「わたしはロランス」感想
20代前半で、監督・脚本・美術・衣装・編集・音楽をひとりでこなし、かつ、この美貌・・・ドラン恐ろしい子!
a0212807_2291497.jpg
かねがね、ドラン監督の評判を聞いていたものの、なかなか彼の映画を見れずにいて、今回やっと初めて鑑賞する事が出来ました。

これから期待される、楽しみな存在ですね!
ときどきハッとするショットや色使い等、見ていて目に愉しかったです。
上から服が降って来るシーンや、奥まった場所の部屋や、二人が、それぞれ異なるアラビックな壁紙を背に、それに似合ったファッションを着て話すシーンが印象に残りました。
yjimage (1)

でも、映像の魅力だけに偏ることなく、しっかりストーリーも練られていて、感心しました。
ただ、ちょっと長かったかな・・。

主人公がメルヴィル・プポーなのが、適役というか・・・。ミッツ・マングローブは、もしかしたら、このプポーが演じた男性と同じ様なタイプなのだろうか・・・。

それにしても、もし自分が彼女の立場だったら、どうしただろうか?
みんな、やっぱり自分に置き換えて考えてみるだろうと思う。そして、彼女が、それでも彼と一緒に居続けるという選択をした事と、彼の側にいての苦悩や、今よりもそういった事に世間の目が厳しかった時代、一緒に生きる事でのストレスなど、測りきれないものがあっただろうと思う。

数年前、何かの番組で、長年結婚生活を送っていた日本人夫婦の夫が、女性になり、結果的に家族に2人母親がいる状態になったが、そのまま離婚とかせず、子供もそれを受け入れ、仲良く暮らしている、というのを見た事がある。あのご家族は、今はどうなっているのだろうか・・。願わくば、そのまま幸せに暮らしていると良いな・・・。

★以下ネタバレ 白文字で書いてます★
ラストは、出会いのシーンなのか、それとも、その後のシーンなのか…解らなかったです。出会いなのかな・・・以上

彼女役の女性が、途中から赤く染めた髪の毛で、それがなんだか安っぽい印象で、そのせいか、あまり綺麗な人じゃないなあ・・って思っていたのですが、何年後かのシーンで、ごく普通の髪になったら、あれ?結構綺麗なんだな!と、驚きました。

また音楽は、80年代のNEW WAVE音楽が結構使われていて、なかでも「ヴィサージの「Fade To Grey」が流れてきた時はびっくり。(家にLPレコードがありました。30年ぶりくらいに聞いたわ・・・)。

わたしはロランス (2012/カナダ・仏)
Laurence Anyways
監督 脚本 グザヴィエ・ドラン
撮影 イヴ・ベランジェ
美術 アン・プリチャード
音楽 ノイア
出演 メルヴィル・プポー / スザンヌ・クレマン / ナタリー・バイ / モニカ・ショクリ / スーザン・アルムグレン / イヴ・ジャック / ソフィー・フォシェ / マガリ・ルパン・ブロンド / カトリーヌ・ベジャン
【2014/11/26 19:06】  コメント(8) | トラックバック(3) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「ある日どこかで」感想 | ホーム | 「マリアの恋人」感想>>
コメント

こちらにも

私もこれ今年になって観たんだけど
好き・・・・笑
心情が現れるような映像も素敵だったし
なにより、内容が面白く感じてね。
ああいう方に寄り添う、女性側の気持ちに
どっぷり入り込んでしまったわ
いろいろ大変よね・・・きっと。

赤から⇒普通の髪・・・
うんうん、最後の方が綺麗に感じたよね。
まあ、いろいろあって人生磨かれたかな

長いから時間的な余裕のあるときじゃないと
鑑賞難しいよね~~
みみこ  【 編集】  URL |   2014/12/03 09:38   |  TOP ▲ |


みみこさん、こちらにも、ありがとう☆
実は、みみこさんの感想、この前拝見させてもらっちゃっていたんだ^^
さっすが、みみこさん、もうドラン作品色々チェック・鑑賞済みだったんだなぁ(^^♪って思っていたよん。

