「あの頃、君を追いかけた」感想
最後の方で、やられました。
4つ★~4つ★半未満
poster_201407091027501de.jpg
中盤くらいまでは、面白く見ながらも、そこまで高評価って程ではないかな・・・?って思っていたのです。
しかし
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
最初の結婚式のシーンになって、花婿が彼じゃないんだ?!(てっきり、2人は結婚するんだと思っていた)
そして、花嫁とキスしてもいいか?って仲間たちが言ったら、花婿さんが、どんなキスをするか、まず自分に示してから・・・と言うないなや、ガバーッっと・・・(^^ゞ
で、ここから実際の回想シーンと、もしこうだったら・・というパラレルワールド?なシーンが入まじり、ここは涙が止まりませんでした。ラストはハッピーエンドな映画が多い中、この結ばれなかったラストは凄く良かったし、なにしろ見終わった時の後味が凄く良い映画でした。
実際、最初の方は、どーせ一幼稚とかバカとか言いつつ、一番ルックスの良いあの彼とカップルになるんだろーなーとか、モテモテの彼女の親友はなんだか可哀想だなあとか、冷めた目でちょっと見てる処もあったんですけれどもね。
でも、思った通りの展開にならなかったのが良かったです。
普段は自信家な方の自分も、好きな子の前では弱気になってしまう(少々セリフ違うかも)っていうのは解る。男女たがわず、そうなっちゃうよね。なんといっても、主人公のカッコいい男の子が、ウブで一途な処に、ぐーーっと来ました。 
以上

おふざけが多い映画ながらも、私的には、笑って済ませる程度でのお下品さでした。
あと、女子の監督が作ったのかな?と一瞬思う、鋭い女子心理も描かれていました。
ずっと長年憧れられていた彼女が言う、「実際の私は、そんなに素敵じゃない。だらしない処もあって・・・」という処とか・・・。

あの頃、君を追いかけた (2011/台湾)
監督 ギデンズ・コー
出演 クー・チェンドン / ミシェル・チェン / スティーヴン・ハオ / イェン・シェンユー / チュアン・ハオチュアン / ツァイ・チャンシェン / ウー・ガーワイ
【2014/07/09 10:51】  コメント(8) | トラックバック(3) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「東ベルリンから来た女」感想 | ホーム | 「凶悪」感想>>
コメント

等身大の青春が描かれているのが台湾映画のいいところですが、この映画もその例に漏れずいい作品でしたね。
私は主役の2人の学生時代の様々なエピソードが羨ましくも楽しく見させてもらいましたよ。
特にあのご褒美ポニテはたまらんですたい!
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2014/07/10 11:28   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
台湾映画って、台湾と日本と似たところがあるんだなぁ・・・って、見ながら、そういうストーリー展開とは別の部分でも楽しませてもらってます。
受験とか、センター試験っぽいやつとか、学校の中の雰囲気とか・・。

ポニテ、可愛かったですね。
主役の女の子、すごくキュートで日本人にも好まれそうなアイドル系ルックスでした。
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/10 12:34   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
立て続けに更新しているね。
ちょっと心配していたよ
体調とかは大丈夫かな。
ムシムシしたりして、嫌な天気だよね。

これ、ラスト良かったよね。
学生時代、キスシーンもあるのかな・・・なんて思ってみていたけど意外と
シンプルで・・・笑
でもその分、最後にガ~~~と印象的に出てきたりして、良かったよ・・・・笑

日本では、白線流しとか・・ああいう路線が好きなの。淡い青春映画いいよね
台湾映画・・また挑戦してみたいわ
みみこ  【 編集】  URL |   2014/07/10 16:54   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました!
で、すごく久しぶりの更新じゃない?
実は秘かに心配していたよ。。でも元気そうでよかった^^

で、この映画。「永遠の中学生」みたいな青春もの^^
なんかあのラストシーン(キスシーンとパラレルワールドね)が強烈過ぎて、思わずベスト1に^^;
こういう映画ってシネフィルの方は絶対ベストに入れたりしないだろうし、もしかしたら観もしないのかもしれないけど、なんか私は強烈に心にキタんだよね。
主人公の女の子もかわいかったけど、男の子も結構タイプだったりして(笑)。
公開された劇場は少なかったけど、DVDでたくさんの人に観てほしい映画だなー。
真紅  【 編集】  URL |   2014/07/10 21:58   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
おおーごめんよー元気だったんだよ。
心配してくれて、ありがとー。
実は、凶悪の記事をアップしたと思っていたら、下書きのままだったんだな(^^ゞ

昨日始まった「同窓会」を、今朝録画したのを見たところだよ。
いやー、古い!これは20年前のそのまんまなドラマだー。
まあ、でも最後までなんだかんだ笑いながらも見たよ^^

