「少年と自転車」感想
面白かったです。4つ★
ただね・・・ここまで寛容で優しい人って、いるかな・・・?
00
過去に何かあって・・・のことなんだろうか?
そこらへんが全く解らないので、いないよなぁ~こんな人、なかなか・・って思ってしまって・・・。

とはいえ、冒頭から最後まで、ずっと引きこまれて見せて頂きました。
お金がかかってないだろう映画だし、大げさなセリフとか、奇をてらった処などない内容なのですが、こうやって見入ってしまうシナリオと撮影力は、さすがーと思わせられました。
基本的に、こうやって少数の人をじーっと見据えて見せてくれる映画が私は好きなので・・・。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
彼氏をシリルの為に捨て?て、これから賠償金も分割で払い・・・。
ここまでの深い愛情と慈悲の心と、行動力を持たないと、シリルのような人間を救えないともいえるんだな・・・
普通出来ないよなぁ~!!
ラスト近く、シリルが襲った息子の方が、ユルサン!って追っかけて来て石をぶつけ、木から落ちた時、まさか死んじゃったの?と思いきや、すくっと立ち上がったのは笑ったー!
以上

サマンサ役の女優さんは、セシル・ドゥ・フランスだったことを映画見終わって気がついた次第。映画によって全然違って見えるわー。凄い女優さんだ・・・。性格良いって感じがにじみ出てる。
父親には、以前にも子を捨てる役で出てたジェレミー・レニエ。
本当に映画に引っ張りだこですね。先日「約束の葡萄畑」で偶然見たばかり。
タルデンヌ監督作品の中では、かなり明るい未来を感じさせられるラストでした。

少年と自転車 (2011/ベルギー・フランス)
Le Gamin au Velo
製作 監督 ジャン・ピエール・ダルデンヌ / リュック・ダルデンヌ
出演 セシル・ドゥ・フランス / トマ・ドレ / ジェレミー・レニエ / ファブリツィオ・ロンギオーヌ / オリヴィエ・グルメ(ちょい役で出てましたね、ちょっと痩せたかな)
【2012/11/03 18:32】  コメント(6) | トラックバック(3) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「デビルズ・ダブル ある影武者の物語」感想 | ホーム | 「サラの鍵」感想>>
コメント

ジェレミー・レニエくんっていうのは、こういう薄情な役が似合いますね。
彼に食らいついていく少年が余計に哀れに見えました。

少年の、自転車を漕ぐ様子が危なっかしくて、男の子だなあと思わされます。
こんなにも親が恋しい、施設で帰って来ない親を待ち続ける子たちの気持ちを思うと、胸が潰れそうになりました。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2012/11/03 22:06   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
少年、可哀想で見ていて胸が痛かったです・・・。
父親から避けられているのも、迷惑がられているのも、見ているこっちにはビシバシ伝わって来るのに、少年はそれを認めたくない、そんなはずない、って感じで、も~ひたすら追い求めるんだもの・・・。
はぁ~~っ・・・。

ご近所に住む、不良?チンピラの兄ちゃんから、親切にされて、悪の道にズンズン入ってしまう様子も、日本とフランスと変わらないなぁ~って思いました・・・。

あの少年の演技(素にしか見えない!)は演技してるって感じじゃ全然なかったですよね・・。
latifa  【 編集】  URL |   2012/11/04 21:42   |  TOP ▲ |


確かに、サマンサの強さは半端じゃないですね。
シリルの孤独がビシビシと伝わってきて、辛いくらいでした。
こに  【 編集】  URL |   2012/11/05 20:56   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
サマンサ、マリア様か、神様か?ってくらい、寛容で優しい人でしたね・・・。
シリル、可哀想で見てられませんでした・・・。
赤い服がとても印象的でした・・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/11/06 15:11   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!

じっくりと人物を見せてくれた映画で、良かったですね。
私も、サマンサのような人は現実的じゃないと思うのよね。
これは理想の具現化と言うか、
親じゃなくても、里親にまでならなくても、
温かい視線で傍にいてくれる大人・・・という存在と取りました。

ラストもまたいつものダルデンヌ監督のやり方で、バッサリ終わってたね(≧ε≦)
どういう意味かとまた考えさせられちゃったわ。
YAN  【 編集】  URL |   2012/12/14 17:27   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
やっぱり、サマンサは理想像で・・・って思われましたか。
こんな優しい人、それぞれ誰かの側に一人いてくれたら、世の中、酷い事件や、とことん悲惨な悪事は起きない気がするわ~。
特に少年少女の側には、家族でも家族以外でも、こういう存在がいて欲しいなー。
難しいと思うけど・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/12/16 10:07   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1100-64f0da5f

『少年と自転車』 (2011) / ベルギー・フランス・イタリア
Nice One!! @goo (2012/11/03 22:03)
原題: LE GAMIN AU VELO/THE KID WITH A BIKE 監督: ジャン=ピエール・ダルデンヌ 、リュック・ダルデンヌ 出演: セシル・ド・フランス 、トマ・ドレ 、ジェレミー・レニエ 観賞劇場: ル...


映画・少年と自転車
読書と映画とガーデニング (2012/11/05 20:54)
2011年 ベルギー、フランス、イタリア原題  LE GAMIN AU VELO 映画館で一緒になった女性誰だったかしら?あ、別のミニシアターの受付の人だ そりゃ、そうよね映画好きだから映画館で働...


少年と自転車
RockingChairで映画鑑賞 (2012/12/14 17:29)
こんな大人が傍にいれば、 子供は安心を得て、真っ直ぐに成長していける。 ダルデンヌの世界、健在。 カンヌ国際映画祭受賞作品。 LE GAMIN AU VELO THE KID WITH A BIKE 監督:ジャン=...


| ホームTOP ▲ |