「ある過去の行方」感想
「別離」のイランの監督アスガー・ファルハディさんの次の映画。3つ★半
poster2_20150728101946cff.jpg
内容を良く知らないで見たため、映画の最初の方の印象と、最後の方の内容が、随分違ってる映画だったなあ・・・と思いました。
後半からの展開は、この監督さんらしい、えっ?と意外な処へと数回変わっていく面白さがあったのだけれど、開始早々から前半は、妻マリーと、再婚相手になるだろう相手の息子とのバトルとか・・、マリーのイライラとか、ピリピリした人間性等が見ていて、あまり楽しくはなくて・・・。
3回も結婚を繰り返している、子供が望んでいないのにもかかわらず勝手に結婚することを決めちゃってる・・・などなど、母親マリーに、あまり良い印象はなく・・・。ただただ、子供が可哀想で・・・。

そして、イランから離婚調停のために久しぶりに、パリにやってきたアーマド。
穏やかで落ち着いていて、とても良い人柄な印象な彼だけど、そんな彼も、かつてマリーと結婚していた頃、無職で、精神的にもよろしくなくて、マリーにウンザリされるのも当たり前な時期があったそうなのが中盤解ります。でも、そういう姿が、どうも想像できない・・。どうもこの映画、マリーが損?というか、見ている側に悪い印象を受ける様に作られていた感があるな・・・。

このところ親子関係が上手く行っていなかった、16才の長女が、実は自殺する前日に、母と彼のメールを彼の妻に送っていて、そのせいで長年うつ病を患っていた妻が自殺しちゃったにちがいない、と自分一人の胸の中で、悔やみ苦しいんでいたことを、アーマドに告げてからは、物語が動き出す。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
実は、その日、クリーニング店に妻は出てなかった→不法労働していたナイマが電話口に出て、妻にメールを送っていた(実はナイマは妻に対して良く思っていなかった シミ事件、不倫相手をナイマだと疑っていた等)→実は彼はまだ元妻への思いが消えていない(この彼、どうもマリーの事をそんなに好きじゃなさそうな気配がある描写が何度かありました)→寝たきりの妻の鼻に香水瓶を持って行って、手を握り返してくれるかどうか試しているところでお終い。。という展開でした。以上

それにしても、今彼だけど、妊娠の事は「事故だったんだ」、なんて言うし、結婚に積極的なのはマリーだけなんじゃない…?疑惑もあって・・・。だいたい、妻がまだいるのに、結婚出来るんだろうか?

16歳の長女を演じた女優さん(ポリーヌ・ビュルレ)が、マリオン・コティヤールに似てて美人さんだなあーと思っていたら、なんと、「エディット・ピアフ~愛の讃歌~」で、マリオン演じるピアフの10才時代を演じた女の子だったんですねー!

あと、主役のマリーを演じた女優さんが、絶対見たことあるんだけど、誰だったっけ・・・?と最後まで思い出せないでいたら、あの「
アーティスト」の主役の女優さんだったんですねー!うわーさすが女優さんだなあ、全く違う役、印象でした。

本作は、そうでもなかったけど(すいません!)、この監督さんの脚本とかは、基本なかなか面白いので、次回作も是非見てみたいです。

ある過去の行方 (2013/仏・イラン)
監督 脚本 アスガー・ファルハディ
出演 ベレニス・ブジョ / タハール・ラヒム / アリ・モサファ / ポリーヌ・ビュルレ / エリエス・アギス / ジャンヌ・ジェスタン / サブリナ・ウアザーニ / ババク・カリミ / ヴァレリア・カヴァッリ / アレクサンドラ・クレバンスカ

内容・あらすじ イラン人アーマドは、妻マリーとの正式な離婚手続きのためパリに呼ばれ、久々にかつての自分の家を訪れる。
家ではマリーとマリーの娘二人と、婚約者とその息子が、既に一緒に暮らしていた。しかし子どもたちの様子から、その新しく作られようとしている家族が上手く行っていない事が解る・・。
【2015/07/28 10:22】  コメント(6) | トラックバック(6) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「トム・アット・ザ・ファーム」感想 | ホーム | 「ムーンライズ・キングダム」/「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」感想>>
コメント

こんばんはー

これ、期待してたほどではなくて。
別離の方が印象強いし良かったです。
こっちはもう内容を忘れてしまった〜
メールがどうの、、、、ってlatifaさんの書いたストーリー読んでもあまり覚えてないくらい
あまり複雑な話になるのも忘れちゃいますね 笑
mig  【 編集】  URL |   2015/07/29 23:56   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは。

私も「別離」の方がおおっ!っていうのがあったなあー
でも、この監督さんの作品って、脚本力とかがあるから、
きっと次回作は、盛り返してくれて、良いのをまた作ってくれる気がします。

migさんは、この映画、細かいところ、もう忘れちゃってますか(^^ゞ
私も、半年後、記憶薄れてしまっているかもなあ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2015/08/04 16:03   |  TOP ▲ |


おはようございます~♪
孫ちゃん(我が家はまだお盆続行中なので)が起きて来ないうちにPCを開いたわ(笑)

マリー、幸せなはずなのになんだかとってもヒステリックに見えて観ていて疲れましたよねぇ。
私もすっかりアーマド寄りに観ちゃったな。

初めはなんてことのない(夫婦の再会)だったのに、どんどんとお話が動いて謎めいていって翻弄されちゃいました!!

