「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」感想
息子、優しいなあ・・・・。
2ec456121b2c5d4ffdeafc4f7e1db5ba.jpg
こういう広大な田舎のアメリカの風景や、ロードムービーは大好き。
全編モノクロ。
カラーの部分が後半登場するのかな?と思いきや無かったです。

100万ドルのくじが当たったからリンカーンに賞金を取りに行くと言い張る父。
口うるさく昔モテてたらしい母、アナウンサーの兄と、優しい弟。
この次男が、本当にとても優しい・・・。
見ている私は、何度もため息・・・・はぁーーっ・・・ってシーンが何度も登場する。
でも、この息子は父に声を荒げることもなく、イライラをぶつけることもなく、いつもおっとりと対応し続けるんですよね。なかなか、できませんよ、こんな事は。

久しぶりに帰って来た故郷で、懐かしい旧友や親戚、知り合いに会うのだけれど・・・
★以下ネタバレ 白文字で書いています★
今まで知らなかった父の姿が、ぽつりぽつりと解ってきます。朝鮮戦争に行って帰って来てから、もっと口数が少なくなったこと、母と結婚する直前まで付き合っていた女性がいたこと。彼女は新聞社で働いていましたが、とても良い人だった。この人と父が結婚していたら、どうなっていたんだろうか・・・。
そうそう、兄が産まれた後、父はとある女性と不倫し、離婚の危機があったこと、などなど・・・。
そんな事もあって、母はああいう風にトゲのある発言を父にするようになってしまったのかもしれない・・・。
ラストは、当然くじなんてあたってるはずもなく、息子が父にトラックとコンデンサーを買ってあげる・・・
以上

これ、周りの方々みなさんに、とても評判が高いんですよね、残念ながら私は、この映画を見ながら、自分なら、あの息子の様には優しく出来ないだろうし、イラっ!と来ちゃうだろうな・・・と思わせられ・・・。
楽しむというより、ため息・・・な気分のシーンも多く・・・。まだまだ自分は人間ができてない・・、寛容さに欠けるなあ・・・と、思わせられたのでした・・・。3つ★

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (2013) 
NEBRASKA
監督 アレクサンダー・ペイン
出演 主演:ブルース・ダーン、ウィル・フォーテ、ジューン・スキッブ

同監督の「ファミリーツリー」も、それなりに面白く見たはずなのだけれど、感想を書きそびれて、今や記憶が曖昧に・・・。
【2015/03/19 17:19】  コメント(8) | トラックバック(5) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<27年ぶりに再見「バクダッド・カフェ」 | ホーム | 「めぐり逢わせのお弁当」感想>>
コメント

latifaさん、こんばんは~。コメント&TBありがとうございます。
レスが遅くなってごめんなさいね、卒業式とかいろいろあって。。

あはは、私だって絶対ムリ!無理ムリ、あんな旅無理!!
あんな息子なかなかいないよ~。
でも、私はこの監督の映画お気に入りなんだ♪

最近、インド映画たくさん公開されてるよねー。
私はあまり観れてないんだ。。お弁当も観てないわ。
エニグマも観たんだけど、感想アップする時間がなくて。
すごく良かったよね。。アップしたらまた来ますね♪
真紅  【 編集】  URL |   2015/03/22 21:53   |  TOP ▲ |


これねー、去年好きな作品だったんだけど、
時間なくて書かないうちにどんどん書くチャンス失いましたとさという作品です。

映画だからいいんだろうね。
リアルでこんな親ならめんどくさくてやだよ(笑)
いいかげんにしろ!ってw
rose_chocolat  【 編集】  URL |   2015/03/23 07:49   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
卒業式?!えーー、もうそんなに経ったかーー。
4月からは高校生なのね?早いなぁー。
一応中高一貫でも、卒業式はちゃんとやるものなんだね^^

で、この映画。
確かに映画館で見たら、広大な風景も、もっと目に迫って来ただろうし、この映画の世界に入りこめて、評価上がった気がするなー。

そうっか、この監督さんお気に入りなのね。私も数本見てるけれど、コレ!!っていうのには、出会ってないかも。どれも面白くは見たんだけどもね。
この監督さんって、作風だけで決めつけるのは、なんだけど、優しい人なんだろうなーって思う。
latifa  【 編集】  URL |   2015/03/24 17:27   |  TOP ▲ |


roseさん、こちらにもありがとう!
えー(:_;) 休日出勤もするほど毎日ご多忙なのね・・・。
5月くらいになったら、少し落ち着くんだろうか・・・
寒暖の差が激しい今日この頃だから、風邪など引かないように、がんばって下さいね☆

これ、劇場鑑賞とお家鑑賞では、違うんじゃないか?疑惑が湧いて来たよ^^

latifa  【 編集】  URL |   2015/03/24 17:30   |  TOP ▲ |


こんにちは!

