「セッション」感想
28歳の監督さんが、実体験を織り込んで作ったそうで、すごい・・。4つ★
poster2_2015051011012558d.jpg
主人公は、朴訥そうで優しそうなルックスとは違って、ギラギラと野心と自信たっぷりなんですね・・。
教師も教師だけど、この主人公も結構な人間で・・。
2人とも、良い人間ではなく、ちょっと嫌なヤツなんですよね。それに、音楽を極めることに対して、もう・・そこまでするか?ってくらい、イっちゃってて・・・。

主人公も、ひとかどの音楽家になるために、あえて友人は不要だと言い切る。
なんぼ自分の演奏に自信があるといっても、同僚の演奏をクソ呼ばわりするのは、どうかと・・・。
スポーツや勉強のように、秒数や点数でハッキリ結果が出るの違って、音楽や芸術って、見る人の好みによって、良い悪いの差が出て来るのが難しいところ。
でも、フレッチャーには、ニーマンには才能があるって、最初にすぐピンと来たんでしょうね。だから目をかけて、色々な事をしかけた。
音楽でも、また何の世界でも、ある程度その道を極めた人が見れば、「あ!この子は才能がある!」と、キラッとしたものが解るって。

でも、ドラムの迫力ある演奏や緊張感あふれるシーンの連続で、面白く集中して見ることができました。
登場人物が少なくて、ぐっと心理に浸れるタイプの映画は、私の好みの映画なんです。
それにしても、音楽で生きていく、一握りの有名な音楽家になるのは、本当に大変な事なんでしょうね・・・。
楽譜もわざとだったのかな・・・。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
それぞれ退学、離職した後、また再会した2人。フレッチャーに誘われて楽団に参加し、本番。
まさかの自分だけ楽譜を渡されてない事に気がつく。フレッチャーは「密告したのはお前だろう、俺を甘く見るな」(少々違うと思いますが、そんな風な事)を言われます。
しかし、ここでニーマンは、勝手にドラムを演奏し暴走。他のメンバー、最後にはフレッチャー本人も彼の演奏を中心に、セッションとなって・・というラストでした。ニーマン目線で見ると、してやったり!ってスカッとするのだけれど、主人公が自信があるから故のワンマン行動・・。アメリカ映画らしいなあーとも思ったりもして。楽団の他のメンバーたちがちょっと気の毒でもある・・・。 
ただ、彼女についての処で、せっかく交際まで発展できたのに、音楽に集中したいからとふっておいて、後でまた気持ちが変わって連絡するも、その時にはすでに彼女には新しい彼氏がいて・・という、ニーマンが何もかもが上手く行ったわけじゃない部分を入れ込んでいたのも良かったです。確かに何か大きな夢をかなえる時、恋愛とかその他、色々なものを犠牲にして、1本集中突き進まないと、かなえられない、っていうのはあるかと思います。
以上

セッション (2014/米) Whiplash
監督 脚本 デイミアン・チャゼル
撮影 シャロン・メイア
美術 メラニー・ペイジス・ジョーンズ
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
出演 マイルズ・テラー / J・K・シモンズ / ポール・ライザー / メリッサ・ブノワ / オースティン・ストウェル / ネイト・ラング
【2015/05/10 11:01】  コメント(14) | トラックバック(16) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「大統領の執事の涙」感想 | ホーム | 「博士と彼女のセオリー 」感想>>
コメント

この映画が凄いのはニーマンとフレッチャー、共に最高の音楽家を求める2人が対決の果てにその頂点に達すると同時に映画が終わるこの巧さ。
これはセンス以外の何物でもないと思いましたよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2015/05/10 23:01   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> この映画が凄いのはニーマンとフレッチャー、共に最高の音楽家を求める2人が対決の果てにその頂点に達すると同時に映画が終わるこの巧さ。

