「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」感想
登場人物が沢山いるのに、混同せずに済むのが凄い。3つ★半
aeead360c92852a9b6a6eda8bda83541.jpg
幾人かのエピソードが出て来ますが、検事のゲイのオジサマのエピソードが良かったかな。
まだ若き頃に、2人の関係がバレてしまい、彼や彼の親だけが不利益な目に遭い、自分は何もできずに、それっきりになってしまった。そのインド人の彼に、何十年ぶりかに会いに行く。
彼には奥さんがいて、それなりに穏やかで幸せな人生を送れていたということが解る。むしろ自分の方が、その後の長い人生ずっと檻の中に閉じ込められていた、という、これだけで一本映画を作れそうなお話だったなぁ。
気が抜けたのか、ぽっくり逝っちゃいましたね。それで良かったのかも。あの後、復縁するのも奥さんが可哀想だしね・・・。

「スラムドッグ・ミリオネア」の主役のインド人青年を、久しぶりに見ました。ちょいと軽い男で、どこに魅力があるのかよく解らんキャラでした。彼女役のインド人の女優さんが可愛い。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
なんぼ夫婦仲がうまく行ってなかったとはいえ、妻だけ帰国し、夫は残って、ジュディ・デンチと良い仲になるって・・、そういう展開は・・・。なぜに2人がそこまで惹かれ合ったのか・・・も解らないしなあ・・・。 死にかけてる風貌の車椅子のおばあちゃんが、最後にあんなハツラツとホテルで働くってのが、全く想像が出来なかったな。でもおあのおばあちゃん、人種差別が、はなはだしくて、そういうのって、簡単に変わらないだろうし・・微妙だなぁ。
あと、女好き爺さんが、結構素敵な奥様とトントン拍子にくっつき、その後も関係が持続してるってのも?ですが、ご愛嬌って事かな。
2人の交際に強く反対していたお母さんが、最後に急に(自分も若い頃そうだったのね?)認める様になるっていう安易なストーリーは少々残念。
以上

まあ、でも面白く見せていただきました。
インド、ジャイプールあたりの、古い朽ちた宮殿風ホテル。素敵ですねー!
ジャイプールには20年前に行った事がありますが、ITに強くなった現在も、やっぱり町並みとか雰囲気は、この映画で見る限り、あまり変わってないのかな?^^

マリーゴールド・ホテルで会いましょう (2011/英)
The Best Exotic Marigold Hotel
監督 ジョン・マッデン
出演 ジュディ・デンチ / ビル・ナイ / ペネロープ・ウィルトン / デヴ・パテル / セリア・イムリー / ロナルド・ピックアップ / トム・ウィルキンソン / マギー・スミス / テーナ・デサイ / シド・マッカー / ヴィシュヌ・シャルマ / リレット・デュベイ / シーマ・アズミー
【2014/02/01 11:00】  コメント(2) | トラックバック(2) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<「悪いやつら」感想 | ホーム | 「終戦のエンペラー」感想>>
コメント

おはようございます。

実力派の熟年俳優さんたち、さすがの演技でしたね。
みんな円熟の境地~♪安心してみてられました。

インドの若者カップルも彼らの中で新鮮な感じ!!
何十年も連れ添った夫婦でもああいうことあるのねぇ。退職するまではお互い仕事や子育てや・・・いろんなことに追われて見えてなかった部分が、インドと言う新天地でいろいろ見えてきてしまったのかなあと感じました(たぶん、それまでにたまっていたこともある!?苦笑)

うちの主人、あと2年で退職予定ですが・・、大丈夫かな(爆)なんて思いつつ観ました。

郷に入っては郷に従え、いくつになっても新しいことにチャレンジできる軽やかな心っていいなあ。




  【 編集】  URL |   2014/02/23 10:14   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
長年連れ添った夫婦でも・・・って、考えちゃうよねー。
インドに来なければ、あの夫婦は、ああならなかったかもしれないしね。
夫の方は、第二のワクワクした人生を歩みだしそうだけど、妻の方は大丈夫かな・・・。

そうっかー、瞳さんの旦那様、あと2年なのね?
どこかご夫婦で旅行されたり、何か予定とか立てているのかなー。
家は、あと9年だよ。
まだ全然先の事を考えてなかったけど、考えた方が良いのかな。

> 郷に入っては郷に従え、いくつになっても新しいことにチャレンジできる軽やかな心っていいなあ。
うん、うん!同感。
latifa  【 編集】  URL |   2014/02/25 11:47   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1140-19ad8162

マリーゴールド・ホテルで会いましょう
風に吹かれて (2014/02/01 23:46)
人生はまだ終わっていない郷に入っては郷に従え公式サイト http://www.foxmovies.jp/marigold原作: マリーゴールド・ホテルで会いましょう (デボラ・モガー著/ハヤカワ文庫)


「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」
Slow Dream (2014/02/23 10:15)
マリーゴールド・ホテルで会いましょう [Blu-ray](2013/08/02)ジュディ・デンチ、ビル・ナイ 他商品詳細を見る 「神秘の国インドの高級リゾートホテルで、穏やかで心地よい日々を」 心惹かれると謳い文句と美しいガイド写真にひかれて、インドにやって来たイギリス人男女7人。 夫に先立たれた未亡人イブリンをはじめ、それぞれの事情を抱えやってきた彼らを待ち受けていたのは...


| ホームTOP ▲ |