私も出来すぎな息子だなあと感じましたよ。ただ、家族愛が一本真ん中にあって、そこは素敵だなあと思いましたが。
でも現実にはこんな息子いないよ!とは思いました。
無口な爺ズが可笑しかった~。ロストデイビットも老いたらあんな感じになるのかな?(笑)
maki  【 編集】  URL |   2015/04/11 08:27   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
優しい息子さんですよねー。
うーん、、、、この映画に関しては、映画館で見てこそ、はまれる映画だったのではないかな・・?お家鑑賞だと、やっぱり、どこか一線引いた気持ちで見てしまうところがあるから・・
と言う風に考えることに至りました^^
latifa  【 編集】  URL |   2015/04/12 08:37   |  TOP ▲ |


latifaさんこんにちはー。
ちょっと古いやつですけど見たのでコメントです。息子ってやさしいなぁと思えた映画でしたねー。やさしすぎるから彼女にも逃げられたんでしょうかねー。優しさとはっきりしない感じは紙一重ですからね!私もあんなにやさしくできないタイプです笑。

あの白黒が止まってしまった町を表現しきっていたと思います。映像はお見事!

TB失礼しますー。
minori  【 編集】  URL |   2015/09/05 17:08   |  TOP ▲ |


minoriさん、こんにちは!
やっぱり、この息子さん、優しいなーって思われましたか。

> やさしすぎるから彼女にも逃げられたんでしょうかねー。優しさとはっきりしない感じは紙一重ですからね!
優しすぎて・・・って、事で彼女に逃げられる男性っているみたいですが、私は少ない経験ながら、一度もそういう男性に出会った事がなかったので、羨ましいなーなんて思っちゃいますよ。

とはいえ、確かに、はっきりしない・優しいは、紙一重ですねー。
minoriさん、鋭い!ハッキリしないのは、イヤだなー。
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/06 11:35   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1251-0fbe8611

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
風に吹かれて (2015/03/21 15:06)
新しいトラックと空気圧縮機 公式サイト http://www.nebraska-movie.jp 監督: アレクサンダー・ペイン  「サイドウェイ」 「ファミリー・ツリー」 モンタナ州に暮らす老人ウデ


ミリオンダラー・ダディ~『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
真紅のthinkingdays (2015/03/22 21:45)
 Nebraska  モンタナでAV機器販売店を営む、冴えない中年男デイヴィッド(ウィル・フォ ーテ)は、父ウディ(ブルース・ダーン)とネブラスカを目指してドライヴする。 ウディは100万ドルの懸賞に当選したと思い込み、歩いてでもネブラスカに行 くと言い張るのだ。根負けし、渋々ながら父に寄り添うデイヴィッドだったが・・・。  アレクサンダ...


映画・ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
読書と映画とガーデニング (2015/03/24 09:21)
原題 NEBRASKA2013年 アメリカ 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父親インチキだと知りながらもそっと寄り添う息子愛すべき旅の途上でいつしか心と心がつながれていく 警察からの連絡を受けて、疎遠にしていた父親のウディ(ブルース・ダーン)を迎えに行...


ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
いやいやえん (2015/04/11 08:21)
【概略】 100万ドルの賞金に当たったと信じ込む父・ウディを見兼ねた息子のデイビッドは、骨折り損だと分かりながらも彼を車に乗せて旅に出る。 ドラマ 頑固者で少々痴呆気味の父親ウディと、彼の無茶旅に付き合う事になった息子との物語。 全編モノクロなのですが、これが味わいがあってよかった。 ただ、なんかなあ。息子デイビットの献身が、あまりにも優しすぎると言うか普通ここまで出来...


『Nebraska』ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅
キマグレなヒトリゴト: IN PERTH (2015/09/05 17:09)
そういえば私が初めて生きた英語に触れたのはネブラスカから来た子たちと話した時だったなぁ。 白黒の世界はどこか動きがスローで、現代とは違ったものに見えてくるから不思議 ...


| ホームTOP ▲ |