「幸せパズル」面白かった
凄く地味~~な映画で、だから何?って終わり方だけど、個人的にこの映画、面白かったです。
あんまり評判良くないみたいで、少数意見かもしれないけど。4つ★
00
あ~これ、解るなぁ~!って処があちこちにあって、アルゼンチンの普通の主婦マリアと、子供を持つ主婦経験の長い日本女性と、どこか通じる部分があるんだな・・・って思いました。

まずは冒頭。忙しく一人働くマリア。誰のパーティなのか?と思いきや、最後にケーキを持って来て、なんとマリアの50才の誕生日だったと解る・・・。
キチンと家庭の主婦としてやって来て、2人の子供も大きくなって独立しようとしている。
優しい旦那もいて、平凡だけど幸せな暮らし。
そんな彼女が、パズルの魅力に取り憑かれ、パズル選手権をめざすことに・・・。
ペアを組むのは、富豪のおじさま。週に2回、彼と練習する。

見終わった後、女性の監督さんだと解って、やっぱり・・・。
印象に残ったシーンは、2日目の手作りホールケーキを誰もいらないと言う・・。
パズル選手権のことを笑ってしまった後、夫が悪かったと思って、彼女の枕元にお花を置いていた(なんて優しい!)処とかかな・・。あと、手の込んだ魚の形をしたサラダ!

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
優勝した彼女ら。富豪の彼とは寝てしまうが、その時1回だけ。
景品としてドイツまでの航空券があたるが、彼女は行かない様子。帰り道彼女は泣いている。本当は行きたいけど、でもそれは彼女の中でのボーダーを越えてしまうことだから諦める。彼女は自宅で、今の暮らしを壊さない範囲内で、楽しく趣味としてパズルをこれからも続ける様子。
という、慎ましい感じで終わる。えっ?これでお終い?という、あっけなさではあるけれども、これはこれで良いんだろうな・・・と思えるラストでした。
以上

マリア役の女優さんが、スーザン・サランドンを柔らかくした様な、オドレィ・トトゥのお母さんのような、そんな風貌でした。

幸せパズル (2009/アルゼンチン=仏)
監督 脚本 ナタリア・スミルノフ
出演 マリア・オネット / ガブリエル・ゴイティ / アルトゥーロ・ゴッツ / エニー・トライレス / フェリペ・ビリャヌエバ / フリアン・ドレヘル
【2012/09/28 13:54】  コメント(4) | トラックバック(2) | 南米・ブラジル映画
TOP ▲HOME
 
<<「鍵泥棒のメソッド」今年NO1かも | ホーム | 「50/50 フィフティ・フィフティ」感想>>
コメント

最初のパーティのシーンだけは理解出来ませんでしたが、あとは「う~ん、わかるな~」ってところが多かったです。
ドイツには行かず、家庭に残ったというのは、ある意味打算的なのか、落ち着くところに落ち着いた、というのか。
色んな観方が出来ますよね。
こに  【 編集】  URL |   2012/10/01 19:10   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
確かに最初のパーティシーンは、日本じゃ、あそこまでは無いですよねー。

> ドイツには行かず、家庭に残ったというのは、ある意味打算的なのか、落ち着くところに落ち着いた、というのか。
う~ん、やっぱり一緒にドイツ行っちゃった日には、あの優しい旦那さんとの仲良し夫婦を続けられなかっただろうし(奥さん的には不倫と両立させられたと思うんだけど、バレたら旦那さんは、もう奥さんを以前と同じに愛してはくれなくなるという意味で) 息子達もお母さんに失望しちゃったかもしれないし・・・。大切なものを壊すリスクを考えるとドイツには行けなかったんじゃないかな・・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/10/03 17:51   |  TOP ▲ |


またお邪魔します(^^ゞ

魚の形をしたサラダ、ありましたね。
すごい~・・って思いましたよ。
そんな手の込んだ事を器用にやる所も、良き家庭人、兼、ジグソー向き!
だったんでしょうね。
その一方で、日々の平凡な仕事でも、そこに自分なりの楽しみを見つけられる人なんだなぁ・・って印象もあって。
なので、やっぱりあのラストは、ああなって当たり前だったのかもしれないですね?
見てる側からしたら、ハジけまくって欲しかった気もしたけど。(←無責任な・・笑)
主婦としての現実に共感する所が色々あったので、ちょっとした事に結構考えさせられました。

女優さん、ホント、サランドン似~。
サランドンみたいには、イケイケにはならんかったけど・・(↑サランドンのイメージって・・笑)
つるばら  【 編集】  URL |   2014/10/08 11:54   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちは!
お返事遅れてしまって、すいません。
気がついたら、今日はもう16日じゃありませんか!!

> 見てる側からしたら、ハジけまくって欲しかった気もしたけど。(←無責任な・・笑)
そうなのよねー。現実的に生きている自分だから、こういう映画とか小説とか、はたまた芸能人などは、思い切りはじけまくって、おおおー!という波乱万丈な道を選んでもらいたい(^^ゞ

> サランドンみたいには、イケイケにはならんかったけど・・(↑サランドンのイメージって・・笑)
ぷふふ。確かに。
彼女って実生活も、イケイケなのかな?
latifa  【 編集】  URL |   2014/10/16 14:16   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1090-d4c6c935

映画・幸せパズル
読書と映画とガーデニング (2012/10/01 19:12)
2010年 アルゼンチン・フランス原題 ROMPECABEZAS(英題 PUZZLE) ROMPECABEZAS話し言葉ですが「難題」という意味もあるようです 邦題は映画の奥


幸せパズル
rambling rose (2014/10/08 11:56)
夫と息子達に囲まれ毎日忙しく暮らす50歳の専業主婦マリア。しかしそんな日々に一抹の物足りなさを感じていた彼女は、たまたま誕生日にプレゼントされたジグソーパズルにハマってしまう。


| ホームTOP ▲ |