「ウォールフラワー」感想
主役の3人を演じたそれぞれの役者さん達が、とても良かったので、良作になっている気がします。4つ★
51c.jpg
主役のチャーリーを演じた俳優さんは、私は初見だった(バタフライ・エフェクトにも出演していたそうだけど、もう記憶にないです)のですが、色々な映画ですでに活躍中なんですね。とても上手で、キャラにも合っていました。
エマ・ワトソン(ハーマイオニー)がイイ!
登場シーンから神々しい美しさ。ハリーポッター以外の映画で見るのは初めてですが、ショートカットが凄く似合っていてキュートでした。
そして、「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラー。やっぱり彼は、独特の魅力がありますなぁー!良かったです!

舞台は80年代の様子。このころは、テープにお気に入りの曲を集めるとか、ダビングして自分のテープを作るとか、やってたなぁーと懐かしく感じました。
色々な曲が流れたんですが、残念ながら解らない曲や歌手も多く・・・。
ダンスフロアで兄妹が踊りまくった「カモンアイリーン」や好きなバンド「スミス」は解ったんですが、トンネルでかけたお気に入りの曲とか、お部屋に貼ってあった沢山のアーチストのポスターとかその他、解ったらなあ・・・。

ちょっと解らなかったのが、チャーリーは、親友を自殺で亡くしていると言っていましたが、それについてはあまり触れられていませんでしたが、それと叔母さんとの事とダブルでショックなトラウマを持っていた、って事でしょうか・・

チャーリーを気に入ってくれた女子に押されるまま、付き合う様になったけど、辛いだけで・・・って処とか、いかにもありそうで、面白かったです。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
叔母さんに少年チャーリーは性的虐待?をされていた、って事ですよね?
ハッキリとそのあたり解らなかったので・・・
心配なのは、3年生の仲間がみんな卒業して、残った彼は、まだこれから2年生。あと卒業まで2年もあるんですが、大丈夫だろうか? 他にお友達、あらたに出来るかな・・・
以上

学校で上手くやっていけない人は、日本にもアメリカにもいると思うのですが、こういうのを見る限り、アメリカの方が日本よりも、キツそうだなあ・・・と感じます・・・。

私が中高生のころ、「グローイングアップ」という、イスラエルの映画がヒットしていたんです。それとか見ながら、アメリカや外国は、学校のダンスパーティとかあって、楽しそうだねー、いいなぁー日本には、こういう文化がないのが残念だねー、って友達といつも言ってたんですが、なんて浅はかだったんでしょうか。
もし、ああいう行事が日本にあったなら、結構恐ろしいです。
誘ってくれる人がいない・・・とか、誘ってほしい人が誘ってくれなかった、密かに好きな人が別の人を誘ってた・・とか、はたまた誘いたいような相手がおらん・・とかね・・・。普通に上手く誘ってもらって嬉しく参加できるカップルの方がまれですよ、これ。そんな酷な行事を、よく考えもせずに、単純に羨ましがっていた若き日の自分ら・・・。

ウォールフラワー (2012/米)
The Perks of Being a Wallflower
監督 脚本 スティーヴン・チュボスキー
原作 スティーヴン・チュボスキー
出演 ローガン・ラーマン / エマ・ワトソン / エズラ・ミラー / メイ・ホイットマン / ジョニー・シモンズ / ケイト・ウォルシュ / ディラン・マクダーモット / ジョーン・キューザック / ポール・ラッド / ニーナ・ドブレフ / ブライアン・バルツェリーニ

 内気な少年チャーリーは、壁の花状態の日々だった。そんなある日、彼はフットボールの観客席で、陽気な上級生パトリックに声を掛けてみる。すると意外にもパトリックは気さくに接してくれ、義理の妹サムも紹介する。
【2014/06/03 16:26】  コメント(14) | トラックバック(6) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「凶悪」感想 | ホーム | 「黒いスーツを着た男」>>
コメント

latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました。
『グローイング・アップ』懐かしい~♪ そうそう、あれってイスラエルの映画なんだよね。。
で、叔母さんに、、ってところはそうだと思うんだけど、親友が、、ってところは私も記憶から抜けてるわ。
観た人の想像にゆだねるっぽい描写だったんだっけか?
で、エズラ&エマ兄妹が卒業して、主人公大丈夫か?って私も思った!
友だち、できるんかな、、って。
今考えると、学校ってほんと大変なところだよね。。

