「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」「人生、いろどり」感想
益田ミリさんの「すーちゃん」に、主役のキャスティングが、まるで合わない事は重々承知のまま鑑賞。
e665099b96cd38c7afe82e22b36b6b62-428x600.jpg
興味はあったものの、お金を払ってまでは・・(すいません!)と思っていた作品が、テレビで放映されると、とても嬉しいです。全く期待しないで見たせいか、あれ?結構面白いじゃないか、上手く作っているなあ、という印象。
もし、すーちゃんを、ごく普通ルックスの女優さんが演じていたら・・・と思うと残念ですね。
面白かったです。3つ★半

さんざん文句を言いましたが、やっぱり柴崎さんは演技が上手い。
なので、原作を知ってから見ると、違和感ありありでも、彼女の表情とか動きを見ていると、なんだか引き込まれてしまうんですよね。それは凄い事だと思う。そういえば、「食堂かたつむり」も、彼女が主役だったっけか(笑)
まいちゃんと、さわこさんは、違和感無し。3人の友人がお互いをいたわり合いながら、仲良くしている様子はとても微笑ましくて良かったです。

原作で強く印象に残っていた、結婚前の妊娠できるか?チェックエピソードとか、物事がもう解らないおばあちゃんに、挨拶、などが、映画版でも、ちゃんと入っていましたね。

あと、これは原作にあったっけ・・・?なかったんじゃ・・・?って箇所があったのですが、すーちゃんがキスされるとか、鼻血のところ・・。

同様に、まいちゃんが独身でバリバリ働いていた後、結婚して子供が出来て、昔を懐かしむエピソードや、両方の立場を経験した事でのセリフなど・・・。
でも、そこ、とても良かったです。

あとヘリコプターで東京空中15分って処・・・。
まいちゃんがすーちゃんに好きだと思うと渡した曲が、矢野さんの曲で・・・、それをBGMに東京夜景・・なんですけれど・・・。微妙に違う様な・・(すいません、あくまでも私の感覚では・・)
でも、ラストの曲、カサリンチュの「あるがままに」は結構合ってる、って思いました。

柴崎さんたちの洋服のスタイリストは、堀越絹衣さん。かもめ食堂などを担当した、オリーブのスタイリストさんでした。

すーちゃん まいちゃん さわ子さん (2012/日)
監督 御法川修
原作 益田ミリ
出演 柴咲コウ / 真木よう子 / 寺島しのぶ / 木野花 / 染谷将太 / ARATA
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、見終わった後、これを作った監督さんは、だれぞ?と検索してみたら、先日やっぱり興味があったものの、映画館にまでは行かなかった映画が図書館に新着で入っていて、借りてみたら結構面白かった「人生、いろどり」 (2012)の監督さんだと解りました。
なので、まとめて感想を残しておこうと思いました。

「人生、いろどり」 (2012/日)
poster_2014102912095103f.jpg
実話とのこと。興行的には成功させるのは厳しいと想像させられますが、面白かったです。4つ★

吉行さんと富司純子さんが、とても良いです。2人それぞれの個性、そして家庭の様子が描かれるので感情移入しやすいです。日本のおばちゃん達のほとんどが(私も含め)、きっと彼女達に好感を持てるのではないでしょうか。
そこに、ふらりと帰って来た学友の中尾ミエさん。彼女の過去、そして学校の先生・・、親との関係なども描かれます。

印象に残ったシーンは、最初の方で、料亭に、はっぱ偵察に行ったものの、女将さんに冷たくあしらわれ、どうするか?と思いきや、吉行さんが勇気を出して彼女に言いに行くところ。
お金を稼いで、お洒落をしようと美容院、洒落た服を買いに行くところ^^

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
富司純子さんが、ぽっくり死んでしまいます・・・。でも彼女は手先の器用さで、色々な小物を作ったりして、幸せな人生、幸せな逝き方だったんじゃないかな・・・と思いました。
成功するのがラストじゃなくて、割と思ったより早い段階だったのは意外でした。
夫が妻の成功を、あまりよく思わないとか、なんと火事でビニールハウスが燃えてしまう・・とか、後半は苦しいエピソードが多いんですよね・・・だから、ピークが中盤に来てしまって、最後に、爽快!やったー!って気分では終わらない・・・。途中までは凄く良かったのだけれど・・・。
あの火事も実話なのでしょうか・・・。どこからどこまでが実話なのか?色々気になっちゃいました。
以上

「人生、いろどり」 (2012/日)
監督 御法川修
脚本 西口典子
衣装 安野ともこ
出演 吉行和子 / 富司純子 / 中尾ミエ / 平岡祐太 / 村川絵梨 / 戸次重幸 / キムラ緑子 / 藤竜也
【2014/10/30 10:59】  コメント(4) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「光にふれる」感想 | ホーム | 「レイルウェイ 運命の旅路」感想>>
コメント

スタイリスト、堀越絹衣さんなんだ。
懐かしいですねー。Olive読んでました。
映画全体の雰囲気がほっこりしているのもその影響かな。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2014/10/31 10:15   |  TOP ▲ |


まとめてトラバお願いします。
「すーちゃん~」先日BSだったかで最後だけ観て、矢野さんの「PRAYER」が流れて、一体全体どういう映画なのだろう…、で終わりました。
アハハ。
内容のないコメントですみませんデス。
こに  【 編集】  URL |   2014/11/01 14:04   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
わーい!roseさんも、同じ様な本を読んいたのね^^

そういえば、最近、oliveのスタッフさん達で作ったらしい本が創刊されたそうで、興味あります。値段が1500円くらいだっけか・・・中身を見れなかったので、まだ買ってないんですが(置いてある処が少ないみたいで)
若くない世代向けの本で、なかなか気に入った本が無いので、oliveのスタッフさん達が作る本なら、どんな感じなのかなーって。
latifa  【 編集】  URL |   2014/11/02 22:48   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは♪
TB、コメント、ありがとうございます^^
いつも、こにさんは、先に映画館で良い映画を鑑賞しちゃっているのが、羨ましいです。
私が見れるのは、半年~1年後のDVDレンタルになっちゃうんですよ・・・

> 「すーちゃん~」先日BSだったかで最後だけ観て、矢野さんの「PRAYER」が流れて
最後だけご覧になられたのね^^
原作とは全然想像もつかないキャスティングの、すーちゃんでしたが、結構面白かったですよ^^
latifa  【 編集】  URL |   2014/11/02 22:59   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1219-a68c4f4c

『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』
京の昼寝〜♪ (2014/10/30 12:27)
□作品オフィシャルサイト 「すーちゃん まいちゃん さわ子さん」□監督 御法川 修□脚本 田中幸子□原作 益田ミリ□キャスト 柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶ、木野 花、銀粉蝶、染谷将太、井浦 新■鑑賞日 3月9日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(...


『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』 (2012) / 日本
Nice One!! @goo (2014/10/31 10:09)
監督: 御法川修 出演: 柴咲コウ 、真木よう子 、寺島しのぶ 、木野花 、銀粉蝶 、風見章子 、井浦新 、染谷将太 公式サイトはこちら。 原作は益田ミリの漫画「すーちゃん」シリーズ。未読なので漫画と映画との相違点などのようなものはわからないけど、女性...


| ホームTOP ▲ |