「プリデスティネーション」これは凄い・・
予備知識なく見て大正解。4つ★半~5つ星未満
predestination.jpg
今まで数々のタイムマシンものは見て来たものの、これは・・すごい!とうなったストーリーでした。
そして見終わって、原作が、30年以上前読んで面白かった「夏への扉」のロバート・A・ハインラインによるもので、なんと1959年だかに書かれた物と知って、なおさら驚愕!!
さっそく、図書館に「輪廻の蛇」をリクエストしました。

★以下ネタバレ 白文字で書いています★
何といってもすごい・・・と思ったのは、今まで無かった、自分と自分が恋中になり、子供が出来る!という、ぶっとびな内容。
でも、それが無理なく、理解出来てしまう展開!!
あの日、あの場所で、ちょっとぶつかって出会った瞬間のシーンは、震えが来ましたよ!えーーそういう事だったの?性転換して漢になった自分と、かつての自分が嫌いだった女性が・・・。そりゃそうだ、自分同士だったら、気も合うはずだし、同じ事を考えるはずだし。
結局、孤児院前に捨てられた赤ちゃん、孤独な少女時代、宇宙に行く試験を受け(ここ、ちょっと宇宙兄弟っぽかった^^)落ちてしまう女性、そしてとある時に出会った男性と恋仲になるも、突然彼が消えてしまって、妊娠していることに気がつき出産するも赤ちゃんが行方不明になって、以後消えた彼氏を恨む様になった女性。
そして酒場でちょっと陰のある男性(元女性だったのは途中から気がついたが)、爆弾犯人を捕まえ損ねて顔にやけどを負った男、そしてヒッピー風の爆弾犯人、全部ある一人の人間だっただなんて。
まさに、ぐるぐると「卵が先かニワトリが先か・・」の如く、どこから最初なのかが解らないストーリー。
特に、イーサン演じる仕事人が、あの女性と同一人物だったとは、途中まで全く想像もできなくて。あの赤ちゃんを保育器からこっそり奪ったのも彼だったとは・・・。
でもなあー、爆弾・・・のエピソードは、要らなかったんじゃないかなあ・・・。 
原作にはなくて、映画化に際して付け加えられた部分だそう。
何度もタイムスリップすると意識障害とか精神を病むようになる・・って設定にはあったけれど、爆弾は大勢の人を救うためあったって言われてもねー。大勢を救うために、少数の人の命を犠牲にしても良いっていうのは、ちょっとなあ。そういう考え方には共感できないなあ。爆弾エピソードが無くても、十分すぎるほど、すばらしいストーリーだっただけに、ちょっと残念。 そこが無かったら、5つ★でした。
以上

時間も若干短めに作ってあったのも良かったですね。
セーラ・スヌークっていう女優さんは、これで初めて見たのですが、ジョディ・フォスターっぽい知的な雰囲気を持った、とても演技の上手い人で、感心しました。

プリデスティネーション (2014/アメリカ)
PREDESTINATION
監督 マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ
出演 イーサン・ホーク セーラ・スヌーク ノア・テイラー クリストファー・カービイ クリス・ソマーズ
【2016/02/15 17:05】  コメント(16) | トラックバック(5) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「バクマン」感想 | ホーム | 「マイ・インターン」感想>>
コメント

サラ・スヌークにはヤられちゃいますよね〜!
私は、この映画を見るちょうど少し前に、ホラー映画でサラ・スヌークを見ていたのですが、
男装までは見抜けなくて、超驚きました。
女性の姿の彼女が出てきて、「あっ!そうか!」と思いましたけど、サラ・スヌークを知らずに見ると、どういう反応になるのかが知りたい!ってw

こちらは、去年の上半期のベストに入れました、私もSFの中でも本当にやられた一作でした。
とらねこ  【 編集】  URL |   2016/02/15 21:17   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは。コメント&TBありがとうございました。
この映画よかったよねー。
私はベストには入れなかったんだけど、すごく印象に残ってます。
どーしてベストい入れなかったんだろ自分? 謎^^;
私もサラ・スヌークさんは初めて観たけど、ほんと巧かった。
ジョディにも似てるよねー。
しかしやっぱイーサンよね。
彼、作品選びが巧くって感心するわ。
歳を重ねるにつれて、素敵になる俳優さんだと思うな~。
真紅  【 編集】  URL |   2016/02/16 20:33   |  TOP ▲ |


とらねこさん、こんにちは!
そうなのねー、とらねこさんは、別の映画で、すでに彼女を見ていたのね。
そちらの映画も興味あるわー。

>サラ・スヌークを知らずに見ると、どういう反応になるのかが知りたい!ってw
まさに私がソレでした。
キャスティングは、あんまり有名じゃない女優さんを使う、って事が必要ですねー。