この後、会場は?またスカウトマンは?、どうなったんだろう?と、しばし考えてしまいました。
ニーマンとフレッチャーの関係は、相変わらずだった気がします^^

> これはセンス以外の何物でもないと思いましたよ。
まだ28歳の監督さんということで、次回作も期待されますね。
latifa  【 編集】  URL |   2015/05/12 17:04   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは。
私もこれ観ました~。
すっごい好きなタイプの作品でした。DVD欲しくなったくらい(^^ゞ
ちょっと「4分間のピアニスト」も思い出しました。(これは特別好きと言う訳でもなかったけれど・・latifaさんはお気に入りかな?)
つるばら  【 編集】  URL |   2015/05/12 21:56   |  TOP ▲ |


つるばらさん、こんにちは!
そうっか、つるばらさんのお気に入りの映画になったのねー。
この監督さんが以前に撮った、グランドピアノ・・・じゃなかった・・なんだっけか?
ピアノの演奏で一か所でも間違ったら、どうのこうの・・・って映画があって、それも見たいなーって気になっていたんだ(イライジャ・ウッドだっけか?誰か小柄な俳優さんが主演で)

そういえば、「4分間のピアニスト」、そんな映画があったよね。
私は、かなり好きな作品だったよ!
あれも凶暴な生徒に、コワオモテの先生だったっけ。
latifa  【 編集】  URL |   2015/05/13 20:12   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
そうそう、あの楽譜! あんな一瞬で誰が取ったんだろうね? コワー。
これって音楽版『ブラック・スワン』と言ってる方もいらして、なるほど、、って感じ。
ほとんどホラーだったもんね!
監督がまだ28歳ってのにもビックリよ。。すごい才能だねー。
監督の実体験らしいけど、音楽の道じゃなくて映画監督の道で花開いたね。
しかし、実在しているはずのこの鬼教師、今頃どこで何をしているのやら。。
また監督に仕返ししてこなきゃいいけど^^;
真紅  【 編集】  URL |   2015/05/14 13:04   |  TOP ▲ |


面白かったですね〜
まさかあんな復讐劇みたいな話しだったとは 笑
JKシモンズももちろん良くて評価されたけど、主演の彼、もものすごく良かったですよね。
普通っぽいところがまた。笑
mig  【 編集】  URL |   2015/05/14 16:36   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
「はじまりのうた」そんなに良かったんだねー。私もダブリン~は、かなり好きな映画だったから、同じ監督さんの音楽の映画ってことで、チェックは入れていたんだけど、そうかー、今度レンタルになったら、絶対見てみるね。

音楽版『ブラック・スワン』
確かに。ただ、あっちは、バレエの練習以外の部分(プライベートな、心理的な方に)改革を・・って風に感じて、こちらは、あくまでも演奏の練習、テクニックを命がけで磨くって感じだったね。
私は、ブラック~の方が、より好きかもしれないな。

> しかし、実在しているはずのこの鬼教師、今頃どこで何をしているのやら。。
ほんとね?
この映画が話題になっているから、ご本人は自分がアイディアになってること解ってるはずよね。
周りの同級生や知人も知ってるはずだろうし。興味あるなあ^^
latifa  【 編集】  URL |   2015/05/16 10:15   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは!
そうか、migさんは高校までピアノも続けていたのね?
私も高校まで。その後は、足が遠のいちゃって、もうずーっと数十年ピアノを弾いてないな・・。
migさんは、いまだに弾いたりすることあるのかな?
家は、電子ピアノがかろうじてあるだけ。
昔あった、アップライトのピアノは、とっくに処分しちゃったし・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2015/05/16 10:18   |  TOP ▲ |


latifa さん お久しぶりです。
北海道のめぐです。覚えてますか?
ゆうたんは、もう小3です。
でも吃音とかあって色々大変で未だに手のかかる子です^^;
ブログはもう更新してません。
久しぶりなので色々話したい事もありますが、それは追々話していくとして…
この【セッション】って映画凄い見てみたいです! 
彼女役かな?可愛らしい女の子。
ドラマ【glee】に出てた子ですね。
歌も上手ですよね♪

