「ウォーム・ボディーズ」惜しい!
途中まで、すばらしい!って思っていたのだけれど・・・
20140215210000452s.jpg
最後の方、なんだかなあ・・・な展開に。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
変異して人間に戻れるって展開が、まず??だし、人肉食わないでも生きられるのか?それと、ゾンビのなれの果てが骸骨なんじゃなかったのか?その骸骨を殺すっていう展開も、なんだかなあ・・・・。
それに、元彼を食べちゃった男とハッピーエンドって言うのは、微妙なので、私だったら、ラストはハッピーエンドじゃなくて、でも、愛情がお互いあったんだけども・・という、ちょっぴり悲しくも愛おしい感じの締めくくりが良かったな 
以上

とはいえ、ゾンビの友達同士の会話とか、彼女とドライブした時の昂揚感とか、手を繋ぐシーンの重要性とか、色々とっても良かったです。中盤までは、これは数年に一回見れるかどうかの逸品なのでは??と思うほど好きだったんだけれど・・

Rがレコードコレクターだったり、かける曲が懐かしい曲だったりと好印象♪
主役の男の子、「アバウト・ア・ボーイ」の少年「シングルマン」の人だったのかぁー
女の子テレサ・パーマーは、90年頃のエアロスミスのMVによく登場していた、アリシア・シルヴァーストーンに、ちょっと雰囲気が似ていて、可愛かったです!「明日、君がいない」にも出ていたのね。

脳を食べる時、その人の思い出を見られるって設定が、なかなかユニークで、これが重要なキーになって後半に繋がるんだろうな、と思ったのですが、特に後半には関係なかったですね。
もうちょい、それを生かしたストーリー展開になれば良かったのにな。
途中まで5つ★、後半がアレなんで、トータル4つ★

ウォーム・ボディーズ (2013/米)
Warm Bodies
監督 ジョナサン・レヴィン
原作 アイザック・マリオン
出演 ニコラス・ホルト / テレサ・パーマー / アナリー・ティプトン / ロブ・コードリー / デイヴ・フランコ / ジョン・マルコヴィッチ
【2014/07/23 10:40】  コメント(6) | トラックバック(4) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「やさしくキスをして」感想 | ホーム | 「スティーブ・ジョブズ」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは!
なるほど~ ラストへの持って行き方が好みじゃなかったのね。
確かに人間に戻るなんて有り得な~いって私もツッコんだけど、
ときめく彼らが可愛らしくて、許せちゃった(^^;

愛や夢など温かい気持ちが大切だ・・・って言う、
異色のゾンビもので、これはとっても気に入りました★

ちょっと忘れかけているけど、元カレと彼女は
なんかすれ違っていなかったかな?
すごく愛し合っているカップルという印象はないわ。
Rのほうが運命の相手だった感じよね。
YAN  【 編集】  URL |   2014/07/23 17:42   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~。

なるほど、なるほど~、最後がああいう展開で収まっちゃったは予想外でしたよね。
latifaさん希望の悲しくて愛おしいっていう展開のも別バージョンで観たかったわ。

ホルト君、ゾンビ似合ってましたよねぇ~。

人とゾンビが触れ合えるっていうところが、すごく良かったですよね。
あとRと友達の会話(?)とか吹き出しちゃいました(笑)

ゾンビ映画も最近、新鮮な切り口のものが多くて目が離せないわ(笑)
  【 編集】  URL |   2014/07/23 19:48   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
やっぱり、あぢーー!!昨日も暑かったけど、今日は朝からもっと暑い・・・ふぅー。

ところで、ラストへの持って行き方だけど、こんなブツブツ文句言ってるの、今のところ、知ってるブロガーさんでは私だけ(-_-;)
そんなこと気にせず、楽しく見れちゃえば良かったんだけどなー。
不思議と、ありえないー!って展開でも許せる作品もあるんだけど・・・

> ちょっと忘れかけているけど、元カレと彼女は
> なんかすれ違っていなかったかな?
> すごく愛し合っているカップルという印象はないわ。
うん、うん。途中で、彼女が彼の手を握ろうとしたけど、それを振りほどく?ような処があったよね。
とはいえ、死んだ彼氏の脳の中には、彼女ラブだったのがうかがえる画像が残っていたけれどもね・・・

