「KANO ~1931 海の向こうの甲子園~」感想
昔、多国籍の学生が集まる台湾の高校が、甲子園に出場していたんですね。
o0370051713006928907.jpg
台湾で大ヒットした映画だそうです。
台湾で作られたというのに、ほとんどが日本語です。
基本の野球エピソードを軸に、淡い恋愛話や、なぜか日本の技師が水路を作ったお話、監督の過去のお話などが、散りばめられていて、トータル3時間くらいと、ちょっと長過ぎる感じも・・。

そもそも最初の方は、この台湾チームに負けた、北海道のとある高校の生徒が、戦争中、台湾に行くことになり、負けたものの、その後応援した、絶対にあきらめなかったあの台湾チームの母校を訪ねる・・という、作りになっています。

中盤からは、本格的な試合のシーンが多く、手に汗握る展開です。
なんというか、TVドラマの「ルーキーズ」を彷彿させる感じで、応援しながら見てしまう映画でした。3つ★~3つ★半

印象に残ったのは、パパイアの話。
わざと根にくぎで傷をつけたパパイアは、危機感を感じ、普段よりもずっと良い実をつけるというエピソードです。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
結局、もうちょっとという処で、負けてしまうんですね・・・。
そして映画の最後に、実際の人物とその後の人生が、流れます。
日本の野球界で凄い実績を残した逸材になった人(ピッチャーの人はその後日本に来て大活躍していたのね!)や、台湾野球界のドンになった人など、野球関連や、何らかの仕事で、成功された人が多い中、数人が戦争で亡くなっておられました・・。
またその後も、この高校が何度か甲子園に行けたこと、監督もその後も監督業を続けたことが解ります。
まだ幼くて、お手伝い要因として、走り回っていた、あの舎弟の子が、その後凄い人になっていたこととか、感慨深かったです。
以上

この監督さんは、台湾で人気があるようで、過去に『海角七号』『セデック・バレ』という作品を作っているそうです。
海角七号も見たことがあるのですが、そういえば、あれもちょっと長かった記憶が・・・。

KANO 1931海の向こうの甲子園 (2014/台湾)
監督 マー・ジーシアン
脚本 ウェイ・ダーション
音楽 佐藤直紀
出演 永瀬正敏 / 坂井真紀 / ツァオ・ヨウニン / 大沢たかお / 伊川東吾 / チャン・ホンイー

内容・あらすじ 1931年、日本統治下の台湾代表として甲子園に出場し決勝まで進んだチームがあった。嘉義農林学校、略称・嘉農(KANO)
明るさと無邪気さがとり得の嘉農野球部は、一度も勝ったことがない。
チームは日本人、台湾人(漢人)、台湾原住民が混ざっている。そこに、かつて日本で、名監督だった近藤兵太郎(永瀬正敏)がやって来た。
【2015/09/15 13:38】  コメント(4) | トラックバック(3) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「ビフォア・ミッドナイト」感想 | ホーム | 「アメリカン・スナイパー」感想 >>
コメント

latifaさん、KANOを観てくださってありがとうございます。(*´∀`*) 

私はこの辺の台中関連の歴史や映画が大好きなんです。(その割にはセデック・バレを観てないのですが…)

確かに、3時間は長いし、韓流に比べたら観せ方が弱い気もしますが、でも、その泥臭さが好きなんです。

北海道代表の生徒が「嘉義についたら起こしてくれ」と言うのは、当時の軍人たちが実際に言っていた言葉だそうです。甲子園で、絶対にあきらめないKANOの選手たちにあやかるため、嘉義を目にやきつけたかったのだとか。


私が好きなのは台湾代表になった時、烏山頭ダムが完成し(本当は1年違うそうです)八田先生が舟で水路を通り、そこをKANOのメンバーが追いかけていくところです。

烏山頭ダムの完成で台南で作物が安定してとれるようになり、台湾代表が日本の甲子園をわかせた1930~1931年は、日本と台湾の幸せな時代だったのでしょうね。
日月  【 編集】  URL |   2015/09/16 20:04   |  TOP ▲ |


日月さん、こんにちは!