もしかして、みみこさんが見てなかったら、なんのこっちゃだよね。
カンチとリカがいたわー。それと三上君もおったよ。
最後の曲なんて、杉山なんたらとオメガトライブ?っぽかった。
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/11 11:12   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
それがさ、凶悪をあっぷしたつもりでいたら、下書きだったことに気が付いた次第・・・
心配してくれて、ありがとうー。
でも元気だったんだよー。

> なんかあのラストシーン(キスシーンとパラレルワールドね)が強烈過ぎて、思わずベスト1に^^;
解る!
私も、あそこで、急激に↑↑だった。
それと、私もあの男の子のルックスがタイプだった♪
可愛らしくもカッコいいよね☆彡

まあさー、あんなにカッコよかったら、すぐ他の女子と、ほにゃららら・・あると思うからさ。
ほっとかれないとは思うけどもね。。。
それでも彼にとっては、チアイーは特別な女子なんだろうなー
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/11 11:14   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~映画じゃなくてごめんね。

↑<昨日始まった「同窓会」を、今朝録画したのを見たところだよ。>

日曜の再放送観たのよ・・☆

<いやー、古い!これは20年前のそのまんまなドラマだー。>

latifaさんのコメント読んでから
ドラマ観たんだけど、その言葉どおり・・笑
逆に突っ込みながら観ることできて
楽しいよ・・ん
今時・・あんな流れ・・ないよね~~、

<カンチとリカがいたわー。それと三上君もおったよ。>

稲森さんのあの迫り方は
嫌だな・・・。三上君は松岡っていうのも
なんだか・・・。

<最後の曲なんて、杉山なんたらとオメガトライブ?っぽかった>

ぷぷ・・・。その通り。

違った意味で家族では観れないドラマだと
思うよ・・・何気に
恥ずかしくないかい・・笑
みみこ  【 編集】  URL |   2014/07/14 09:21   |  TOP ▲ |


みみこさーん、こういうコメント大大大歓迎♪
見たのねー!!嬉しいーー(*´▽`*)
そうそう、そうなんだよね、一人でのんびり家族がいない時間に、突っ込みながら見るってのに適した番組だった。
特に薬剤師さんに突然のキスってー爆笑! 
もういい年して、それは無いだろうと。

> 稲森さんのあの迫り方は嫌だな・・・。
私もイヤです!
でも、そこは同性の反感をかうように(柴門さんがわざと)、そういう風にしたんじゃない?(^^ゞ
あの同窓会での「待っていればよかったな」は、まだしも、その後のクリーニング屋さんにわざわざ遠くから来ての~のキスして・・などの展開は、現実離れしすぎ。

>三上君は松岡っていうのもなんだか・・・。
知的でエリートって風に見えないのが残念。軽薄なだけな男子に見えちゃった・・・。
でも、こういうキャラの人って、いまどきの若い子メインのドラマになかなか出て来ないから、見ていて面白いけどね。昭和世代のドラマには、いたよね、こういうプレイボーイな男子。

家族では絶対に見れませんっ!!!
なんだかんだ言って、2話も録画して、家族がいない時に見ようと思ってまふ^^
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/15 13:30   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1195-1a73786a

『あの頃、君を追いかけた』
こねたみっくす (2014/07/10 11:28)
幼稚なのに頼りがいもあるのが男子。大人びているのに可愛らしさもあるのが女子。 またしても台湾から可愛らしい青春映画がやってきました…と言いたいところなんですが、どのエ ...


あの頃、君を追いかけた
ちょっとお話 (2014/07/10 16:56)
あの頃、君を追いかけた (2011    台湾) 那些年,我們一起追的女孩 YOU ARE THE APPLE OF MY EYE 監督: ギデンズ・コー 製作総指揮: アンジー・チャイ 原作: ギデンズ・コー 脚本: ギデンズ・コー 撮影: チョウ・イーシェン 音楽: クリス・ホウ 出演: クー・チェンドン (コー・チントン/コートン) ミシェ...


我的青春~『あの頃、君を追いかけた』
真紅のthinkingdays (2014/07/10 21:43)
 那些年,我們一起追的女孩  YOU ARE THE APPLE OF MY EYE  1994年、台湾・彰化。私立の中高一貫校に通う16歳の柯景騰コー・チントン (柯震東クー・チェンドン)は、勉強そっちのけで友人と悪ふざけばかり。見かね た担当教師は、学年一の優等生にしてクラスのマドンナ的存在、沈佳宜シェン ・チアイー(陳妍希ミシェル・チェン)の前...


| ホームTOP ▲ |