全然関係ないんだけど、「ラストサムライ」でも、小雪が夫を殺したトムを・・って展開があったっけか(^^ゞ

> Rのほうが運命の相手だった感じよね。
うん、うん。
私的には、美しい外貌になったRじゃなくて、ゾンビ風貌のRとチューしてもらいたかったな。
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/24 14:36   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
いやん~息子さん、かわいすぎるー。ちゃんとママさんの映画の好みを把握していて、教えてくれるだなんて、とっても優しい息子さんですね♪
いいなぁー(*´▽`*)

> ホルト君、ゾンビ似合ってましたよねぇ~。
似合い過ぎ!
他の作品(といっても、私が大人の姿で見たのって、シングルマンだけだけど)よりも、こちらの方が彼らしいって思ったわ。
それぐらいゾンビが板についていた。体型とかも痩せてヒョロヒョロしてるものね。日本では、こういう若者いるけど、あちらではマッチョな人が人気が高いせいか、売れっ子スターでは少ない印象よね。

トワイライトは主役の兄ちゃんがルックス的にダメだったんだけど、こちらは凄く良かったー。
latifa  【 編集】  URL |   2014/07/24 14:40   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。
ゾンビのホルト君可愛いかったですね。
私も「シングルマン」より断然良かったな~。
と言うか、あの時は、ミョ~な顔の兄ちゃんだな~とか思って( ̄∇ ̄;
「アバウト・ア・・」の時の子だとも全然気づいてなくて;;
なので、今回、結構、新鮮でした。(笑)
「トワイライト」の男優はたまにSMAP草なぎ君に見える・・;;

ところで、プライベート話だけど、今キッチンリフォームに向かってまっしぐら状態で、毎日片付けに追われてます。
リフォームの為にキッチンを片付ける為には、そこの物を置くスペースを他の部屋に確保しないといけなくて、
更に、その為にはその部屋にある物をどうにかしないといけなかったり・・
・・そんな調子で結構オオゴト;;
でなくても毎日暑いし;;latifaさんも夏バテ気を付けてお過ごしくださいね~!
つるばら  【 編集】  URL |   2014/08/02 13:41   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちは!
そちらは連日雨かしら・・。
関東は毎日、激暑で、酷いことになってます。
四国などでは雨での被害が大変なことになっているし・・
日本の天気は狂って来てますね・・

> と言うか、あの時は、ミョ~な顔の兄ちゃんだな~とか思って( ̄∇ ̄;
> 「アバウト・ア・・」の時の子だとも全然気づいてなくて;;
私もでした。

キッチンリフォーム、良いですねー!!
私もキッチン変えたい処は色々あります。

とはいえ、実際工事となると、アタフタ大変でしょう?^^
でも、出来上がった暁には、きっととても素敵な場所になってますよ!
毎回キッチンに立つのが喜びに感じるんじゃないでしょうか☆彡
がんばって!!
latifa  【 編集】  URL |   2014/08/06 17:50   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1204-325687b3

「ウォーム ボディーズ」
Slow Dream (2014/07/23 19:49)
原因は分からないまま、大勢の人類がゾンビ化した世界。 廃墟となった空港に暮らすゾンビ男子Rは、ある日、食糧を調達しに出かけ、そこで出会った少女ジュリーに一目ぼれしてしまう。 彼女を守ろうとするRを初めは怖がり、戸惑っていたジュリーだが、しだいに彼の優しさに心を開いていく……。


ウォーム・ボディーズ
rambling rose (2014/08/02 13:42)
ゾンビが増殖した街・・青年Rも気が付けばゾンビ化・・だがまだわずかに人間としての意識を残していた。そんなある日、食糧としての人間狩りに出向いたRは思いがけずある女の子に一目ぼれしてしまう。


『ウォーム・ボディーズ』 (2013) / アメリカ
Nice One!! @goo (2014/08/10 09:19)
原題: Warm Bodies 監督・脚本: ジョナサン・レヴィン 出演: ニコラス・ホルト 、テリーサ・パーマー 、ジョン・マルコヴィッチ 観賞劇場: 浅草公会堂 映画『ウォーム・ボディーズ』 公式サイトはこちら。 (2013年9月21日公開) したコメに初参加して...


ウォーム・ボディーズ
miaのmovie★DIARY (2014/10/22 18:07)
ウォーム・ボディーズ [Blu-ray](2014/02/07)ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー 他商品詳細を見る 【WARM BODIES】 制作国:アメリカ  制作年:2013年 ゾンビとニンゲンが敵対する近未来ー。 ゾンビ男子Rは、ある日、襲撃するはずのニンゲン女子ジュリーに ひと目ぼれ、助けてしまう。最初は恐れをなし、徹底的に拒絶して いたジュリーも、Rの不器用全...


| ホームTOP ▲ |