ところで、エマ・ワトソンってほんとかわいいよね!
頭もいいみたいだし。。好きだなー。
真紅  【 編集】  URL |   2014/06/04 22:03   |  TOP ▲ |


こんばんは〜
私もテープに録音とかやったなー
レンタルレコードや、時にはスピーカーにマイク近づけてテレビからの音源録ったり、ラジオからとったり 笑
懐かしい。

ノスタルジーと青春と、ちょっと苦くもありって感じでしたね。
もう内容忘れたとこもあるけど、
エマとエズラくんは良かった♪
主役の子、素朴なのはいいんだけどあまり好きじゃないの 笑
mig  【 編集】  URL |   2014/06/04 23:39   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
>パーティ文化
凄く小さな頃から根付いていたら、もうちょっと日本人も違ったりするのかな?
でも、こういうのって、慣れより、産まれ持った得意・不得意な気質ってのも、あるよねー
私も苦手だよー。

>親友が、、ってところは私も記憶から抜けてるわ。
主人公が、エマに言うシーンがあるだけなんだ。
その後、説明とか何かあると思ったんだけど、そこだけだった。
作り話(本当は叔母さんの死のトラウマだけで、親友の死なんてなかった説)だったのかな・・・

> で、エズラ&エマ兄妹が卒業して、主人公大丈夫か?って私も思った!
> 友だち、できるんかな、、って。
やっぱり思った??
そうだよねー。

> 今考えると、学校ってほんと大変なところだよね
ほんとに。
今は携帯が普及してるから、学校から帰った後も、学校の友人関係の延長がずっと続くわけで、
夏休み中は平安・・とか、ないだろうしねー

エマ・ワトソンって頭良かったんだ? 小さい頃は、ふわふわの髪に丸顔だったのに、面長な美人さんになったねー。下品な感じがしないのがイイ!!
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/08 11:19   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは!
やっぱりmigさんもテープ録音とかダビングとか、レンタルレコードとか、スピーカーにマイク近づけて録画(回りの音が入っちゃうから静かに保つ努力^^)やっていたのねー♪
なんかそういうのを聞くと嬉しくなっちゃうなー。

> エマとエズラくんは良かった♪
うん、うん!
この2人はこれからも映画界を、しょって立って行きそうですね。

> 主役の子、素朴なのはいいんだけどあまり好きじゃないの 笑
あ、そうなのね? 私はこの俳優さん、馴染みがなくって。今回も別に可もなく不可もなくだったから、私のこの記憶力だと、忘れて行ってしまいそう・・・
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/08 11:23   |  TOP ▲ |


初めまして。

こねたみっくす 様のブログから来ました。

私も映画ブログをやっておりまして、よろしければ相互リンクしませんか?^^
よろしくお願い致します。

◆サイト名:映画の感想.com
◆URL:http://eigakansou.com/
牧本 遥  【 編集】  URL |   2014/06/24 00:21   |  TOP ▲ |


牧本さん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
にゃむばななさんの処から来て下さったとのこと。
嬉しかったです。
どうぞ、これからもよろしくお願いいたします(*´▽`*)
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/25 13:33   |  TOP ▲ |


latifa様

相互リンクの件、ありがとうございます^^
こちらもリンクのほう以下に載せておきました。

http://eigakansou.com/sogolink


今後共よろしくお願い致します
牧本 遥  【 編集】  URL |   2014/06/25 22:02   |  TOP ▲ |


latifaさん~お久しぶりです。
最近、あんまり映画のUPがないみたいだったのでお元気かな?と思ってたけど、
読書の方に没頭されてたのかな?

