「ラッシュ/プライドと友情」感想
全く期待していなかったのですが、面白かった!4つ★半
174fc794.jpg
ジェームズ・ハント(クリス・ヘムズワース)とニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)について、全然知識がなく、レースについても、ほとんど知らない状態で鑑賞。

ちゃらいパーティ男のジェームズ・ハントと、メカに詳しく完璧主義者でやり手のニキ・ラウダ。
この2人の戦いが軸ですが、とても解りやすい作りになっていて、私みたいな、全然何も知らない人でも、凄く楽しめたのだから、知識のある人やF1が好きな人なら、より楽しめる映画なのではないでしょうか。
でも、なまじ詳しい人だと、それがゆえに、色々気になってしまう点も有ったりするのかな・・・。

それにしても20人中2人だったかな・・・ の確立で死んでしまうレーサーという競技。凄すぎます。
レーサーなんて、まともなやつはおらんとのことだけど、確かに普通の精神力では務まらないですよね。

ラストの戦いのシーンが、なんと日本なのには驚きました!
この時代(1977年だったかな・・・) F1少年だった人は、この映画は感涙ものじゃないかなー。

最後に実在のリアルな姿が写真で出るのですが、凄く似た役者さんを使っていたんだなぁーと感心しました。
ダニエル・ブリュールは、先にもう是非この俳優さんに!という依頼が来ていたそうだけど、凄くハマってました。
割と今までは、人の良い穏やかで温厚な人を演じるという印象があったのですが、本作では、今まで見た事がない、俺様的でちょっとクールな、でも熱い男を演じていました。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
事故でひん死の重傷を負ったニキ。火傷も痛そうだったけど、肺から血と膿を出す治療っていうのが、細い管みたいのを口から入れるんですが、もう・・・見てられない・・・(/△\) 
そんな状態で、49日だっけかな? あっという間に復帰するんですよ。無理を押してレースに出る。
そして4位! なんとか優勝出来る候補に残る。
最後のレース。3ポイント差で追って来るジェームズとの戦い。この日の日本の富士スピードウェイ?は、大雨で条件が非常に悪い。走り始めたものの、危険を避けるためにニキは2周でリタイア。ジェームズはみごとに3位以内に入り、優勝!
私的には、ニキが優勝というオチをつい願っていたのですけれど、残念。ジェームズは、持ってる男だったのね。
ただ、その後ジェームズは1回の優勝で満足したのか、レーサーを辞めて、他の仕事(レース実況とか、色々)に就き、3度目の結婚申し込みをしてOKをもらった直後にぽっくり49才だかの若さで亡くなってしまっているそうです。
短く太く、遊びにレースに楽しく人生を生きた男でしたね。彼らしいともいえる。
かたやニキは、今もご存命で、映画では常に側にいた奥様とはその後別れ、すごい年下のCAの美女と結婚し、60過ぎて双子の父になったそうで、こちらも華々しいですね(^^ゞ
レーサーって、いかにもモテそうだもんなー。
以上

ラッシュ プライドと友情 (2013/米独英)
Rush
監督 ロン・ハワード
脚本 ピーター・モーガン
音楽 ハンス・ジマー
出演 クリス・ヘムズワース / ダニエル・ブリュール / オリヴィア・ワイルド / アレクサンドラ・マリア・ラーラ / ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ / クリスチャン・マッケイ / デヴィッド・コールダー / ナタリー・ドーマー / スティーブン・マンガン
【2014/08/22 13:40】  コメント(12) | トラックバック(7) | 国籍微妙・他国
TOP ▲HOME
 
<<「永遠の0」感想 | ホーム | 「るろうに剣心 京都大火編」感想>>
コメント

人間ドラマはいいのですが、F1シーンの面白さは皆無だったのが個人的には残念なところ。
やっぱりF1中継のように車体カメラでの映像とかを見せて欲しかったですよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2014/08/22 23:56   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
映画製作関係者に、だれかF1マニアとか、その筋のオタクの人を参加させると良かったのかもしれません。
(参加させていたのかもしれないけれど・・・)
でも、私みたいな、F1のことをあまり知らない人が見ると、凄く面白く、楽しい映画でした(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2014/08/23 14:00   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございました。
この映画、私もそんな期待してなかったんだけど、すんごい面白かった~。
ダニエル・ブリュールくん新境地だったし、ソーもハマってたよね^^
この映画からオリヴィア・ワイルドを結構注目して観るようになったし。
でもやっぱり、監督&脚本が鉄板だなー、と改めて思う。
真紅  【 編集】  URL |   2014/08/23 22:49   |  TOP ▲ |


