「言の葉の庭」感想
風景や、雨・水の描写が、美しい!
kotonoha.jpg
ここまでの水水しい映像をアニメでやれるなんて、凄すぎる。
写真や実写よりも美しい様なシーンも一杯ありました。
そして、新宿の風景が、リアル過ぎて驚きます。
見慣れたはずの新宿が、あたかもニューヨークの様に感じられ、なぜかカッコ良い。
映像は本当に素晴らしい!
ただ、内容は・・・。

雨の日、会社をサボってビールとチョコを食べる28歳の女性と、授業をサボってやってくる男子高校1年生。
2人がそれぞれその時間を大切に思う様になり・・

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
なんと、男子高校生の学校の古文の先生だったとは。
先生を一方的に思う男子生徒がいて、色々良くない噂などで、先生は精神を病み、学校に行けなくなってしまったそうです。うーん。でも、まずいでしょう? さすがに先生が学校をしょっちゅうさぼって、ビールはまずい。
主人公の男の子は、高1なのに随分しっかりとして落ち着いた男子で、先生と恋仲になったとしても全然違和感ない。
しかしながら、なぜ高1?? 高2でも良かったんじゃないのかなー。
そして、最後の山場。部屋を出て行った高校生を追って、裸足のまま追いかけて、外階段のところで追いつく。
高校生が怒り気味に先生をなじるが、先生は彼に抱き付き、彼に救われていたと言う。
ここの高校生の先生へのセリフが、なんか・・・よろしくない・・・。
そして、その後2人は文通している様子。先生は故郷に戻り、そこで先生をしているみたい。
もしかしたら、2人また再会できる日があるかもしれないな。
以上

映像は本当に素晴らしいのに、セリフとかストーリーに???という処があって、非常にもったいない!!
監督は絵を担当するだけにして、ストーリーは別の人にお任せした方が良いのではないでしょうか?
せっかく、こんなに素敵な映像なのに、惜しい・・(:_;)

46分という短い映画ですが、見終わった後の、緑の爽やかな色合いが、暫くずっと残る感じです。
レンタルDVDには、新海監督や声優さんのインタビューが色々入っていました。
最後にかかる曲は、昔の大江千里の曲を、秦基博君に歌ってもらったそうです。

言の葉の庭 (2013/日) The Garden of Words
監督 脚本 新海誠
あらすじ 孝雄は靴のデザイナーになりたいという夢を持った男の子。
ある雨の日、授業をサボって、新宿御苑の東屋へと向かうと、缶ビールを飲みながら、すわっているスーツ姿の女性がいた。『秒速5センチメートル』の新海誠監督アニメ作品。



後日、新宿御苑の散歩に行って来ましたこちら 晴れた日でしたが(^^ゞ


【2014/04/23 13:48】  コメント(6) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「キッズ・リターン 再会の時」感想 | ホーム | 「ムード・インディゴ」感想>>
コメント

タカオとユキノを男女と見るか、生徒と先生と見るかで作品の評価は分かれますが、ただ私は国文科出身の新海監督の書く脚本は好きなので、これは普通に男女の作品として見ました。

あと高1である理由は、やはり去年まで中学生だった男の子が高校生になり大人の女性と出会うという流れを考えると、高2よりも新鮮度も純粋度も圧倒的に違いますからね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2014/04/23 23:17   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
私も男女として見ました。
生徒と先生っていうのは、最初全然知らなかったわけで、たまたま、そうだっただけですもんね。
年は離れていても、精神的に大人な高校生と、もろい感じの女性なので、年齢差はあまりないかも・・。

> あと高1である理由は、やはり去年まで中学生だった男の子が高校生になり大人の女性と出会うという流れを考えると、高2よりも新鮮度も純粋度も圧倒的に違いますからね。

なるほどー、そうでしたか。
自分が高1だった時の事を考えると、あまりにお子様過ぎて・・・
latifa  【 編集】  URL |   2014/04/26 14:23   |  TOP ▲ |


たしかに、にゃむばななさんの言うように、男女として見るか、
生徒と先生として見るかによって印象違いますね。

私は最初から年齢の違う男女としてしか見てなかったので、
若人の青春ってそんなこともあるよね、くらいだったのですが
この若造がなかなかに失礼で身勝手なことを言ってるのも、
この先生が甘っちょろいことを言ってるのもスルーして
自然に見れた気がします。

