「海洋天堂」感想
ジェット・リーは、アクション無しでも演技上手でした。3つ★半
poster_20151104191222d8d.jpg
ガンで余命わずかと知り、自分が亡き後、自閉症の息子の行く末を心配し、息子が暮らせる施設を探したり、息子が一人でも生活して行ける様に、一生懸命色々な事を教えたり、と奮闘します。
公開当時、見たいなーと興味があった映画でした。先日TVで放映してくれたのを録画して鑑賞。

冒頭シーンは、海で父が息子と自殺しようとする処から始まります。
でも、飛び込んだ後、普通の日常の様子が流れ、失敗したことが解ります。(息子が縄をほどいてしまっただろうと思われる)

お父さんは海沿いにある水族館で堅実に働いており、息子は泳ぎがとても上手で、イルカと一緒に遊んだりしています。
水族館に立ち寄った、小さなサーカス団のピエロの女の子と、ほんわか淡い恋愛っぽい事があるのですが、その女の子を演じるのが、グイ・ルンメイ(「藍色夏恋」等に主演していた)。ちょっと出番が少なくて、もったいなかったかなー。

そして、ご近所の、小さな商店を経営する中年の女性は、何かとこの親子に気を配ってくれて、親切にしてくれます。
お父さんと彼女は相思相愛だったようですが、再婚するのは、相手の女性に迷惑がかかる・・・と思い、今までそういう事は言いださなかったと、この最後の時になって打ち明けるのでした。控えめな愛情表現のシーンが慎ましくて好感が持てました。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
海の事故で亡くなった妻は、もしかしたら自殺だったのかもしれない。泳ぎの上手な彼女が、海で溺れるだろうか・・・。
父亡き後、一人でがんばって生活する息子の様子が流れます。練習したバスも上手に乘れたり・・・微笑ましいです。
日本でも、中国でも、障害を持つ子供を育てるというのは、やはり大変だなあ・・・と感じました・・・。
以上

カメラはクリストファー・ドイル。水の中の光、ゆらめきなど、なかなか素敵な映像でした。
音楽は、久石さん。特に凄く印象に残る音楽とかはなかったかな。
主演は、あのアクションスターのジェットリー。今回はアクション無しでしたが、表情とかも味わいあって、とっても良い役者さんだなあーと思いました。
また、この映画の舞台になったのが、ビールで有名な、青島(チンタオ)だったらしいのですが、南国の雰囲気ある町で、なかなか良い感じでした。ビールも何度か登場してました。

海洋天堂 (2010/中国)
Ocean Heaven
監督 脚本 シュエ・シャオルー
撮影 クリストファー・ドイル
音楽 久石譲
出演 ジェット・リー / ウェン・ジャン / グイ・ルンメイ / ジュー・ユアンユアン / カオ・ユアンユアン / ドン・ヨン
【2015/11/05 09:53】  コメント(4) | トラックバック(2) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「トランスポーター1,2,3」感想 | ホーム | 「96時間 リベンジ」「96時間 レクイエム」感想>>
コメント

こんにちは

いやこれは本当にいい映画でした
この映画が公開されないなんて、おかしい!と、もし私があちらの人間だったら、
公開嘆願活動に参加してたかもしれません
そのくらいガツーンときたんですよね
ジェット・リーがとにかく良かった。
無報酬で良いというのも納得の作品と演技で、涙ぼろっぼろでて泣きました
障がい者が身近にいない人でも感動する類いの映画だと思うので、私はなおさらジーンときちゃって。
確か、観た年のベストにいれたかな。
maki  【 編集】  URL |   2015/11/05 13:43   |  TOP ▲ |


ジェット・リーでもなく、李連杰でもなく、全く別の見たことのない俳優がこの映画にはいたという印象の強い映画でしたね。
確かジェット・リーってスマトラ沖地震でご家族を亡くされていて、それもあってこの作品への出演をされたとも聞いたことがありますよ。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2015/11/06 00:36   |  TOP ▲ |


makiさん、こんにちは!
指を怪我しちゃって、キーを打てない・・・って書かれていたのに、丁寧なコメント、すいません!
その後、少し良くなったかしら・・・。
不便ですよね、普段なにげなく使っている指が、使えなくなると、あれもこれもできなくて・・。

> 無報酬で良い
これも映画を見終わって知りました。
ワン基金っていうのも設立していたり、ジェット・リーって立派な人格なんだなあーと、感心しました。
豪華なスタッフ陣を取り揃えていましたが、その人達も賛同していたのかもしれないですね。

makiさんの親戚の件、お話してくださって、ありがとうございました!
キッズ3人だとは・・・。makiさんは、いなくては困る存在ですね。(でも大変だわー!!)
latifa  【 編集】  URL |   2015/11/07 08:20   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

> 全く別の見たことのない俳優がこの映画にはいた
本当に、そうでしたね。
アクション無しでも、立派な演技をしていらっしゃるなーと感じました。
ジャッキーチェンでも、それを感じたことがありますが、凄い事ですよね。

> 確かジェット・リーってスマトラ沖地震でご家族を亡くされていて、それもあってこの作品への出演をされたとも聞いたことがありますよ。

これ、ちょっと調べてみました。ウィキペディアによると、スマトラ沖地震で、ご家族は亡くなっていなかったようですが、危機一髪だったそうです。もしかしたら家族じゃなくても、近しい存在の方が亡くなられてしまったのかもしれませんね。
(あ、wikiでの情報なので、必ずしもこの情報が正しいとは限らないので、ご家族を亡くされているのかもしれません)
latifa  【 編集】  URL |   2015/11/07 08:29   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1285-29952299

海洋天堂
いやいやえん (2015/11/05 13:39)
脚本に感銘を受けノーギャラでの出演を申し出たというジェット・リーが、アクションを封印して、自閉症を抱える子を思う父親の心情を包容力たっぷりに演じています。 しかし癌だとわかった父親は、一度は心中を図るものの、息子にひとりでも生きていけるように生活手段を教えていくというストーリー。 やはりこういった問題をかかる子供の両親は大変なのでしょうね。その子の将来を考えると、自分で出来ることを増やし...


『海洋天堂』
こねたみっくす (2015/11/06 00:36)
ジェット・リーでもない、李連杰でもない、新たな俳優がこの映画にいる。そう感じるほど、アクションを封印したジェット・リーの演技派開眼並みの演技力に見入ってしまう映画でし ...


| ホームTOP ▲ |