 真紅さん、こんにちは!
F1ファンじゃない監督さんだったから、レースシーンが残念だった・・って評判だったけれど
F1に知識が無い人(私)だと凄く面白く見れました。
真紅さんは、F1にお詳しいのに、それでも良かったのね^^
それは幸いでした。

私も深夜に放映してくれた『グッド・ウィル・ハンティング』録画したよー
後日見ます♪実はいまだ1度も見た事がなかったのよ。
以前見ようと思ったら、吹き替えでね。
萎えちゃって、数分で見るの挫折しちゃったんだ。
latifa  【 編集】  URL |   2014/08/24 10:49   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちはー。
暑い日が続くと、今度は雨が続き、気温の変化に体調が付いていけないわぁー(苦笑)
せめて残暑が厳しくないことを願う、、、。

個人的にお気に入りのクリスなので、相当楽しめましたぁ~!!(お尻とか、オケツとか~爆)
ソーのイメージから一新、チャらいモテ男だったけど、中身のある人格でしたね。
水と油のように質の違う二人の男、どちらもカッコイイ生き方でした。
オリーブリー  【 編集】  URL |   2014/08/25 15:12   |  TOP ▲ |


オリーブリーさん、こんにちは
やっと地獄の暑さがひと段落した感じ・・・
今日は久しぶりにエアコンなしで暮らせています。
私も気温と気候の変化についていけないです。

> ソーのイメージから一新、チャらいモテ男だったけど、中身のある人格でしたね。
実は彼、他でほとんど見てないのよ。
とても売れっ子さんなのに。
まぁ、あの子はモテるだろうなぁーって思った。
女性からモテるフェロモンみたいのがバシバシ出てたからなあー
今後他の作品でも見てみるわ!
latifa  【 編集】  URL |   2014/08/26 16:10   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは!
お久しぶり~
夏の間はけっこう本数多く観られたようね。
私のほうは、週に1本程度のペースになってます(^^;

この映画、事実は小説より奇なりで、
こんな事が本当にあったの?と驚くような展開なので、
面白くならない訳がないよね。
私も顛末を全然知らなかったので、とても楽しめました!
最後の舞台が日本っていうの、嬉しかったし~(^▽^;)
ラウダの決断はそれまでの経緯が描かれていたから
納得出来たけど、実際に観戦していた人たちは
ショックだったでしょうね。

熱い物を感じて、この作品は気に入りました~★
YAN  【 編集】  URL |   2014/09/03 17:54   |  TOP ▲ |


YANさん、こんにちは!
夏の間は、昼間暑すぎてお家にこもって映画をよく見ていたんですよ。
5枚で1000円のを借りて来たりしたから、本数は結構こなしたかも。
あの「アナ雪」実は見たのですよ。感想はまだかけてないけど。

> 最後の舞台が日本っていうの、嬉しかったし~(^▽^;)
そうそう。あの場所にいた人や、レースが好きな人なら、あのシーンを最後の方に持って来て、リアルに再現してくれたことで感涙されちゃうんじゃないかな。
知らない私でも、熱くなったもん。

> ラウダの決断はそれまでの経緯が描かれていたから
> 納得出来たけど、実際に観戦していた人たちは
> ショックだったでしょうね。
うん・・・。
あそこで無理して走って、大事故で死んじゃうって人生は、イヤだわ・・・
一回死ぬ目に遭ってるしね。
latifa  【 編集】  URL |   2014/09/04 12:08   |  TOP ▲ |


先日も、鈴鹿で怪我人が出てましたね〜。
ノラネコさんが見に行っていたみたいです。

この作品、私大好きだったので、比較のためにトニー・スコットの『デイズ・オブ・サンダー』を見返してみました。
私はやはり『ラッシュ〜』の方が好きでしたね。
トニスコのデイズ・オブ・サンダーでもこちらでも、F1シーンで風を感じさせるような、車半身とレーストラックを同時に映した画がありました。
私はあんなシーンに痺れました〜!
とらねこ  【 編集】  URL |   2014/10/15 03:22   |  TOP ▲ |


とらねこさん、こちらにもありがとうございます(^^)/
詳しくは知らないのですが、確かお天気が悪くて、雨で、ヤフーのニュースで、このお天気だけどレースが開催される、無事なレースになるといいが・・・ってのを見ました。
残念ながら、けが人が出ていたんですね・・・。
実際、あの場でレース、見てみたいです。見に行かれた方、羨ましいなー。

> この作品、私大好きだったので、比較のためにトニー・スコットの『デイズ・オブ・サンダー』を見返してみ
わー!とらねこさんも、この映画が大好きなんですね。
でも、私ったら、その「デイズ~」って映画のこと、知らなかったです(/ω\)
今度レンタルショップで探してみます。
latifa  【 編集】  URL |   2014/10/16 14:27   |  TOP ▲ |