これ、既に記憶あいまいですが;;
久々に、青春モノ観た~~~って感じがしました。
主演の子、バタフライエフェクトに出てたのね・・私も全然記憶にないわ~;;
音楽にウトいので、この作品の音楽についても語れず(涙)
ぱっと一番に思い出すのは、エズラ君が作ったミョ~な時計・・ってのが悲しい・・(^^;
つるばら  【 編集】  URL |   2014/06/27 17:37   |  TOP ▲ |


牧本さん、再度ありがとうございます(^ー^)/
こちらこそ、よろしくお願いします。
さっそく、近々、またお邪魔します!
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/30 15:24   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちはー(*´▽`*)
そういえば、最近アップしてなかったな(^^ゞ と、気が付きましたー
あんまり映画を見ていなかったかな・・・
いや、ちょこちょこ見ていたのだけれど、さっそくすぐに記事を書こうと思い立つほどの映画を見ていなかった・・って感じです。

> ぱっと一番に思い出すのは、エズラ君が作ったミョ~な時計・・ってのが悲しい・・(^^;
爆笑!!
確かに。
あれをプレゼントされましてもねぇ・・・^^
latifa  【 編集】  URL |   2014/06/30 15:30   |  TOP ▲ |


このコメントは管理者の承認待ちです
  【 編集】   |   2014/07/04 17:22   |  TOP ▲ |


このコメントは管理者の承認待ちです
  【 編集】   |   2014/07/08 21:21   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
最近ちょっとバタバタしていて、ブログいじってなかったのだけれど、また再開しますよー!

ところで、なんですと??
YANさんも若い頃、ダンスパーティとかやってたんですかーー!!!

> 学園祭でもあったし、踊るのが好きだから はしゃいでました(≧ε≦)
ほんとですかい!?
名古屋は、そうなのかな?
それともYANさんの周りはそうだったのかな、いいなぁ。

> カップルとか関係無しだもん、日本の場合は。
これが良いー!!
そういうのなく、誰でもはじけられて楽しめるって最高ですね。
YANさんの青春時代は楽しかったんだろうなー♪

> 主人公がいつも手紙を書いていたのは
> 自殺した友達宛てだと思ってました。違ったのかな?
あっ・・・そうなのか・・・。
ありがとう!気がつかなかったです。
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/09 10:57   |  TOP ▲ |


牧本遥さん
了解しました^^
さっき、リンクを消しました。
色々ご事情があるのでしょうね・・・

latifa  【 編集】  URL |   2014/07/09 10:58   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1194-3b5d1ef7

映画・ウォールフラワー
読書と映画とガーデニング (2014/06/04 08:18)
2012年 アメリカ原題 The Perks of Being a Wallflower 時代背景は1980年代後半から90年代初頭高校に入学したばかりのチャーリー(ローガン・ラーマン)友だちはゼロ、誰も挨拶してくれない、ランチも独りぼっち誰かが声をかけてくれるとしてもイジメか悪口唯一...


あの頃/壁の花~『ウォールフラワー』
真紅のthinkingdays (2014/06/04 21:47)
 THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER  アメリカのある街。ウェブの世界がリアルを凌駕する、少し前の時代。心に 傷を抱えた内気な少年チャーリー(ローガン・ラーマン)は、高校に入学する。 孤独な日々の中、エキセントリックで独特な雰囲気を醸すパトリック(エズラ ・ミラー)と、美しく奔放なサム(エマ・ワトソン)という血のつながらない...


ウォールフラワー /THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
我想一個人映画美的女人blog (2014/06/04 23:07)
「RENT レント」の脚本家として知られるスティーヴン・チョボスキーが、 ベストセラーとなった同名小説を自ら監督を務め、 社会現象にもなった自身の小説「ウォールフラワー」を基に描いた青春もの 「少年は残酷な弓を射る」のエズラ・ミラーくん出演てこと...


ウォールフラワー
風に吹かれて (2014/06/06 11:00)
誰でも悩み苦しむ青春時代 公式サイト http://wallflower.gaga.ne.jp原作: ウォールフラワー (スティーブン・チョボスキー著/集英社文庫)監督・脚本: スティーブン・チョボス


ウォールフラワー
rambling rose (2014/06/27 17:39)
高校生になったチャーリーは内気なせいで友達も出来ず、パーティでも壁の花。が、ある時思い切って、以前から気になっていた上級生パトリックに声をかけ・・


ウォールフラワー
RockingChairで映画鑑賞 (2014/07/04 17:24)
誰もが味わう青春の甘さ・ほろ苦さ。 瑞々しく生き生きと描いた青春物語~☆ THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER 監督:スティーヴン・チョボスキー 原作:スティーヴン・チョボスキー「ウォールフラワー」 製作:2012年 アメリカ 上映時間:103分 出演::ローガン・ラーマン *エズラ・ミラー *エマ・ワトソン *メイ・ホイットマン *ポール...


| ホームTOP ▲ |