「ある日どこかで」感想
img_0_2014112517044688d.jpg
34年前の映画ですが、おもしろかったです。
いやーーー、肖像画のジェーン・シーモアさん、美しい!!!
この写真に惚れてしまうのも良く解る。
そして実際に動いている彼女も、その写真に劣らない美しさ・・・。
最近、映画を見ていても、ここまで綺麗な女優さんを、全然見ていなかったため(実はこの映画を見る前に、数本映画を見ていたのですが、偶然、美人!ってわけじゃない女優さんの映画だったのもあって・・)ただ、ただ、見ていて、ぼーっとなってしまうくらい綺麗だー。
かつ、スーパーマンのクリストファー・リーブさんも、彫刻のように美男だわー。ちょっと横顔が、トム・クルーズに似てるのね?
彼のその後を知りつつ、この映画を見ると、なんとももの悲しいですね・・。

美男美女に、ラフマニノフの美しい曲に、1912年頃のクラッシクで素敵な白いホテルと緑と青い空と海。
この当時の衣装や小道具も凄く好みだわー。

内容には、???って処があるには、あるけれど、なんというかなあー、それはそうなんだけど、見ている最中は、そういうのがあまり気にならず、どうなるんだ??って、はらはらしつつも、美しさを堪能できる映画ですね。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
2人が一番良い時に、76年のコインを触ったことで、いきなり戻ってしまう・・・。
戻ったものの、もう生きる意欲を失った彼は、何も食べないまま、絶食死してしまうが、三途の川には、彼女が(年取った姿ではなく、あの時の美しい若い娘の姿で 笑)立って待っていてくれる、というシーンでお終いでした。
以上

見終わってみると、結構つっこみどころ、あるな(笑) でも、見ている間、現実から、ワープしたかのように、映画に入りこませられましたよ。良かったです。

ある日どこかで (1980/米)
Somewhere in Time
監督 ヤノット・シュワルツ
脚本 原作 リチャード・マシスン
撮影 イシドール・マンコフスキー
音楽 ジョン・バリー
出演 クリストファー・リーヴ / ジェーン・シーモア / テレサ・ライト / スーザン・フレンチ / クリストファー・プラマー / ビル・アーウィン / ジョージ・ヴォスコヴェック / ジョン・アルビン
【2014/11/30 15:12】  コメント(2) | トラックバック(0) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「インターステラー」感想 | ホーム | 「わたしはロランス」感想>>
コメント

お邪魔します~~
寒いね~~~

感想UPしてくれてありがとう・・
そうそう、今見ると突っ込みどころはあるんだよね
でも80年代に見たときは
純粋さもまだ残っていたから素直に感動したよ
リーヴさんの、恋愛ものもなかなか素敵だよね★
ラフマニノフ曲も良いよね~~雰囲気盛り上げて

そういえば、村上大介君のフリーも
ラフマニノフだったわ。違う曲だけど。
やっぱり音楽も大事よね
みみこ  【 編集】  URL |   2014/12/03 09:32   |  TOP ▲ |


みみこさん、こんにちは♪
朝の送迎、激寒じゃない?(´ー`) 
車に乗った瞬間とか、その後10分くらいは、ずっと氷みたいだよね。
新しい車を開発する時、無理だろうけど、タイマーなんかで、前もって乘る30分前に電源が入って、オンドルみたいに、シートとか内部が温かくなる、みたいのあったら、売れると思うんだけどなぁー。

いやいや、想像していたより、ずっと面白くて堪能しちゃう映画だったよー。
なんというか、ちょっとベニスに死すちっくな映画(全く違うんだけどさ、風景・音楽・美しい人が出てきて、しかも舞台設定の時代と豪華さが)だったから、いつの時代見ても楽しめる気がするよー。

で、you-tubeで昔のドラマが見れるの??それは知らなかった、今度探してみようっと。
そうそう、この前、やっと「ふがいない僕」の映画をレンタルして見た直後、偶然youーtubeで、細切れだけど映画がアップされているのを発見して、げげーって思ったよ。ずーっと、いつも借りられていて、今回やっとタイミング合った!と思ったのにさ。無料でいつでも見れたのねー(:_;)

> そういえば、村上大介君のフリーも
> ラフマニノフだったわ。
うん、うん! 
ラフマニノフ、スケートで使う人、時々いるよねー。
羽生君の最近のやつは、「戦場のピアニスト」の曲だったっけか。
スケートといえば、安藤さん、またまた驚かせられたわ。いちいち報告しなくても良いんじゃないの?とか思うけどねー。
latifa  【 編集】  URL |   2014/12/03 13:10   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1227-633ae989

| ホームTOP ▲ |