私はなんだか毎日バタバタしてて映画も、もっぱら衛星放送でやってる映画しか見てません(海外ドラマを主に見てますが最近又映画にハマってます)
最近は久しぶりに【サウンド・オブ・ミュージック】を見ましたww
長いけどやっぱり傑作だな~って思います。
あと、これは万人ウケのしない映画で何か問題が起きるとかもなく淡々と人間模様を描いてるだけなんだけど映画の雰囲気とかlatifa さん好みかな~?って思ったのが
【家族の波紋】です。
わざわざレンタルとかするような内容ではないけど機会があったら是非!!
長々とすいませんでした。
又遊びに来ますね!
めぐ  【 編集】  URL |   2015/07/01 00:06   |  TOP ▲ |


めぐさーんヽ(^o^)丿お久しぶりです!!
覚えてますとも!もちろん☆彡
ゆうたん、大きくなったなぁー!!もう3年生ですか。
時の経つのは早いわー。
吃音は心配だけど、まだ小学生だから、自然と治る人も多いと聞いていますよ。
作家の重松清さんも少年の頃吃音で悩んだそうです。
彼の書いた本に吃音の人が登場するお話が幾つかあったけれど、辛いよね・・。
ママさんとしても、どうしても気になっちゃうし、心配だと思う。
でも、個性の一つ・・って風にドン!とかまえて、気長に見守る感じが良いのかな・・。
難しいよね。私が親だったら?、やっぱり日によって、あっけらかんと考えられる日と、凄く気が落ちる時もあると思うし。
でも、芸能人やアーティストさん、政治家など、あらゆるジャンルで活躍されている人の中にもいらっしゃいますよね。

> この【セッション】って映画凄い見てみたいです! 
> 彼女役かな?可愛らしい女の子。
> ドラマ【glee】に出てた子ですね。
セッション、短い時間内で、はらはら出来て、面白かったですよー。
でもなー、ああいうスパルタな教育とかは、あんまり賛成できないというか、好きではなかったりするんだけど・・
めぐさんの感想もお聞きしたいな。
女の子、グリーに出てた子なのね? 前々から話題になってる人気のドラマなのに、未見なのよー。

> 最近は久しぶりに【サウンド・オブ・ミュージック】を見ましたww
私なんて、割とここ数年前に、やっと初めて見たんですが、まずあの舞台の風景にガツンと!綺麗なのねー!
それと、あの有名なドレミの歌が!あー、ここで歌われてたんだ?って、今更ですが・・。

> 【家族の波紋】です。
今、検索してみたら、面白そう!
レンタル開始が7月末みたいなので、チェックしてみますね。

またいつでも、お気軽に遊びに来てねー(^ー^)丿
latifa  【 編集】  URL |   2015/07/01 14:23   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは。
以前のブログでお世話になっていたのは遠い昔になってしまいましたが、久しぶりにお邪魔しました。

この映画、本当に集中しちゃいますよね。あんなに鬼気迫るまで何かに夢中になれるって羨ましいです。(でもあれは無理!)私もこういう心理に迫る映画、好きですねー。

TB失礼します。
minori  【 編集】  URL |   2015/07/13 22:26   |  TOP ▲ |


minoriさん、こんにちはー!
お久しぶりで、とても嬉しいです。
昔だなんて、ついちょっと前のような感覚ですよ^^
私は10年前の事が、つい最近の様に感じる今日このごろです。

>あんなに鬼気迫るまで何かに夢中になれるって羨ましいです。
確かにそうですよね。
なかなか、全てを捨てても、がむしゃらに、必死に何かを・・・って、そうそうそんな目標や夢って見つからなかったりしますよね。

また、いつでもお気軽に遊びに来てくださいましー。
私もお邪魔しますねー♪
latifa  【 編集】  URL |   2015/07/16 18:06   |  TOP ▲ |


