「イヴォンヌの香り」感想
00
大好きな「髪結いの亭主」のパトリス・ルコント監督作品の一つ。
昔見たような気がしていたけれど、実は未見だった・・・。
お洒落な雰囲気とエロさばかり目立って中身が薄い・・・。3つ★
とはいえ、映像も雰囲気も綺麗だし、イヴォンヌ役の女性も美しかったので、飽きずにラストまで見れました。
この後数年したら、この映画の事を見たか?どうか?を忘れてしまいそうなので、とりあえず簡単に感想を残しておこうと思いました・・。

いかにも、おフランス的な映画。美しく魅惑的で小悪魔な女性に、振り回される男性陣・・・。
主役の女性イヴォンヌを演じたのは、サンドラ・マジャーニさんという方。
綺麗でスタイルも良く、かつファッションが素敵です。
テニスコートや、木立でのラブシーンは、さすがルコント!

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
最後、おじさまが、車を暴走させ崖から落ちて自殺・・・。
これまた、おフランス的定番なラストでございました・・・
以上

イヴォンヌの香り(1994/仏) Le Parfum D'yvonne
監督 パトリス・ルコント
出演 ジャン・ピエール・マリエル / イポリット・ジラルド / サンドラ・マジャーニ

避暑地レマン湖畔のホテルのロビーで雑誌を読むビクトール伯爵(ジャン・ピエール・マリエル)。彼の瞳に飛び込んできた美しい女性イヴォンヌ(サンドラ・マジャーニ)。イヴォンヌには、医師の彼氏?友達の、ルネ・マント(ジャン=ピエール・マリエール)がいた。イヴォンヌは女優志望だった。
ビクトールは「結婚して、アメリカに渡り、女優として成功しよう」と言うが・・・
【2012/02/16 17:22】  コメント(8) | トラックバック(2) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「未来を生きる君たちへ」感想 | ホーム | 「ブルーバレンタイン」感想>>
コメント

こんにちは。
この映画、なつかしいです。
ルコントで最初に観た作品がこれだった記憶が。

ストーリーは希薄なものの、あのきらきらした三人の日々は美しかったですね。
その輝きの象徴のようなイヴォンヌが素晴らしかったなあ。
フランスのファム・ファタルって男の身をほろぼしますねえ。
あの雰囲気を思い出しました。
リュカ  【 編集】  URL |   2012/02/17 23:54   |  TOP ▲ |


リュカさん~こんにちは!
うわーーー嬉しいなーー(^○^)
この映画に反応してくださる人はいらっしゃらないだろうなぁ~って思っていたから。

> ルコントで最初に観た作品がこれだった記憶が。
えっ!なんですとーーー
そうなんですか?それは、思い出深いですね!
最初にこれを見て、その後、数々の名作に・・・って経緯だったら、
それはそれで良かったんじゃないでしょうか・・・
私は、最初に髪結いか、もしくは、仕立屋だったので・・。

> フランスのファム・ファタルって男の身をほろぼしますねえ。
そうですよね。このパターン多いです。
多くのフランス男子には、そういう願望があるんでしょうか^^
latifa  【 編集】  URL |   2012/02/18 16:57   |  TOP ▲ |


パトリス・ルコントの作品で実は一番印象が薄いのがこの作品なんですよね。
何となくでしか記憶にありませんでしたので、私もまた再見しないと。

ちなみに個人的に好きなのはやはり『仕立て屋の恋』です。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2012/02/18 20:50   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
お返事遅れてすいませんでした。
> パトリス・ルコントの作品で実は一番印象が薄いのがこの作品なんですよね。
やっぱり、そうですか・・・。
私も今まで見た作品の中で、一番なんだか・・・内容が印象に残らない感じです。

> ちなみに個人的に好きなのはやはり『仕立て屋の恋』です。
私も大好きです!
latifa  【 編集】  URL |   2012/02/23 15:52   |  TOP ▲ |


懐かしいいい。
ルコント作品はほぼ時系列順に見てるはずですが、これはこれで好きですよ、私。
彼の作品の、女性の愛版、孤独な男版、歴史物版のうちの最初のパターン。
でもって、エロがわかってる。
エロを表す手法の見事さに感心した覚えが。どこに感心してんだ!ですねえ。まったく。
好きなのは、「タンゴ」と「サン・ピエールの未亡人」と「リディキュール」なんですが、もし見っけたら、気にしておいて!
sakurai  【 編集】  URL |   2012/03/07 08:37   |  TOP ▲ |


sakuraiさん、こちらにもありがとうございます!
ルコント作品はほぼ時系列順に見てるなんて、すごいー!

> 彼の作品の、女性の愛版、孤独な男版、歴史物版のうちの最初のパターン。
(笑)私はルコント監督の作品は、女性への愛版バージョンが好きだなぁー。

> 好きなのは、「タンゴ」と「サン・ピエールの未亡人」と「リディキュール」なんですが、もし見っけたら、気にしておいて!

ぬおー!なんと3つとも見てないですー!(*△*)
今度是非とも見てみます!
latifa  【 編集】  URL |   2012/03/08 16:29   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~。
皆さん、やはり懐かしい~~と言ってられるけど、ホント懐かしい!
「仕立屋」と「髪結い」とこの作品が3部作みたいな扱いされる事が多いから、その中ではやや薄い感じはあるよね。
私もルコント作品が大好きで、昔ルコント祭りをやりました^^;
初期のドタバタ風のコメディーも好きだし、ファムファタールものが中心になった頃の作品も好き。
フランスのモリエールの喜劇に通じるような軽妙だけど哀しい?みたいなところが最高ですよね。
ここのところでは「親密な・・」がお気に入りだけど、sakuraiさんが好きとおっしゃる「サンピエール・・」を観ると、こんなルコントもあるんだ~とその振幅の広さに驚かされます。
では、またね~(^^)/
みぬぅ  【 編集】  URL |   2012/03/19 00:47   |  TOP ▲ |


みぬぅさん、こんにちは!
フランス映画といえば、みぬぅさん。
つい最近までフランスにいたというのが、うらやまじ~~~^^

> 「仕立屋」と「髪結い」とこの作品が3部作みたいな扱いされる事が多いから、その中ではやや薄い感じ
え~、そうなんだ。私は上の2つは昔見たけれど、この映画は見そびれていたし、存在感が薄いよねー

ルコント監督って、なんか私の気のせいかもしれないけれど、日本人的要素というか、日本人に近い嗜好がある様な・・・
私も「親密な・・」好きです!
>「サンピエール・・」を観ると、こんなルコントもあるんだ~とその振幅の広さに驚かされます。
ますます見たくなってきちゃった!
latifa  【 編集】  URL |   2012/03/19 19:01   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1054-e534cb73

◆『イヴォンヌの香り』◆
~青いそよ風が吹く街角~ (2012/02/17 00:34)
1994年:フランス映画、パトリス・ルコント監督、ジャン・ピエール・マリエル、イポリット・ジラルド、サンドラ・マジャーニ、リシャール・ボーランジェ出演。 ≪DVD観賞≫


イヴォンヌの香り
菫色映画 (2012/02/17 23:55)
イヴォンヌの香りイポリット・ジラルド紀伊國屋書店 2005-05-21by G-Tools 徴兵を逃れてフランスの湖畔に立ち寄る主人公。 そこで、自称女優の美しい女性、イヴォンヌと、医師のルネと ...


| ホームTOP ▲ |