> こちらは、去年の上半期のベストに入れました、私もSFの中でも本当にやられた一作でした。
とらねこさんもお気に入りなのねー。

そうそう、「あの日のように抱きしめて」のとらねこさんの見解、とても興味深く、拝見しました!
そうね、、旦那が全く気がついてなかった、っていうのが、また彼女にとっては、ショックな事だったでしょうね・・。
latifa  【 編集】  URL |   2016/02/17 19:54   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
これ、公開が5月頃だったんだっけか・・・?
ちょっと年末だと、時間が経ってしまったから、っていうのもあるかも。
やっぱり随分前に観た映画だと、ちょっと年末ベストには、不利なんだよね(^^ゞ

> しかしやっぱイーサンよね。
> 彼、作品選びが巧くって感心するわ。
ほんとねー! なかなか良い作品に出てるよね。
でも、こういうのって、運とか、持ってるとか、そういうのもあるんじゃないかなー。
凄い監督、有能なスタッフがそろっていても、出来上がったら、あらら・・・って映画もあるもんね。
latifa  【 編集】  URL |   2016/02/17 19:56   |  TOP ▲ |


こんばんは〜コメントありがとうです、遅くなりました、、、

去年のベスト3位にしたけど
これ、イーサンもさることながら
サラスヌークの功績だと思います!
ジェサベルってホラー観て下さい。
そちらの彼女もなかなか。
あとスティーブジョブズにもちょこっと出てました。
今後も期待しちゃう。すごい存在感。
mig  【 編集】  URL |   2016/02/18 00:20   |  TOP ▲ |


ハマり作品だったようですね!
SFは苦手なんだけどイーサン作品は殆ど見てるので…ネタバレの白文字は携帯で読む事は出来ないのでしょうか?
時空もの二度見しないと理解に苦しむ(^_^;)よく出来てますよね~ぇ
二役男と女って今までにない展開でした
過去を変える作品では「バタフライ・エフェクト」がお気に入りです(^_^)v
同監督作の「デイブレイカー」も面白かったな~ぁ
森子  【 編集】  URL |   2016/02/18 16:32   |  TOP ▲ |


おはようございます~。

ビックリだよね、驚きだよね!!私もネタバレ知らずに観たんだけど、もし、知ってても十分驚いちゃう内容だったと思うわ。
酒場に登場した青年の身の上話が始まって、あれ?これって爆弾犯を追う話じゃなかったっけ?と思いつつも、驚きのその話にすっかりのめりこんじゃう上手さ。
サラ・スヌークさんは、独特の雰囲気を持っててまさにこの役にぴったりだし、イーサンはいつもながらに(笑)良かったーー。
この監督さんと組んだSF[デイブレーカー」も面白かったわ♪
原作、とっても短いんだけどそれをここまでよく映画化したなあって思いましたよ。
原作を読んで感じた主人公の孤独感が、映画にもちゃんと流れててそこも良かったと思います。
  【 編集】  URL |   2016/02/20 09:42   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちは!
> サラスヌークの功績だと思います!
> ジェサベルってホラー観て下さい。
はい、是非!
この映画を先にご覧になられてから、本作を見たって方も結構いらっしゃいました。
これから先が期待される女優さんですね。


latifa  【 編集】  URL |   2016/02/20 10:23   |  TOP ▲ |


森子さん、こんにちは!
あらっ^^ 森子さんは、イーサンファンだったのかな?
それと、なんですと?
白文字部分って、携帯では読めなかったりするのかしら。
今まで全く知らずにいました。教えて下さって、ありがとうです。
おおおーそれは困った。。。すいません!どうしよう!!
私は携帯はいまだにガラケーで、スマホじゃないので、ネットにつないでみたりしないので気がつかなかった・・・
ちょっと後で娘にトライさせてみて、解決方法、ちょっと考えてみます。

>「バタフライ・エフェクト」がお気に入りです(^_^)v
私もです! 2,3も見たんだけど、1しかダメでしたよね。

> 同監督作の「デイブレイカー」も面白かったな~ぁ
これも是非見てみたいと思います。
latifa  【 編集】  URL |   2016/02/20 10:26   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
瞳さんも驚きましたかー^^
そうそう、酒場で、あの男性の身の上話が始まって、やたら長い。
え?これってSFだよね・・・?って、そこら辺を見ている間は、どういう事・・?って
思っていたんだけれど、まさか、そういうオチだとはねー。

> この監督さんと組んだSF[デイブレーカー」も面白かったわ♪
瞳さん以外にも、この映画をオススメされているブロガーさんが多いの。
ぜひ見てみようと思います。

> 原作、とっても短いんだけどそれをここまでよく映画化したなあって思いましたよ。
> 原作を読んで感じた主人公の孤独感が、映画にもちゃんと流れててそこも良かったと思います。
おおおー!さすが瞳さん、
原作を既にお読みでいらっしゃったのね?^^
私はこの後読む予定です♪
たのしみー。
latifa  【 編集】  URL |   2016/02/20 10:45   |  TOP ▲ |