見ました。

対照的なふたりでした。

たしかに普通の精神じゃあ務まりませんね。ハントのスリルを楽しむ考えはムチャだけど 若い力がみなぎってたからでしょうし、ニキも 事故からたった42日で復帰なんて常識で考えたら とうていムリでしょうね。


あの痛々しい状態での復帰だって は当時まわりから「まだ事故から傷がぜんぜん癒えてないだろ・・・あいつ正気か?」といわれたはずですよ

「奇跡体験アンビリーバボー」で取り上げられる状況のエピソードですね。
zebra  【 編集】  URL |   2015/11/08 10:12   |  TOP ▲ |


zebraさん、こんにちは!
これ、とても面白い映画でした。
対照的だけど、良いライバルというか・・・なんというか、相手は特別な存在だったようですね。

> あの痛々しい状態での復帰だって は当時まわりから「まだ事故から傷がぜんぜん癒えてないだろ・・・あいつ正気か?」といわれたはずですよ

そうでしょうとも・・・。
そうそう、先日ニキ航空が、日本とヨーロッパ間だったかな・・・ちょっと忘れてしまったのですが、実際に現在、ヨーロッパとどこかを飛んでいるのを知って、おおー!あのニキさんの・・・と感慨深く感じました。

> 「奇跡体験アンビリーバボー」で取り上げられる状況のエピソードですね。
ほんとですね。その番組も時々楽しく見ています^^
latifa  【 編集】  URL |   2015/11/08 22:22   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1208-5daea660

『ラッシュ プライドと友情』
京の昼寝〜♪ (2014/08/22 17:25)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール、オリビア・ワイルド、       アレクサンドラ・マリア・ララマルレーヌ、ピエルフランチェスコ...


『ラッシュ プライドと友情(吹替版)』
京の昼寝〜♪ (2014/08/22 17:26)
□作品オフィシャルサイト 「ラッシュ プライドと友情」 □監督 ロン・ハワード□脚本 ピーター・モーガン□キャスト(吹替) ジェームス・ハント(クリス・ヘムズワース)堂本光一            ニキ・ラウダ(ダニエル・ブリュール)堂本 剛■鑑賞日 2月...


『ラッシュ/プライドと友情』
こねたみっくす (2014/08/22 23:56)
好敵手は呪うべき敵ではない、感謝すべき神の恵みである。 毎年25人中2人が命を落とすと言われるなか、伝説のレースとまで呼ばれた1976年のF1グランプリ。異次元の戦いを繰り広げた ...


ポールポジション~『ラッシュ/プライドと友情』
真紅のthinkingdays (2014/08/23 22:15)
 RUSH  1976年。F1では、好対照な二人のパイロットが年間王者をかけ、激しいポイ ント争いを繰り広げていた。一人はオーストリア出身、フェラーリのニキ・ラウダ (ダニエル・ブリュール)。もう一人はマクラーレンに乗る英国人、ジェームズ・ ハント(クリス・ヘムズワース)。前王者ラウダはハントをリードしていたが、悪 天候の中決行されたドイツGPで、彼...


ラッシュ/プライドと友情
RockingChairで映画鑑賞 (2014/09/03 17:56)
「宿敵の存在を呪わず神の恵みだと思え」 男同士の絆の物語は熱かった! RUSH 監督:ロン・ハワード 製作:2013年 アメリカ・ドイツ・イギリス 上映時間:124分 出演:*クリス・ヘムズワース *ダニエル・ブリュール *オリヴィア・ワイルド *アレクサンドラ・マリア・ララ お前がいたから、強くなれた。 70年代F1界でこんなセンセーショナルなドラマがあ...


ラッシュ/プライドと友情
いやいやえん (2014/09/11 13:28)
【概略】 1976年、F1黄金時代。世界を熱狂させた二人のレーサーがいた。ドライビングテクニックも私生活も情熱型のジェームス・ハントと、レース運びも人生も頭脳派のニキ・ラウダだ。シーズンは、ラウダの圧倒的なリードで幕を開けた。ジリジリと迫るハントを制し、ラウダのチャンピオンが確実視されたその時、すべてが変わった。壮絶なクラッシュ。ラウダは瀕死の重傷により再起は絶望的だった。事故の一因は自分...


ラッシュ/プライドと友情 (Rush)
Subterranean サブタレイニアン (2016/04/26 12:05)
監督 ロン・ハワード 主演 クリス・ヘムズワース 2013年 イギリス/ドイツ/アメリカ映画 123分 ドラマ 採点★★★ 特にスポーツをやっていたわけじゃないので、所謂ライバルって存在には縁のなかった私。仕事や趣味の場など人間関係においても、好き嫌いが激しく…


| ホームTOP ▲ |