「それでも、愛してる」 感想
豪華なキャスティング。
この日本タイトルはいかに・・・。3つ★
51+MHzZx7dL__SL160_.jpg
う~ん・・・内容とか全然違うけど「ラースと、その彼女」では、ちょっと突飛な主人公の行動?を、回りの人の目がとても優しく見守ってくれていましたよね・・・。実際には「ラース」よりも本作の方が、まっとうな世間の反応だとは思うけど・・
でも、奥さんは、もうちょっと受け入れてあげれば・・・?って思いました。

鬱病で家族関係が破綻して仕事も出来ない状態から、ビーバー人形を介してなら、コミニュケーション取れる様になったんだから、しばらく数年は(いや・・・場合によっては一生でも)そのままで良いよ、って風には出来なかったんでしょうか。

子供役には、ターミネーター4に出てた少年が。ちょっと大人になっていましたね。彼は父に似ている部分を嫌悪し、壁に張り出している始末。そして学校では他の生徒になりきってレポートを書くというプチアルバイト?をしています。同じ学校のチアガールでもあり優等生の女子からレポートを頼まれ・・・

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
結婚記念日に夫婦でディナーという時にもビーバーを手放せない夫に、うんざりする妻・・。(この妻もねぇ、、もうちょっと寛容になれないのかなあ)
ビーバー人形にに支配されてしまっている感を強めたウォルターは、なんと!!自分の左腕を切り落としてしまう。ショッキングでした。まさかこういう展開になるとは・・・。
以上

それでも、愛してる (2011/米)
The Beaver
監督 ジョディ・フォスター 脚本 カイル・キレン
出演 メル・ギブソン / ジョディ・フォスター / アントン・イェルチン / ライリー・トーマス・スチュワート / ジェニファー・ローレンス / チェリー・ジョーンズ
【2012/11/18 10:17】  コメント(4) | トラックバック(2) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<2012年見た日本映画色々まとめて・・・ | ホーム | ハリウッド版「ドラゴン・タトゥーの女」 感想>>
コメント

奥さんは、夫がビーバーに乗っ取られていることを感じていたので受容れ難かったのではないか、と思いました。
メル・ギブソンはもう大丈夫なのかなぁ~。
こに  【 編集】  URL |   2012/11/18 11:05   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
> 奥さんは、夫がビーバーに乗っ取られていることを感じていたので受容れ難かったのではないか、と思いました。
あ、そうかー・・・。
それにしても、あの夫婦、元々良い関係だったのかどうか、あまり描かれていませんでしたよね。

メル・ギブソン、かなり老けられたな~という印象でした。
latifa  【 編集】  URL |   2012/11/20 17:01   |  TOP ▲ |


観たけど、もう内容忘れてます・・・。
確かとっても気持ち良くて睡眠してしまったんだわ。
シネスイッチって睡眠率高いかも(苦笑)
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2012/11/29 09:12   |  TOP ▲ |


roseさん、こんばんは!
ぷふふ^^
> シネスイッチって睡眠率高いかも(苦笑)
私も大きな大劇場よりも、少し小さめの映画館の方が、何故か眠くなる気がします・・・。
でもね、大きなシネコンで、大音響なのにもかかわらず、私はハリーポッターの2,3、両方寝てしまった経験があるんです。以後4からは劇場鑑賞しなくなりました。
別に面白くなかったわけじゃないのに(ハリー2,3はレンタルdvdで再見)何故だろう・・
latifa  【 編集】  URL |   2012/11/30 18:15   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1101-60417063

映画・それでも、愛してる
読書と映画とガーデニング (2012/11/18 10:59)
2009年 アメリカ 原題 The Beaver なんてつまらない邦題をつけたものでしょう というのは鑑賞後に思ったこと 父親が創業した玩具会社を受け継いだ男ウォルター・ブラック(メル...


2012年7月 観賞記録
Nice One!! @goo (2012/11/29 09:11)
7月1日(日) 『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』 『きっと、ここが帰る場所』 異形にも近いようなシャイアンの風貌は、元ロックスターという設定ゆえなんだろうけど、さすが


| ホームTOP ▲ |