「続・猿の惑星」「新・猿の惑星」「猿の惑星/征服」
3本、続けて見ちゃいました。3本それぞれに、味わい?がありました(^^ゞ
シリーズ5作品の最終話だけは、図書館になかったため(爆)まだ見ていません。
「続・猿の惑星」
前作で行方を絶ったテイラー(チャールスト・ヘストン)とノヴァ。
その後、とある宇宙船が辿りついたのは西暦3955年。ブラント(J・フランシスカス)は謎の人間に捕らわれる。彼らは地下で密かに原子爆弾を奉っていた。彼らのテレパシーで幻影を見せて相手を威嚇する?みたいなのとか、変な音を出すとか、妙な宗教じみた歌や活動には苦笑い。そこでテイラーとノヴァに遭遇する。テイラーさんもちょこっとしか出て来ないし、、ラストシーンだけ印象に残る作品だったかな。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
ラスト、まさかの原子爆弾スイッチオンで、地球が滅亡した、というオチにびっくり以上

続・猿の惑星 (1970/米) Beneath the Planet of the Apes
監督 テッド・ポスト 脚本 ポール・デーン
出演 ジェームズ・フランシスカス / チャールトン・ヘストン / リンダ・ハリソン / モーリス・エバンス / キム・ハンター
・・・・・・・・・・・・・・・・
「新・猿の惑星」
意外と面白かったです。バトルや戦闘よりも、社会ドラマ的な内容だったのが好みでした。こんな昔に「ターミネーター」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な映画が既にあったんですね。
こういうお話は元々好み。

1973年、一年前に行方不明になっていたテイラー船長の宇宙船が戻って来た。しかし船内から現れたのは3匹の猿人だった。人間たちは、最初3人を動物園に連れて行くが、1匹の科学者は亡くなってしまい、コーネリアス夫婦だけとなる。そして彼らの知能が優れていることに気がつく。マスコミにも取り上げられ、平和主義でチャーミングなコーネリアス夫婦は一躍人気者になる。しかしながら、彼らが地球の未来からやって来たこと、猿と人間の関係が逆転していること、将来原爆で地球が滅亡すること等が解って来ると、米政府は彼らを抹殺するべく指令を出す。
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
ジーラの息子シーザーは、サーカス団の処のチンパンジーとすり替えていた。→「征服」編に繋がる。
結局夫婦は殺されてしまいました・・・(T_T)
以上

新・猿の惑星 (1971/米) Escape from the Planet of Apes
監督 ドン・テイラー 脚本 ポール・デーン
出演 ロディ・マクドウォール / キム・ハンター / ブラッドフォード・ディルマン / ジョン・ランドルフ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
猿の惑星/征服」
初めて外界に出たシーザーの目に入って来るのは、同類達が人間に、こき使われ、虐待されている様子だった。怒りに震えたシーザーは、我慢出来ずについ声を出してしまい、それによって、優しい育ての親だったサーカスの団長さんが捕らえられてしまう。

いくらなんでも前作から18年でこれだけ社会が変化するっていうのには、無理でしょう? もうちょっと50年後とかなら納得が要ったんだけどな。
しかしながら、この作品には、この時代の黒人の社会的な立場など、当時の社会風刺みたいのが入っているのが、とても興味深かったです。管理部の黒人マクドナルドがその役目を担っていました。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
リサが「NO!」と最初の言葉を発します。ここは2011年版と繋がりますね。人間に暴力で復讐するのか?と思いきや、リーダーになったシーザーは仲間達に「人間に対して慈悲と理解を」と言うのでした。以上

猿の惑星/征服 (1972/米) Conquest of the Planet of the Apes
監督 J・リー・トンプソン 脚本 ポール・デーン
出演 ロディ・マクドウォール / ドン・マーレイ / リカルド・モンタルバン / ナタリー・トランディ

あらすじ 『猿の惑星』5部作の中の第4作目。1992年。伝染病の為、犬や猫が死滅し、人間は猿をペットにし、やがて人間は猿を奴隷とする世の中になっていた。サーカス団長は未来からやって来た猿の夫婦の子供シーザーを育ていた。
【2011/10/21 09:40】  コメント(2) | トラックバック(0) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「トイレット」「マザーウォーター」感想 | ホーム | 「猿の惑星」感想>>
コメント

おお~~、latifaさん、続けてご覧になったんですねっ♪( *^-゚)/⌒☆゙

「続~」は、テレパシー(?)操る地下に潜んだ(?)人間とか(苦笑)
何だかトンデモな内容でしたが、新たな飛行士が何気にイケメンでしたね(大爆)
「新~」の、まさかのタイムスリップは反則っぽいけど、上手くつなげて納得できるお話でした!
「征服」のシーザーが立ち上がるのは、まさに虐待された今回と同じですね。
後は「最後~」ですかぁ^^頑張ってください(笑)

あっ、ティム監督版はまた別物なんですが、こちらのラストもある意味で衝撃映像かもですよ(笑)
オリーブリー  【 編集】  URL |   2011/10/24 02:17   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんにちは!
コメントありがとうございます(^○^)
そうなんですよ、なんか猿づいていて(^^ゞ 一気に立て続けに連日見てしまいました。
どれもそれぞれ面白かったですよ。当時リアルタイムで見たかったなあ・・・

> 「続~」は、テレパシー(?)操る地下に潜んだ(?)人間とか(苦笑)
> 何だかトンデモな内容でしたが、新たな飛行士が何気にイケメンでしたね(大爆)
そうそう!
そうなんですよ。やっぱり古い映画って、主役がカッコイイとテンション下がらずに見れます(爆)
全然知らない俳優さんだったとしても、どんなに古い映画だったとしても・・・

> 「新~」の、まさかのタイムスリップは反則っぽいけど、上手くつなげて納得できるお話でした!
そうそう、反則だけど、つい引きこまれて見ちゃうという、魔法のストーリーですね!

> 後は「最後~」ですかぁ^^頑張ってください(笑)
> あっ、ティム監督版はまた別物なんですが、こちらのラストもある意味で衝撃映像かもですよ(笑)
うぬ~~。やっぱりこの2つも見ておくべきかな~~^^
latifa  【 編集】  URL |   2011/10/24 15:32   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1041-5ef77c93

| ホームTOP ▲ |