そうそう、内容、興味深かったよねー。
話題性や映像だけじゃなくて、しっかり、そういう処があって、感情移入させられたわー。

最新作も是非見てみたいなー。
みみこさんは、すでに鑑賞済だよね?
また、レンタルになっちゃうと思うから、1年後くらいかなあ・・・
随分後になっちゃうけど、改めてまたお邪魔させてねー
latifa  【 編集】  URL |   2014/12/03 13:16   |  TOP ▲ |


確かに長かったよね。
ちょっと途中飽きました。
みなさん大絶賛なんだけど、私は今公開中の『トム・アット・ザ・ファーム』の方が好きです。こちらもぜひ。
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2014/12/04 08:41   |  TOP ▲ |


roseさん、こんにちは!
『トム・アット・ザ・ファーム』、劇場には見に行けそうもないので、レンタルになったら、必ず見ます!
1年後、またroseさんちの記事にお邪魔させてくださいまし^^

そろそろ今年のベスト10を選ぶ時期になってきましたねー。
roseさんのチョイス、楽しみだなー(*´▽`*)
latifa  【 編集】  URL |   2014/12/04 15:32   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2015/01/19 08:48   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2015/01/19 15:01   |  TOP ▲ |


こんにちは!

ぐいぐい来る、凄い作品でした
168分の長尺が気にならないくらい
序盤のいちゃいちゃ会話は大丈夫かと思ったけれど、カミングアウトから一気に引き込まれてしまいました!
まあ、実際の所はこのような特殊?な男子に当たる確率は低いと思うので、10年無駄に過ごすよりも次行こう!ってことになるのでしょうが、お互い愛し合ってるからこそ「無理だ」というところがとっても現実的に描かれていて、気が重くなりました
それでも後半に多くある感情演出がまた素敵で、監督の才能に呆然とさせられました!
他の作品もみてみよう!借りてあるんだ~♪
maki  【 編集】  URL |   2015/06/18 09:21   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
これ、ご覧になられたんですね。
そうなんですよね、かなり長めの映画なのですよね。

> まあ、実際の所はこのような特殊?な男子に当たる確率は低いと思うので、10年無駄に過ごすよりも次行こう!ってことになるのでしょうが、

これと、「アデルブルーは・・」と、同じ時期に見たのですが、両方とも恋愛国家おフランスの映画で、偶然にも、ながーい間、一人の人を想い続ける系の内容で、ころころ恋愛しまくるのとは真逆で、印象深かったです。

この監督さん、すっごくカッコいいんですよね。若くて才能もあって。
他の作品は、どうだったかなー。私も見たいと思いつつ、人気があるのに、本数が少ないせいか、たいがいレンタル中で・・・
まだ他の作品をなかなか見れずにいます。
latifa  【 編集】  URL |   2015/06/23 13:56   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1226-d67a7350

わたしはロランス
ちょっとお話 (2014/12/03 09:40)
わたしはロランス(2012  カナダ・フランス) LAURENCE ANYWAYS 監督: グザヴィエ・ドラン 製作: リズ・ラフォンティーヌ 脚本: グザヴィエ・ドラン 撮影: イヴ・ベランジェ 美術: アン・プリチャード 衣装: グザヴィエ・ドラン 編集: グザヴィエ・ドラン 音楽: ノイア 出演: メルヴィル・プポー (ロランス・アリア)...


【フランス映画祭2013】『わたしはロランス』 (2012) / カナダ・フランス
Nice One!! @goo (2014/12/04 03:26)
原題: Laurence Anyways 監督: グザヴィエ・ドラン 出演: メルヴィル・プポー 、スザンヌ・クレマン 、ナタリー・バイ 映画『わたしはロランス』公式サイトはこちら。 (2013年秋 公開) フランス映画祭2013『わたしはロランス』 ページはこちら。 モン...


わたしはロランス
いやいやえん (2015/06/18 09:11)
【概略】 モントリオールで国語教師をしているロランスは、恋人・フレッドに「女になりたい」と打ち明ける。厳しく非難するフレッドだったが、やがて彼の最大の理解者になろうと決意する。 ラブストーリー 愛がすべてを変えてくれたらいいのに。 自身も役者として主演することもあるという、この映画を撮ったグザヴィエ・ドラン監督。若干24歳である。これが3作目、もうこれだけで驚きです。若い...


| ホームTOP ▲ |