まぁそれは大人に憧れて背伸びしている高校一年生と、
大人としては幼くもろすぎる先生という、どちらもが
どこか一部欠けているという部分をお互いが補う存在だった
というところから物語が展開しているのかと。

そういう微妙な部分が描ける監督として今後も期待したいな、
と個人的には思ってたりします。
GAKU  【 編集】  URL |   2014/04/27 18:07   |  TOP ▲ |


GAKUさん、こんにちは!
GWいかがお過ごしでしょうか。
確かに新海監督は、おセンチな処があるかなーと思います(良くも悪くも^^)

> 私は最初から年齢の違う男女としてしか見てなかったので、
私もです。
先生の職業とか解らずに見ていたので・・
最初から、予備知識があって、先生と生徒というのを知ってみたら、また違った印象を受けたかもしれませんが。

> まぁそれは大人に憧れて背伸びしている高校一年生と、
> 大人としては幼くもろすぎる先生という、どちらもが
> どこか一部欠けているという部分をお互いが補う存在
おおおー!なるほどー!
でも、自分を含めて、どこかしら、年齢問わず、みんな人は一部欠けてたりするような^^

GAKUさんの奥さんも見ながら突っ込んでんですね、むふふ☆彡
latifa  【 編集】  URL |   2014/05/01 11:54   |  TOP ▲ |


こんばんは。
あ、確かに何度も学校の先生が授業サボってたらまずいですよね。私は、先生はすでに心を病んで学校に通えなくなっていて、その頃出会ったんだと思ってました。だから余計、先生だということを気付かずにいた設定だったんじゃなかったかな?

でもlatifaさんの評価、分かりますー。私はクライマックスが気に入らず、ものすごくガッカリしました。それ以外は結構良かったんですけどね。
とらねこ  【 編集】  URL |   2014/06/05 22:13   |  TOP ▲ |


とらねこさん、こんにちは!
とらねこさんちで、今では新宿御苑がお酒飲めなくなったと知りましたよー。
そうなんだー。

> 先生はすでに心を病んで学校に通えなくなっていて、その頃出会ったんだと思ってました。だから余計、先生だということを気付かずにいた設定だったんじゃなかったかな?

そうなんだと思います。
でも、あの時の服装とかは、これから学校に仕事に行こうというファッションでしたよね?そういう気持ちはありつつも、結局行けずに、(さぼって)公園に来てしまった・・・って風なのかな?って私は思ったんです^^

そうそう、ご存じかと思いますが、少し前に始まった、TVのZ会のCM(赤いメガネの女の子と男の子が受験頑張る系の)も、新海監督が作ってるとか・・。なかなか印象に残るCMだなーって思いました^^
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/08 15:19   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1186-cf346e0d

『言の葉の庭』
こねたみっくす (2014/04/23 23:17)
雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ 万葉集・孤悲の物語を現代の東京を舞台に新海誠監督が映像文学として作り上げたこの作品は、美しさの中に淋しさを内包しつつ ...


人も景色も、闇の部分があるからこそ光の部分はより鮮明に ─ 言の葉の庭 ─
Prototypeレビュー (2014/04/27 17:58)
─ 新海誠監督 『言の葉の庭』 ─ 前作『星を追う子ども』が完全にジブリケチャップ味になっちゃったので、そのジブリの呪縛から解き放たれた新海監督の新作『言の葉の庭』は、キ ...


雨の季節に見たい映画 [映画]言の葉の庭
日々の書付 (2016/11/21 22:31)
雨の季節にぴったりの映画「言の葉の庭」鑑賞。雨って、こんなに美しいものなのかと、何気ない風景にも感動してしまう、美しい映画でした。 言の葉の庭 あらすじ 六月、高校生のタカオは雨の日の午前は公園で靴のデザインを考える。ある日、公園の東屋で朝からビールを飲んでいる女性、ユキノに出会う。 その日からふたりの不思議な雨の逢瀬がはじまった。靴職人を目指し、複雑な家庭環境に大人びたタカオ...


| ホームTOP ▲ |