こんにちは

私もこの映画の面白い所は、
ラストでの恩讐を超えた二人にしかわからない頂点に達した部分だと思います
あの一瞬、同時にてめえこのやろうと思っていたのでしょうが、なにか越えたものが合ったのだと思います
でも、終わればきっと今までのままだろうし、ワンマンショーに対する不満だって他の団員から出てくると思う
映画だからといってしまえば終わりですが、あそこで切ったのは巧い編集だったと思いました
maki  【 編集】  URL |   2015/09/24 09:15   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
あ、これ、レンタル開始になったんですね^^
今年前半で、凄く話題の、人気の高い映画だったので、もうレンタル開始なのねーと、少々ビックリもしてます。

> ラストでの恩讐を超えた二人にしかわからない頂点に達した部分だと思います
> あの一瞬、同時にてめえこのやろうと思っていたのでしょうが、なにか越えたものが合ったのだと思います
なるほどー!!

クライマックスのシーンで、ハッキリと、見ている誰もが解るような感情じゃない、複雑な感情が高まっている・・というシナリオは少ないかと思われ・・・。なかなかユニークな映画だったのかなー^^

> でも、終わればきっと今までのままだろうし、ワンマンショーに対する不満だって他の団員から出てくると思う
> 映画だからといってしまえば終わりですが、あそこで切ったのは巧い編集だったと思いました
確かに。
あそこから、また1日プラスされると、そういうもろもろの、現実の様子が入って来ちゃいますもんね。
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/25 10:25   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1257-77c389c4

セッション
風に吹かれて (2015/05/10 19:52)
血と汗がしたたる 公式サイト http://session.gaga.ne.jp 製作総指揮: ジェイソン・ライトマン 偉大なジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマ


『セッション』
こねたみっくす (2015/05/10 23:00)
ドラム版『フルメタル・ジャケット』という評価に偽りなし! ただ映画を見ているだけなのに、まるで自分自身も時間制限なしにドラムを叩かされているような、この全身に襲い掛か ...


『セッション』
京の昼寝〜♪ (2015/05/14 11:55)
□作品オフィシャルサイト 「セッション」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト マイルズ・テラー、J・K・シモンズ、メリッサ・ブノワ、        ポール・ライザー、オースティン・ストウェル■鑑賞日 4月19日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■c...


ジャズは死なず~『セッション』
真紅のthinkingdays (2015/05/14 12:59)
 WHIPLASH  父子家庭に育ち、幼い頃からドラムに親しんでいたアンドリュー(マイルズ・ テラー)は、全米屈指の音楽大学、シェイファー音楽院に入学する。伝説の ジャズドラマーになる夢を抱いていた彼は、名物教授フレッチャー(J・K・シ モンズ)と出逢い、彼のバンドの練習に呼ばれるのだが・・・。  ある時はピーター・パーカー(ことスパイダーマン)...


セッション/WHIPLASH
我想一個人映画美的女人blog (2015/05/14 16:34)
昔っから、バンド組んだとしたらボーカルか「ドラムやりたい」ってずーっと思ってたわたし。 すいません。考え甘かった アカデミー賞作品賞ノミネート、(助演男優賞 J・Kシモンズ、録音賞・編集賞受賞) サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞ほか。 ...


いや〜、ドッと疲れた。(^_^;)〜「セッション」〜
ペパーミントの魔術師 (2015/05/18 11:41)
これはもう完全に、周りの方が好印象だったので興味本位で首突っ込んだ作品で バードマン同様、おそらく自分じゃチョイスしない作品だった。 いやもう、息止めてるわけじゃないんだけど、映画が終わって エンドロールが流れ出したとたんに力が抜けたというか、ドワッと...


セッション
映画的・絵画的・音楽的 (2015/05/19 21:03)
 『セッション』をTOHOシネマズ新宿で見ました。 (1)アカデミー賞作品賞などにノミネートされ、結果としては、助演男優賞(J・K・シモンズ)、脚色賞、編集賞を獲得した作品ということで、映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭では、主人公のアンドリュー・ニー...


