「約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語」感想
クジラの島の少女、スタンドアップのニキ・カーロ 監督作品ということもあって、レンタル。
51O855RUlrL__SL160_.jpg
借りて来て知ったことには、キャストがこんなに豪華だったなんて。
ジェレミー・レニエ(ある子供、夏時間の庭、幸せの雨傘)が主役。
久しぶりに見た、ギャスパー・ウリエル!堕天使役。彼、最近あまり映画に出演してないのかな・・・(出演してる映画が、日本で公開・DVD化されてないだけか?)
ヴェラ・ファーミガさん、お美しい!!こういったちょっとハイソな気品のある役がぴったり。
ギョエッ!な手術シーンにはびっくりしたけど、裸の上半身(上向きに寝た時の胸)が綺麗~~!!

妻役のケイシャ・キャッスル・ヒューズ。あの「クジラ島の少女」が、あっという間に大人になっちゃって・・・絶句です・・。クジラが2002年で、これが2009年だから、7年しか過ぎてないということは、まだ20代前半よね?
と、調べてびっくり、1990年産まれ。まだ22才?! 早くに結婚・出産されていたのは知っていたけれど・・。う~ん、彼女の裸の上半身は見せない方が良かったのではないかしら・・・。

主要な役者さんがフランス人で舞台も多分フランスなのに、英語なのがな・・・。
レニエはちゃんと年を取って行くのに、女優陣が若いまんまなのも気になったな。
でも、ワイン作りに捧げた男の一生と、天使との関係?をミックスするという、一風変わった内容で、普通に面白く見れました。3つ★

なんだか中盤まで、あのご夫婦の色っぽいシーンがムダに多い・・・。それに反して、主人公と領主マダムは、友情の様な特殊な関係を続けて来たのが良かったのに・・・。最後の方で結局、一線を越えてしまったのが、ちょっと残念・・。
まあ、主人公のレニエ氏は、良い人生だったのではないでしょうか。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
なんと!天使が翼をもいで、人間として生きることにし、ワイン作りをするって・・・。これは全く想像もしてなかった展開でした。どーなるんでしょうか??ギャスパー君、魅惑の微笑みで、地主のヴェラさんに取り入るのも間近な予感・・。レニエさんとヴェラさんより、ギャスパー&ヴェラさんのラブシーンの方が美しそうで見てみたかったかも。以上

音楽が素敵でした。これは、あのグスタボ・サンタオラヤさんか?と思いきや、アントニオ・ピントさんという方でした。

約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語 (2009/仏 ニュージーランド)
監督 脚本 ニキ・カーロ 原作 エリザベス・ノックス
出演 ジェレミー・レニエ / ギャスパー・ウリエル / ヴェラ・ファーミガ / ケイシャ・キャッスル・ヒューズ / ヴァーニャ・ヴィレール
【2012/10/16 09:12】  コメント(8) | トラックバック(3) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「最強のふたり」感想 | ホーム | 「TIME/タイム」感想 >>
コメント

先にこちらにコメするね。
そうそう・・
クジラ島の少女・・・大人になったよね
もはや少女ではないし…笑
私も裸はう~~んだったな。
昔のイメージを引きずっていたからね。
そして天使♪
ファンタジックな天使が絡むなんて
想像もしていなかったよ。
魅力的な天使だったよね・・笑
あの羽のバタバタ感が
やけにリアルでいまだ印象的☆
ちょっとそばに来たら怖い感じでもあるけど
好きなことに情熱をもって
一生をかけることができたって本当良い人生だよね・・・

みみこ  【 編集】  URL |   2012/10/16 17:29   |  TOP ▲ |


こんにちは~。

ギャスパー君の天使は美しかったけど、ラストの展開がねぇ~~。
彼の存在がファンタジックだっただけに、そのまま終って欲しかったかな(^_^;)
ジェレミー・レニエって、顔がイガつくて苦手なのよ(爆)
オリーブリー  【 編集】  URL |   2012/10/17 12:59   |  TOP ▲ |


そうそう。これも英語だったんですよねー。
私の場合、非英語圏制作の映画が英語で作られている場合、満点にはならないんですね。どうにもリアリティに欠けるでしょう?
とは言っても恐らくは、英語圏で鑑賞してもらうことを考えて、リメイクの必要もなくしたいからそうしている訳なんだとは思うのですけどね。
そう考えると日本はオリジナルもリメイクも時間が経てば観賞できる、恵まれた環境ですね。

