |  TOP ▲ |


『園子温監督の映画は、2本しか見たことがないので、他も見てみようと思います。』
↑前にレビューしたhazardも園子温監督の映画ですよ( *・ω・)ノ
私もあまりこの監督に詳しいわけではありませんが『恋の罪』や『ヒミズ』のDVD化が楽しみです(・∀・∩)
  【 編集】  URL |   2012/03/17 16:05   |  TOP ▲ |


こんにちは!
お名前が書かれていなかったので、どなたか解らず・・・すいません。。

> ↑前にレビューしたhazardも園子温監督の映画ですよ( *・ω・)ノ
あっ、そうでしたっけね(^^ゞ

> 『恋の罪』や『ヒミズ』のDVD化が楽しみです(・∀・∩)
私もです!!
恋の罪は、実は少し前に見たんです。感想はまだ書けてないんですけれど・・・
ヒミズ、楽しみですー!
latifa  【 編集】  URL |   2012/03/18 16:59   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1037-750e255d

冷たい熱帯魚
LOVE Cinemas 調布 (2011/09/30 15:49)
『紀子の食卓』、『愛のむきだし』の鬼才・園子温監督が、“埼玉愛犬家殺人事件”をベースに人間の狂気と愛を描いた衝撃の問題作。主演は『掌の小説』の吹越満。共演にでんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲。第67回ヴェネチア国際映画祭の上映では、6分間のスタンデ...


冷たい熱帯魚
RockingChairで映画鑑賞 (2011/09/30 16:28)
勢いがあって刺激もある。 役者の熱演も素晴らしい! でも意外と衝撃は受けなかったな・・・(^^; COLDFISH 監督:園子温 製作:2010年 日本 出演:*吹越満 *でんでん *黒沢あすか *神...


『冷たい熱帯魚』 (2010) / 日本
Nice One!! @goo (2011/09/30 19:06)
原題: COLDFISH 監督 : 園子温 脚本 : 園子温 、 高橋ヨシキ 出演 : 吹越満 、 でんでん 、 黒沢あすか 、 神楽坂恵 、 梶原ひかり 映画公式サイトはこちら。 第11回東京フィルメックス 『冷たい熱帯魚』ページはこちら。 <Story> 家庭不和の中、熱帯魚...


『冷たい熱帯魚』
こねたみっくす (2011/09/30 19:35)
これを「とんでもない映画」と言わずして、何を「とんでもない映画」と言うのか。 『「冷」たい「熱」帯魚』というタイトルのように、理性と本能、ブラックジョークと血塗れなグ ...


冷たい熱帯魚
rambling rose (2011/09/30 22:27)
でんでん、スゴ過ぎ・・( ̄∇ ̄; ヤバ過ぎるやろ、このオッサン!


冷たい熱帯魚
いやいやえん (2011/10/02 11:23)
エログロ描写満載、R-18指定作品。なんか凄いものを観ちゃった。邦画でもこの雰囲気作れるんだなあ。 実際にあった愛犬家殺人事件等をモデルにした設定ということでしたが、とにかくでんでんさんが怖い。が、所々にブラックユーモアがあって笑ってしまいます。そして軽々...


冷たい熱帯魚 / COLD FISH
我想一個人映画美的女人blog (2011/10/06 10:06)
ランキングクリックしてね &amp;larr;please click 「愛のむきだし」の園子温監督最新作R18+(18歳未満禁止) 初日、全回で立ち見出るほどの大盛況 前作「愛のむきだし」から一転、暗~い作品であるという事以外、知識なく観たけど、、、 受け取り方は観る人...


冷たい熱帯魚
古今映画感想・批評 (2012/10/20 18:52)
JUGEMテーマ:映画の感想R18指定と言うことで、どんなもんかと思っていましたが、予想をはるかに超えてました。 そのスプラッター描写たるや、以前何作目か忘れましたが「オールナイ


冷たい熱帯魚
mama (2013/07/22 17:11)
COLDFISH 2010年:日本 監督:園子温 出演:吹越満、でんでん、黒沢あすか、神楽坂恵、渡辺哲、諏訪太朗、三浦誠己、芦川誠、梶原ひかり 小さな熱帯魚屋を経営する社本信行とその ...


| ホームTOP ▲ |