セッション
心のままに映画の風景 (2015/06/02 16:18)
ジャズドラマーを夢見て、全米屈指の名門であるシェイファー音楽院に入学したニーマン(マイルズ・テラー)は、鬼教師として名をはせるフレッチャー教授(J・K・シモンズ)の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。 自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが、そんな彼を待っていたのは、わずかなテンポのずれも許さないフレッチャーの狂気のレッスンだった。 それでも頂点を目指すためと、罵声や理不...


[映画『セッション』を観た]
『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 (2015/06/05 10:19)
☆・・・これは凄い映画でした。 私は、このような、『4分間のピアニスト』を彷彿とさせる、情熱や根性、才能や激情の作品が大好きなのです。  ・・・とあるジャズ評論家が、この映画に対し、そのエキセントリックさに「ジャズへの冒涜だ」と言い、 とある映画評論...


セッション
rambling rose (2015/07/09 21:13)
一流ドラマーを目指して名門音大に入学したニーマン。ある日、フレッチャー教授の目に留まった彼は、教授の指導するバンドへの参加を告げられる。


『Whiplash』セッション
キマグレなヒトリゴト (2015/07/13 22:25)
成功の陰にはまさに血のにじむような努力。世の中には褒められて伸びる子もいるわけで、なんだかここまでのスパルタ、どうなんでしょうね、と思ってしまいます。そしてパイプいす ...


セッション
いやいやえん (2015/09/24 09:08)
【概略】 名門音楽大学に入学したニーマンはフレッチャーのバンドにスカウトされる。ところが、そこで待ち受けていたのは常軌を逸した厳しいレッスンだった。 ドラマ J・K・シモンズが狂気の鬼教師を演じたことで話題に。 シェイファー音楽院という名門音大に入ったニーマンはジャズドラマーを目指していたが、フレッチャー教授のバンドにスカウトされるのです。 ここでの指導が、平手打ち、物...


セッション (Whiplash)
Subterranean サブタレイニアン (2015/09/25 20:45)
監督 デイミアン・チャゼル 主演 マイルズ・テラー 2014年 アメリカ映画 107分 ドラマ 採点★★★★ アホって文字を擬人化したようなウチの小6の長男。ただアホならではの吸収力の良さからか、所属しているブラスバンドでのスネアドラムの腕前は、大人混合の他チー…


セッション
象のロケット (2015/09/27 08:37)
名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のドラマーのニーマンは、フレッチャー教授が指揮するスタジオ・バンドにスカウトされる。 喜んだのも束の間、待っていたのは完璧を求める狂気のレッスン。 泣いて帰ったニーマンは、肉が裂け血の噴き出す手に絆創膏を貼り、ひたすらドラムを叩き続ける。 主奏者の譜めくりをする控え奏者だったニーマンに、ある日チャンスが巡ってくるのだが…。 音楽サスペンス。


セッション
銀幕大帝α (2015/09/27 13:09)
WHIPLASH 2014年 アメリカ 107分 ドラマ/音楽/青春 劇場公開(2015/04/17) 監督: デイミアン・チャゼル 脚本: デイミアン・チャゼル 出演: マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン J・K・シモンズ:テレンス・フレッチャー ポール・ライザー:ジム・...


映画『セッション』 Whiplash ネタバレでお節介な解説
グドすぴBlog (2015/11/10 21:22)
このブログの中では人気が高い、映画のお節介な解説シリーズ。 今回は『セッション』。 この映画はあえて様々な解釈や考察がなされるように作られています。 私もふと疑問に感じた事を調べようとネットで検索かけてみたところ・・・、出るわ出るわ、色々な論点で山ほどの熱い議論が。そこで、この「お節介な解説」では、その時に自分が調べて分かった事と良く見かけた論点について、なるべく簡潔に整理して書き...


| ホームTOP ▲ |