さて本作。天使くんがもう仰天(笑)
この発想はさすがにフランス映画だなあと妙に感心しました(汗)
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2012/10/19 07:50   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんばんは!
女の子の10代前半~の数年間って、凄い大きい変化があるよねー
男の子もか・・・。
裸は、ちょっとショッキングだったよ・・・
こんな事言っちゃなんだけど、若い女性の胸とは思えなかった・・。
17才だかでご出産も経験されていたらしいから、、、しょうがないのかな・・
彼女よりも一回り年上のヴェラさんが、凄く綺麗な胸?を披露しちゃったから、なおのこと・・。

主役のレニエさんて、フランス人なのに、なんだろう?時々ジャッキーチェンに重なる時があるのよね。
みみこさんは、もしかしたら、結構レニエさん、お好きなんじゃないかな^^
こういう人って、凄いハンサムとかってわけじゃないんだけど、意外とモテるんだよねぇ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/10/19 20:00   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんにちは!
ぐふふふ☆
そうなのよね、レニエさん、、、なんていうか、おフランスというより、北京原人系(失礼!お許しを)だよね・・・最近の日本男子も、すらっとスタイル良い子が多いから、うわ~短足だしスタイル悪いな、、頭デカイな・・・って、つい気になっちゃうのだよ・・・。

なんかフランスの俳優さんで、美男子さんって、最近全然見かけない気がするんだけど・・・
誰かいたっけな・・・?
味のある俳優さんも良いけど、最近ハンサムな美しい俳優さんって、少なくなってきちゃったよね、、
悲しいなあ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/10/19 20:31   |  TOP ▲ |


roseさん、こんばんは!

> 私の場合、非英語圏制作の映画が英語で作られている場合、満点にはならないんですね。どうにもリアリティに欠けるでしょう?
 私も、そこは重要視しちゃうんです。気になっちゃいますよね。

ギャスパー・ウリエル君って、なんでこんなに出演作少ないんだろう?
特にファンってわけじゃないけれど、人間美しい時期は短いのに・・もっと綺麗な時に一杯映画に出てフィルムに焼き付けておかないと勿体ないのになー。

PS 「ものすごくうるさくて~」は、先日コメント書く前に、roseさんの感想を拝見してましたー^^
コメント受付を、うち切っちゃってる~(^^ゞ くふふ・・・
近々私が感想アップしても、今回はスルーしますねー
latifa  【 編集】  URL |   2012/10/19 20:36   |  TOP ▲ |


>コメント受付を、うち切っちゃってる~
あはは~すいませんですー。
最近は世間様が絶賛でも自分が無理なのとか、その逆(自分だけ神映画)だとコメントもいちいち返すのが大変なので(汗)
だったらお互い省エネで行きましょうよ~って感じです(笑)
さてlatifaさんはどうでしたでしょうか?拝読しますね。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2012/10/23 17:04   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
> 最近は世間様が絶賛でも自分が無理なのとか、その逆(自分だけ神映画)だとコメントもいちいち返すのが大変なので(汗)
解る~~!!
私もそういう時は、ひっそりと・・・(^^ゞ
自分だけ神映画っていうのは、最近出会って無いな~
そういうのって、なんだか自分だけの特別な作品って感じで、結構印象に残るんです。
latifa  【 編集】  URL |   2012/10/25 09:41   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1093-11f7241c

約束の葡萄畑~あるワイン醸造家の物語 (試写会)
風に吹かれて (2012/10/16 13:07)
ワインの味は造り手そのもの公式サイト http://yakusoku-wine.com10月23日公開原作: “The Vintner's Luck”(エリザベス・ノックス著)監督: ニキ・カーロ 「


約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語
ちょっとお話 (2012/10/16 17:30)
約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語  (2009  フランス・ニュージーランド) THE VINTNER'S LUCK 監督: ニキ・カーロ 製作: ローリー・パーカー ニキ・カーロ


『約束の葡萄畑 あるワイン醸造家の物語』 (2009) / ニュージーランド・フランス
Nice One!! @goo (2012/10/19 07:45)
原題: THE VINTNER&#039;S LUCK 監督・脚本 : ニキ・カーロ 原作 : エリザベス・ノックス 出演 : ジェレミー・レニエ 、 ギャスパー・ウリエル 、 ヴェラ・ファミーガ 、 ケイシャ・キャッス...


| ホームTOP ▲ |