「ベアーズ・キス」感想
確かにクマっぽい・・^^
r081884326L.jpg
ずっと見たかった作品、やっと宅配DVDサービスで見ることが出来ました。
思えば、セルゲイ・ボドロフ監督つながり、かつ若くして亡くなってしまった息子さんが出演しているということで、興味が涌いたのでした。

なんというか、無国籍感漂う、他には無い感じの映画で、面白かったです。4つ★
ロシアとフランス要素を基本に、世界各国を旅芸人として回るせいもあり、スペイン色も追加されたりして、結構ワールドワイド?な作品ですね。

思いがけず、主役の女優さんのお顔が、好み!!
ちょっと「レオン」の時のナタリーポートマン的な、ロリータが若干入った美人さんです。ただ、足が・・太い(すいません)
お肌が白くてもち肌で、この美貌、なのに、この幼児体型?のアンバランスさが、この映画、旅芸人サーカス団の孤独な夢みがちな少女という設定に、とてもピッタリでした。

で、クマ役が、監督の息子さん。
格好良くは無いんだけど、素朴で浮世離れした雰囲気のある俳優さんで、どことなくクマっぽい。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
最後、どうなるのかな・・・と思ったら、なんとクマを森に逃がした後、女の子も熊になれちゃったみたいで、2匹で走って行った^^良かったねー 以上

ベアーズ・キス (2002/独・露・スペイン・仏) Bear's Kiss
監督 脚本 セルゲイ・ボドロフ
出演 レベッカ・リリエベリ / ヨアヒム・クロル / セルゲイ・ボドロフJr. / キース・アレン / マウリツィオ・ドナドーニ / アンヌ・マリー・ピサーニ / マルチェラ・ムッソ
ところで、思いがけず、「暗い日曜日」「プリンセス・アンド・ウォリアー」に出演していた、ヨアヒム・クロルが出演していました。

(内容・あらすじ) サーカス団の少女ローラは、ある小熊(ミーシャ)を飼って、非常に可愛がる、
ある夜、ローラが檻に入っているミーシャの様子を見に行くと、何故かその檻の中には見知らぬ裸の青年がいた…。
【2013/05/16 10:41】  コメント(6) | トラックバック(2) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「悲しみのミルク」感想 | ホーム | 「サンザシの樹の下で」感想>>
コメント

お早うございます。

latifa-さんの解説を読んだら
またまた見たくなってしまいました、
…が、うちの近所のTSUTAYAレベルには
なさそう…(T_T)です。

サムネイル画像でも、ナタリー・
ポートマンか?と見間違うほど、
似ていますね。

いつか、TVで放映してくれないかなぁ。
寝湖世  【 編集】  URL |   2013/05/18 06:32   |  TOP ▲ |


寝湖世さん、こんにちは!
そうなんですよ・・・・私もこの映画を探したとき、近所のレンタルショップには全然なかったんです。
結局ゲオの宅配DVDで在庫があるのを知って、今度まとめて借りるときに・・・ってリストに入れておいたのを、やっとこのたび借りることができたんです。
深夜などで、ひっそり放映してくれると良いのですが・・・。

ナタリーポートマンにお顔は引けを取っていない美人さんですが、実はこの時、もう結構ちゃんとした大人の年齢だったと知って、びっくりしました。
中学生か高校生くらいだとばっかり思っていたので・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2013/05/18 10:47   |  TOP ▲ |


反応遅くてすいません!!

覚えてます、覚えてます。
なんとも不思議なファンタジーでした。
この監督の「コーカサスの虜」ってのが印象的でした。

サーカス独特の無国籍な感じが、にじみ出てた、とにかく不思議な雰囲気で、小品でしたが、印象に残ってます。
その後、息子さんが亡くなった・・という話もどっかで聞いた覚えがあります。
ちょっと影薄かったかもね。
思い出させてもらって、ありがとうです。
sakurai  【 編集】  URL |   2013/05/21 14:57   |  TOP ▲ |


sakuraiさん、こんにちは!
いえいえ、私ものんびり~やってますので、お気遣いなく^^

> この監督の「コーカサスの虜」ってのが印象的でした。
私、未見なんですよ・・・。
モンゴルは見ましたが、その後は新作を見ていない気がします・・・。
ロシア映画って、それだけで何かそそられるものがあるので、今度コーカサス~見てみますね。
latifa  【 編集】  URL |   2013/05/24 11:15   |  TOP ▲ |


異国情感漂うお話でしたね
どこか一箇所の国に限定してしまうことのできないような、ほんと「異国」という感じ
朴訥でのそっとしてる「熊」役の息子さん、凄くいい感じの雰囲気をもっているのに、亡くなってしまっているとは残念ですね
ヒロインを演じた方は少女ではなく、れっきとした大人の女性だったんですね~
maki  【 編集】  URL |   2013/07/18 21:04   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
おおおーこの映画、ご覧になられたのですね。
なんというか、マイナーな作品ながらも、妙に個性的というか、変わった映画で印象に残る映画というか・・

そーなんですよね、あのヒロインの女性、少女性のある女優さんですね。
大人とは思えない、なにか、こう永遠のロリータというか、、、そういう感じは結構好きです♪
現在はどうされているのかな・・・
latifa  【 編集】  URL |   2013/07/20 12:18   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1124-f98b9a31

ベアーズ・キス
迷宮映画館 (2013/05/21 14:58)
サーカスのブランコ乗りの少女、ローラは静かなちょっと淋しげな女の子。親を失った熊のミーシャを飼う事になる。自分の一番の友達はミーシャ。自分の気持ちを理解してくれるのもミ...


ベアーズ・キス
いやいやえん (2013/07/18 21:00)
概略は夢見る感じだけれど、全体に物悲しい雰囲気が漂うのは、舞台が落ちぶれたサーカスで、孤児で身寄りのない少女と、母熊を殺されサーカスに買われてきた小熊のお話だからかな?...


| ホームTOP ▲ |