「横道世之介」感想
大好きな小説が、良い感じで映画になっていた^^4つ★半
yokomichi.jpg
吉高さんが、実は苦手でした。
苦手になっちゃったのは、TVドラマのガリレオ見て以来なんですけれども・・・
だから、この映画を見るのがちょっと怖かったんです。小説が大好きだっただけに。
でも、その心配は不要でした。吉高さんは祥子ちゃんにピッタリでしたし、ガリレオがたまたま苦手だっただけかもしれないと思いました。

主役の高良君は沖田監督のお気に入りなんだろうなー。
私がイメージしていた世之介よりカッコよかったけど、わざと、ちょっと垢抜けないパーマ頭で、カッコよさを消す努力をされていたせいか、普通の人に見えました。そういや、このカップル、昔「蛇とピアス」でもカップルだったな。
あと、綾野剛さんは、この役にピッタリでした。

沖田監督の映画は、南極料理人、キツツキと、両方とも面白かったので、本作も期待していましたが、期待通り、とても良かったです。原作の良さをそのままに、上手にまとめてくれていました。
ただ、いかんせん、上映時間が長いですね。2時間40分は。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
小説で一番涙腺が壊れたシーンは、大学で最初にできた友達が、彼女の妊娠で学校をやめ働くことになり、引っ越す。その時に世之介にお礼を言うところでした。
これは小説にあったか、どうか覚えてないのですが、映画版で一番微笑ましくて好きだったのは、世之介と祥子ちゃんが、相手の呼び名を、さんとちゃんを抜いて、よのすけ、しょうこ、って何度も言い合うところでした。以上

小説では、高校時代の世之介は彼女とHしまくる毎日だった事が、なにげに印象に残っていたのですが、映画では、そこはまるごとカットしてました。これは、カットして正解だったかも。小説を読んだときに、なにげに草食っぽいイメージのある世之介が、そんな高校時代だったとは!?と驚いたので・・。

実はこの映画の前に見たのが、インド映画の「きっとうまくいく」だったんです。くしくも、そちらも3時間弱で、大学時代を懐かしむ内容でした(^^ゞ

横道世之介 (2012/日)
監督 脚本 沖田修一
出演 高良健吾 / 吉高由里子 / 池松壮亮 / 伊藤歩 / 綾野剛 / 朝倉あき / 黒川芽以 / 柄本佑 / 佐津川愛美

小説版の感想
【2013/12/14 13:37】  コメント(4) | トラックバック(1) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「シュガー・ラッシュ」感想 | ホーム | 「天使の分け前」微妙・・>>
コメント

latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
これね~、今年の邦画ではベスト入り確定だわ!
原作の世界観が、沖田監督にピッタリよね♪
この映画(小説も)、実はちょっと個人的に思い入れがあるんだよね。

『きっと、うまくいく』は、あんまりだった?
私、すんごい好きだったよ~。大阪ではすごいヒットしたみたいでね、ずーっとロングランしてたわ。

で、もっと気になるのが↓『天使の分け前』、微妙、、★2つってマジですか?
感想はまだ読ませてもらってないんだけど。。
私、これ劇場鑑賞できなかったんだよねー。泣く泣く諦めたんだ。。
そうか、、微妙なんだ。。DVDで観れるかな~。
真紅  【 編集】  URL |   2013/12/15 18:21   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
そうっか、思い入れがあるのねー^^
そういえば、弟さんが・・っていうの、覚えているよ♪
学校といえば、この前日テレで9時からやってた、頭脳王選手権だか・・・見てたかな?
優勝に最後残った人たち、中村君だっけか?彼、数年前に高校生ウルトラクイズのに出てたよね!
2連勝した理3の子も、ウルトラ~に出てたらしいんだけど、なぜか覚えてないんだよな。
と、関係ない話を・・・(^^ゞ

> 『きっと、うまくいく』は、あんまりだった?
いやいや、面白かったよ! これから感想アップするよ☆

> で、もっと気になるのが↓『天使の分け前』、微妙、、★2つってマジですか?
うん・・・そうなんだよー
ケン・ローチ監督は好きなんだけどね・・・
真紅さんは大ファンだよね?
真紅さんもレンタルで見てー! どういうふうに思われるか、楽しみに待ってるわー。
latifa  【 編集】  URL |   2013/12/16 11:54   |  TOP ▲ |


昨日、コレ見ました。
ちょっと長いけど、この映画好きです。
会話が、ずれているけど、温かく日常が流れる感じ・・・
好きなところは、吉高さんの立派なお宅で、「俺たちつきあっているんだよね?」って、高良さんが聞くところ。
カーテンに隠れているのを、お手伝いさんが聞き耳をたてている、あの表情が。
たまたま、この映画の前に、「蛇とピアス」を見たので、こういう微笑ましいシーンを同じ役者がやっている所がすごく面白かったです。

ベトナム料理、すごくおいしそうですね~。
私はいつもチャレンジしないで、無難なものを繰り返して食べるので、見習おうかなって思います。
今は、また親知らずを抜いたので、柔らかいものばかり食べてますけど。
牧場主  【 編集】  URL |   2015/07/10 09:23   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
私もこのお話好きです☆
結構現実に周りの人にオススメしてるんだけど、見てくれた人(読んでくれた人)いないっぽい(^^ゞ

> 好きなところは、吉高さんの立派なお宅で、「俺たちつきあっているんだよね?」って、高良さんが聞くところ。
> カーテンに隠れているのを、お手伝いさんが聞き耳をたてている、あの表情が。
うふふふ^^ そのシーンは私も良く覚えています。
吉高さんが主役だから、大丈夫かな・・って(あんまり好みの女優さんじゃなかったから)心配したのだけれど、大丈夫だった!

> たまたま、この映画の前に、「蛇とピアス」を見たので、こういう微笑ましいシーンを同じ役者がやっている
そーーーーーーーなんですよね!
私もかつて、蛇とピアスを見たんだけど、いやー2人とも別人ですよ、びっくり。
そういや、蛇とピアスにARATAさんが出てて、そのころ、彼を久しぶりに見たせいもあって、ちょっと太った??って思ったのだけれど、その後またしゅっとして、日曜美術館とかの司会もしてたり・・・(嫌いじゃないけど、なんか好きでもない・・)、「ピンポン」の頃とは雰囲気凄く変わりましたねえ・・・。

親不知、お疲れ様でした・・(:_;)
1週間くらい、食事に苦労しますよね・・・。
ベトナム料理、辛いものはあまりないし、野菜もたっぷりだし、薄味のものが多いから、とっつきやすいですよ!
女性向きの料理な気がする・・。
あっさりしすぎていて、味気ないってことで、がっつり食べたい男子には不人気みたいです。
latifa  【 編集】  URL |   2015/07/12 11:31   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1171-dd2e803c

さよなら大好きなひと~『横道世之介』
真紅のthinkingdays (2013/12/15 18:10)
          1987年、バブル前夜の東京。長崎から上京してきた横道世之介(高良健吾) は、法政大学に入学する。同級生の倉持(池松壮亮)や加藤(綾野剛)と出逢い、 サンバ同好会に入った世之介は、天然お嬢様の祥子(吉高由里子)に好かれ・・・。  「青春小説の金字塔」 吉田修一の同名小説の映画化。とにかく、原作が大 好きで(昨年読んだ小説の中ではベストでした)、公開を心待ちに...


| ホームTOP ▲ |