過去は振り返りたくないといったマリーだったけど、前年ながら再婚相手はそうじゃなくって・・・、あのラストも、なんともいえない余韻を残しましたね。どうなっちゃうんだろう?

大人だけじゃない、子どもたちの様子もしっかりと描かれていたなあって感じましたヨ。
  【 編集】  URL |   2015/08/23 07:57   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
そうなのね?お孫さんがお家に滞在されているのかー。
なんか瞳さんが、おばあちゃんだなんて、全然想像がつかない!
私も、私の周りも、孫ちゃんが出来てもおかしくない年代なんだけど、偶然みんなのお子さんが晩婚なので
実感がなかなかないのよね。

> マリー、幸せなはずなのになんだかとってもヒステリックに見えて観ていて疲れましたよねぇ。
> 私もすっかりアーマド寄りに観ちゃったな。
そうそう、幸せに全然見えなかったよね。どういうこっちゃ・・。
アーマドも、マリーの事ほんとに好きだったのかなあ・・・
どうして急いで結婚しないとイカンのか?と思ったわ。
あ、でも宗教的に、結婚しないで男女交際はふしだら、とか、あったりするのかな・・・
latifa  【 編集】  URL |   2015/08/26 13:14   |  TOP ▲ |


こんにちは(^O^)
中途半端で疑問が残るだけの作品でしたね~ぇ
マリーの自分勝手さが目立つ
前夫と正式に離婚してないのに再婚3度目って(?_?)
娘が転送したメールは見ていなそう
従業員のナイマと浮気していたと思い込んでしまったのか?シミは誰が作ったのか?ハッキリ結論が出ない所がフランス映画らしいけど今一つスッキリしない
親の勝手でフアッドが可哀想(;_;)
レアもアーマドの娘?父親への愛情が薄く感じるな~ぁ
森子  【 編集】  URL |   2015/09/13 13:24   |  TOP ▲ |


森子さん、こんにちは!
そうなんですよねえ・・・
マリーが、ちょっと???な人物だったのが残念でした。
もうちょっと、まともな主人公だったらなあ・・・と、惜しい気持ち。

> 前夫と正式に離婚してないのに再婚3度目って(?_?)
このあたり、フランスの法律とか、はたまた、イラン国籍の人と海外結婚すると、何か複雑な手続きとかあるのか・・・そういうのが解らないのでなんとも・・・ですが、いずれにせよ、結婚早まり過ぎの感はいなめないー。

あのシミとか、色々、もっとあっち側に重きを置いてくれた方が私は好きだったな。
子供との確執(少年)に前半、かなり力を入れていたために、どうも前半と後半の雰囲気やストーリーが、自然に流れている感じがしなかったような・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/15 10:34   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1272-0936ca65

ある過去の行方 (試写会)
風に吹かれて (2015/07/28 20:31)
大人の事情に振り回され傷つく子供たち 公式サイト http://www.thepast-movie.jp4月19日公開 監督: アスガー・ファルハディ  「彼女が消えた浜辺」 「別離」 4年前に別れた


ある過去の行方/LE PASSE/THE PAST
我想一個人映画美的女人blog (2015/07/29 00:12)
「彼女が消えた浜辺」「別離」の、アスガー・ファルハディ監督作 ということで、特に前作「別離」が良かったので観て来た。 主演は、アカデミー賞作品賞受賞の「アーティスト」のベレレス・ベジョ。 どこかでみたことあるようなって思ったけど 髪長くなって見終...


映画:ある過去の行方 The Past  日本では考えられないようなフランスの状況を描くイラン人監督。
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 (2015/08/01 01:24)
「別離」「彼女が消えた浜辺」の監督アスガー・ファルハディは言うまでもなくイラン出身。 そして前回に続き今回も「離婚」ネタ。 ただし前作のような「仕方ない理由」がついていた離婚とは、今回は様相がかなり違う。 ベレニス・ベジョ(「アーティスト」主演女優...


ある過去の行方
rambling rose (2015/08/07 21:59)
フランス人の妻マリー=アンヌと正式な離婚手続きを取る為にテヘランからパリにやってきたアーマドは、彼女が既に新しい恋人サミールと暮らしている事を知る。


映画・ある過去の行方
読書と映画とガーデニング (2015/08/17 14:38)
原題 Le Passe英題 The Past2013年 イタリア、フランス テヘランに住むアーマド(アリ・モッサファ)正式な離婚手続きのためパリに暮らすフランス人妻・マリー=アンヌ(ベレニス・ベジョ)の元にやってくる4年ぶりにマリーと暮らしていた家に着いたアーマドは...


「ある過去の行方」
Slow Dream (2015/08/23 07:58)
フランス人の妻マリー=アンヌと別れて4年。 今はテヘランに住むアーマドが正式な離婚手続きをとるためにパリに戻ってくるが、マリー=アンヌはすでに新しい恋人サミールと彼の息子、娘たちと新たな生活をはじめていた。 しかし、娘のひとりがアーマドに告げた衝撃的な告白から、妻と恋人、その家族が背負う過去と明らかにされなかった事実が次々と浮かび上がる――。                ...


| ホームTOP ▲ |