「さよなら渓谷」感想
真木さんの痩せっぷりに驚きました・・・3つ★半
poster_20141015122551de3.jpg
以前原作は読んだ事がありましたが、良い具合に記憶が薄れている状態で鑑賞。
どこかで真木さんが賞を受賞していましたが、確かに真木さんのこの映画への意気込みは、見ているこちらにも伝わって来るものがありました。

一番印象に残っているシーンはというと、病院を訪ねた俊介が、ベンチに座っている真木さんを見るシーンで、観客の私らも、息をのみました。役作りのために、かなり体重を落としたのでしょうか・・・

ただ、色っぽいシーンが多いだろうな・・・と推測していたのですが、実際開始早々、なんどかあったのですが、バストがしっかり全部見えている処はなかったので、そういうのを期待して見ると、ちょっとがっかりするかも(^^ゞ
以前、彼女は「ベロニカは死ぬことにした」で、ぶったまげるような大胆シーンを演じていたので、本作では、もしかしたら、それ以上の体当たり演技をしているのだろうか?と、私も思ったので。

後から知ったのですが、監督さんは大森さんのお兄さんだったのですね。
鏡の前で、たるんだ体をさらけ出すという、シーンもギクっとなりました。

内容的には、大学時代に俊介が仲間と数人で、強姦をしてしまった、という過去があって、でもそんなに根は悪い人じゃない・・・(こういう題材は、同作家さんの「悪人」でもありましたね。あちらも凄く良い映画だったな)
被害者の女性は、その後レイプされたという事実が、後々の人生に酷く影響し、悲痛な経験を重ねて行く・・・。

実際に、こういう大学のサークルなどで、表沙汰にはなっていないけれど、似たような目にあった女性は結構沢山いらっしゃるようで、酷いです。許しがたい!最近では、その様子を画像や動画に残して、これをばらまかれたくなかったら、黙ってろ、とか言うヤツもいるそうで、とんでもないです。
そういうのを武勇伝のように語る人(この映画では、新井さんが演じていた)、自分の奥さんや子供が、そういう目に遭わないと解らないんでしょうかね。

さよなら渓谷 (2013/日)
監督 大森立嗣 原作 吉田修一
出演 真木よう子 / 大西信満 / 鈴木杏 / ARATA / 新井浩文 / 木下ほうか / 鶴田真由 / 大森南朋
【2014/10/15 12:24】  コメント(5) | トラックバック(4) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「はじまりは5つ星ホテルから」感想 | ホーム | 「17歳」感想>>
コメント

latifaさん、こんばんは。コメント&TBありがとうございました。
3つ★半、うんうん、ほんとそれくらいよね。
こういう題材って、私たち女からすると、ちょっと難しいよね。
厳しいというか。。すごいよかった、とか言いたくない気持ちがまず来るような気がする。
真木さんが、それこそ全身全霊で演じているのは伝わるんだけどね。
『ベロニカは~』って映画で、そんなすごいことになってるの??
ええ~、観たーい(笑)。

台風が過ぎ去ってから、なんかもう寒いよ~。
まだ衣替えもしてないのに・・・。風邪に気をつけようね^^
真紅  【 編集】  URL |   2014/10/15 22:21   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~

加害者&被害者間の恋愛って他でも
観たことあるけれど、この場合
性犯罪じゃない?
ちょっと共感はしづらい世界だよね。
大学のサークルでもあるんだね。
怖いよね・・・。女の子は気をつけなくちゃ



痩せた真木さん・・

うんうん・凄かったよね。
誰だ~~~って感じよ。

あ・・色っぽいシーンね。
うん、ベロニカは越えなかったよね・・・笑
あれは、かなりのエロ度だと思うよ。


真木さんってMOZU シリーズでアクションも
きまっているけど、あの体でと思うと
より一層、凄いと思うよ。
みみこ  【 編集】  URL |   2014/10/16 16:17   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2014/10/16 22:22   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちはー!
うわん、ベロニカ、未見なのね??
是非見てー。特に後半の方、ええっつ!っていう、凄いシーンがありまふ・・・。
当時、まだいまほどメジャーじゃなかったから・・・だったのかしら・・・

こっちも、いきなり昨日は凄く寒かったわー
今日は昼間は暖かくなったけど、朝晩は、そろそろタイツやヒートテックの出番です。
latifa  【 編集】  URL |   2014/10/17 10:24   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは!
そうかーアオイホノオ見てなかったかあ・・・。
柳楽君が、はっちゃけていて、今までとは全然違ったコミカルで面白い役で凄く良かったよ!
再放送があったら、ぜひぜひ見てね。モテキと同じ枠のドラマだから、もしかしたら再放送あるかも。

大学での・・だけど、この映画のはれっきとした犯罪だけど、飲み会で女の子にお酒一杯飲ませて、酔ったところを、お持ち帰りーとか、何度も繰り返してる男子もいるらしいよ・・・

杏ちゃん・・・青い鳥とか、映画のヒマラヤ杉の時とか、思い出すなあ・・・

MOZUは、昨日やってたよね。旦那は見てるんだけど、私は見てないんだ。最初から見てればよかった。横からは覗いてるんだけど、ものすごい豪華な出演陣だよね。
真木さんは、5年くらいまえかな? 岡田准一君が主演の、金城さんが脚本書いていたドラマ・・なんだっけか?映画にもなったやつ・・。あ、SPだ! にも出てて、白いシャツが、胸のところだけテント貼ってて、素敵だったよー。アクションもこなしていたわ。
latifa  【 編集】  URL |   2014/10/17 10:40   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1205-621d77a8

落ちる ~『さよなら渓谷』
真紅のthinkingdays (2014/10/15 22:11)
 静かな渓谷の町で暮らす尾崎(大西信満)とかなこ(真木よう子)の夫婦。一見、 仲睦まじいふたりにはしかし、昏い秘密があった。  吉田修一の同名小説(未読)の映画化。モスクワ映画祭審査員特別賞受賞で 話題の作品。  絶賛されているだけに、原作者と監督の 「美意識」 が反映された佳作である とは思う。しかし、残念ながら私の心にはさほど響かなかった。多分、本作は男性 に支持...


さよなら渓谷
ちょっとお話 (2014/10/16 16:18)
さよなら渓谷  (2013  日本) 監督 大森立嗣 製作: 細野義朗 重村博文 小西啓介 プロデューサー: 高橋樹里 森重晃 ラインプロデュー サー 岡伸一郎 原作: 吉田修一 『さよなら渓谷』(新潮社刊) 脚本: 大森立嗣 高田亮 撮影: 大塚亮 美術: 黒川通利 編集: 早野亮 音響効果: 佐藤祥子 音楽: 平本正宏 エンデ...


『さよなら渓谷』
京の昼寝〜♪ (2014/10/23 12:21)
□作品オフィシャルサイト 「さよなら渓谷」 □監督・脚本 大森立嗣□原作 吉田修一□キャスト 真木よう子、大西信満、大森南朋、鈴木 杏、井浦 新、新井浩文、鶴田真由■鑑賞日 7月6日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想>...


さよなら渓谷
のほほん便り (2016/07/08 14:40)
キャッチコピーは「ごく普通に見える夫婦。だがふたりは残酷な事件の被害者と加害者だった―。」と、あえて、ネタバレして、大きなインパクト、 原作は、吉田修一の同名小説 第37回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞(真木よう子)を筆頭に、第56回ブルーリボン賞 監督賞(大森立嗣)、第35回モスクワ国際映画祭 審査員特別賞等、賞を総なめに。 エンディング・テーマの生歌に象徴されるよう...


| ホームTOP ▲ |