日月さんの、この映画への愛情が伝わってきます^^
そうでしたか、この時代の台中関係の歴史とか映画がお好きなんですねー。
私は90年代に、ホウ・シャオシェンが世界映画祭で注目された頃、彼の映画を見たりしていたものの、今やその記憶も薄れてしまい、しかも当時見た時に、政治背景とかをハッキリ理解しないままで・・・イカンです。
そういや、以前お話した、チャン・チェン君主演の黒衣の刺客だっけな?が公開されたみたいです。
でもなー、遠い映画館でしかやってないから、行けないかも・・・。

セデック・バレは、この映画含めて、3部作っぽい扱いになっているので、私も見てみたいな・・と思っています。

> 北海道代表の生徒が「嘉義についたら起こしてくれ」と言うのは、当時の軍人たちが実際に言っていた言葉だそうです。
そうなんですね・・・。
実はね、私は子供の頃は札幌に住んでいたので、甲子園を見る時、この映画のその北海道の高校である、札商(札幌商業)を応援していたんですよ。昔は、甲子園といえば、札商が出場することが多かったんです。

> 私が好きなのは台湾代表になった時、烏山頭ダムが完成し(本当は1年違うそうです)八田先生が舟で水路を通り、そこをKANOのメンバーが追いかけていくところです
> 烏山頭ダムの完成で台南で作物が安定してとれるようになり、台湾代表が日本の甲子園をわかせた1930~1931年は、日本と台湾の幸せな時代だったのでしょうね。

そうなんですね、私はそのダムの事とか全然知らなかったので、え??突然現れたような、そのシーンや、八田先生の存在とかがに、一瞬戸惑ってしまったんです。当然知っている大切な事と先生だったというのは、映画を見終わって知った次第で・・・。
 世界各国に、日本人が何かで成した事は多いのに、あまりそれを後々になって、その国の人となりが映画等で取り上げてくれたり、感謝の意を何かで知ることが無いため、本当に有り難い気持ちになりました。
そんな義理がたい台湾の人々と、これからももっと仲良く、そして優しい心意気に報いるような、なにか恩返し?したい気持ちです。
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/17 11:58   |  TOP ▲ |


八田先生の功績は教科書に掲載されるくらい、台湾では誰でも知っていること。
東日本大震災の折に世界最高額の義援金を送ってくださったのも、こういう親日的な映画を堂々と作ってくれるのも、全て八田先生のおかげですよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2015/09/18 23:48   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
そうなんですね。そんなに有名な先生なんですね。
たまにTVを見ていると、かの国では凄く有名な功労者である日本人が、母国の日本では、その人もその功績も、あまり知られてない・・・ということが多々あるようで、それは嬉しくも、ちょっと惜しいなーと思っていました。

また悲しくも、反日意識の強い・・とある国でも、過去に数人の日本人が、その地で立派な役立つ業績を残しているのに、すっかり忘れ去られているようだなあ・・・という様子も数回見聞きしています。
まあ、そういう良い事をしてくれた日本人や功績よりも、更に大きな失望があって、プラスマイナスで、マイナス評価になってしまったのかもしれませんけれども・・・。

台湾の人達が、ずっとその事を覚えていてくださっていること、本当に有り難く嬉しいです。
latifa  【 編集】  URL |   2015/09/21 09:52   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1274-30ae78da

台湾の甲子園代表を知っていますか? [映画] KANO 1931海の向こうの甲子園
日々の書付 (2015/09/16 19:44)
観てよかったと思える映画は多い、でも観て欲しいと言いたい映画はKANO だ。 『KANO 1931海の向こうの甲子園』は1931年(昭和6年)台湾代表として甲子園に出場した嘉義農林学校(KONO)の生徒たちの成長と、民族の垣根を超えて彼らを導いた近藤監督との絆を描いた映画です。 『KANO 1931海の向こうの甲子園』では、日本人があまり知らない、台湾と日本の歴史が描かれています。東...


『KANO〜1931海の向こうの甲子園〜』
こねたみっくす (2015/09/18 23:48)
決して諦めない。さすれば釘を打たれたパパイヤは立派な実をつける。 こんな野球映画を待っていたのです。上映時間185分が短いと感じるほど濃密な高校野球映画を待っていたのです ...


『KANO 1931海の向こうの甲子園』 (2014) / 台湾
Nice One!! @goo (2016/01/02 08:36)
監督: マー・ジーシアン 製作: ウェイ・ダーション 、ジミー・ファン 出演: 永瀬正敏 、坂井真紀 、大沢たかお 、伊川東吾 、ツァオ・ヨウニン 、チャン・ホンイ 、ツォン・ヤンチェン 、シエ・チュンシェン 、シエ・ジュンジエ 公式サイトはこちら。 ...


| ホームTOP ▲ |