「ちゃんと伝える」感想
公開順番でいうと、「愛のむきだし」と「冷たい熱帯魚」の間に発表された映画だったんですね。
tutaeru.jpg
本作は、他の作品とは違って、過激とか、エログロとかが無いナチュラルな映画でした。
地味だけど、心にじんわり来る系で、安心して見れて嫌いじゃありません。3つ☆半
園監督お馴染みの役者さんが一杯出演していました。

園監督の出身地が舞台だそうです。AKIRAが走って通勤するのは、豊川市から豊橋市までらしい。
他にも、高校は園監督の母校で、ご実家の台所を使っての撮影だったそう。

園監督のお父さんっていうのは、凄く厳格だったんだろうなぁ~というのが、今まで幾つかの作品を見て来て思っていました。
これは監督自らの思いを込めたプライベートな作品だったんでしょうね。インタビュー記事を読んだところ、やっぱりお父さんを亡くされた事がきっかけで本作を作るに至ったらしいです。お父さんは英語の先生だったそうな。こちら

ちゃんと伝える (2009/日)
監督 脚本 園子温
出演 AKIRA / 伊藤歩 / 高橋惠子 / 高岡蒼甫 / 奥田瑛二 / 吹越満 / 綾田俊樹 / 諏訪太朗 / 佐藤二朗 / でんでん

内容・あらすじ
厳格だったサッカーのコーチだった父が倒れ、余命いくばくかだ。そんな時、自分も胃ガンで、もしかしたら父より早く死ぬかもしれないと解り・・・。
【2013/05/28 12:03】  コメント(0) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「秒速5センチメートル」感想 | ホーム | 「るろうに剣心」面白かった>>
コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1128-620f7c85

| ホームTOP ▲ |