お邪魔します~~
遅くなってごめんね。
私もネタバレも知らずに見たから
ビックリしたよ。
結構最初の方はまったりした感じ
じゃない?
淡々として。
それがどんどん??え??という展開になってそうか、あの淡々としたシーンには意味があるのか・・・って気付いて⇒おそい(笑)
まあ・・そういう予期しない展開が
結構ツボでした。
原作読むのね、どんな感じかまた教えてね
ちなみに映画館じゃなかったのよ、これ。
でもお家でも十分楽しめるよね、巻き戻しとかできるし(笑)
みみこ  【 編集】  URL |   2016/02/24 15:00   |  TOP ▲ |


みみこさん、こちらこそ、お返事凄く遅れちゃってごめんね!
ところで、無事桜が咲いて、決定したとのこと、本当に良かったね!!
私も嬉しいよー。
これで、ほっとできるね。
あらためて、またお邪魔するね。

原作、届いたのに、ちょっと取りに行けなくて、戻されちゃった・・・
また再度リクエストしなおさなくちゃ。

そうそう、後から気がついたの。
日程的に、劇場じゃなくて、レンタルだったんだな、って。
ごめんよー早とちりしちゃって。

とにかく、本当に良かったね!!
おめでとうヽ(^o^)丿
latifa  【 編集】  URL |   2016/03/05 17:58   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちはw
この作品だけど、凄く複雑難解な話なのに、よく映画化してくれました~って感謝したくなっちゃった。本当に驚きと切なさと、何とも言えない余韻が残ってるの、今でも。
で、最近TVで吹き替え版を放送されているのを録画したので、もう一度観直してみようと思っています。
いまいち、分かっていないこともあるので^^;

原作がそんな昔だとは・・。
もしもっと早い時期に映画化されていたら、このジャンルの金字塔を打ち立てていたかもね。
いやはや、素晴らしい作品に出会えて幸せです♪
カポ  【 編集】  URL |   2016/03/06 16:55   |  TOP ▲ |


カポさん、こんにちは!
ほんとにね、凄く映像化するのが難しそうな内容なのに、よくぞ上手くまとめられたものです。
かなり良い作品だと私は感心したんだけど、その割には、それほど話題に(公開当時)なってなかった気がする・・
私が知らなかっただけかもしれないけれど。

で、なんと!最近TVで吹き替え版が??
そうなんだー。
私もレンタルした時に、吹き替えも見ておくべきだったなあ。
集中して細かい部分に目が行けただろうに・・・。

原作の小説、図書館にリクエストしたのに、ちょうど取りに行けない時期で、返却されちゃったの・・・・
再度リクエストして取り寄せます!
latifa  【 編集】  URL |   2016/03/08 11:16   |  TOP ▲ |


ホント、面白かったです!
原作のタイトル『輪廻の蛇』が映画でも強調されると良かったかな~、なんて思いましたが満足でした。
原作を読んでいても充分楽しめました♪
こに  【 編集】  URL |   2017/05/02 12:43   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
原作を読んだ後で、映画だと、イメージが違ったり、つまんなく感じてしまう事があると思うのですが、
良かったー。
原作、凄く短いんですよね。
だから、映画にしても、そんなにがっかりしないで済んだのかなー。
またこういう面白い映画が見たいですー。
latifa  【 編集】  URL |   2017/05/03 17:21   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1297-09ba1928

プリデスティネーション
風に吹かれて (2016/02/16 09:13)
始まりはどこ? 公式サイト http://www.predestination.jp 原作: 輪廻の蛇 (ロバート・A・ハインライン著/ハヤカワ文庫)監督: ピーター・スピエリッグ ,マイケル・スピエ


存在の環/輪廻の蛇~『プリデスティネーション』
真紅のthinkingdays (2016/02/16 10:07)
  PREDESTINATION  1970年のニューヨーク、連続爆弾魔による爆発が相次ぐ夜の街。ある酒場 のカウンターに、一人の男(サラ・スヌーク)がやってくる。バーテンダー(イー サン・ホーク)は彼に興味を示し、身の上話をするよう促す。男の口から語ら れたのは・・・。  ハインラインの原作、タイムトラベルSF、イーサン・ホーク主演。事前にこ れ...


プリデスティネーション/PREDESTINATION
我想一個人映画美的女人blog (2016/02/18 00:18)
先月一番たのしみだったこれ。  やっと観れた〜 同じく、イーサン主演の 人口の95%がヴァンパイアになってしまった未来を描いたSF「デイブレイカー」 の、オーストラリアの双子監督ピーター&マイケル・スピエリッグ最新作 SFの巨匠ロバート・A・ハイン...


「プリデスティネーション」
Slow Dream (2016/02/20 09:43)
時間と場所を自在に移動できる政府のエージェントの、最後の任務は凶悪な連続爆弾魔を追いつめること。 そのため、さまざまな時代へのタイムトラベルを繰り返すエージェントだったが・・・・・。


映画・プリデスティネーション
読書と映画とガーデニング (2017/05/02 12:41)
原題 PREDESTINATION2014年 オーストラリア原作 ロバート・A・ハインライン「輪廻の蛇」 タイムパラドックスの傑作と言われている「輪廻の蛇」の映画化わずか29頁の原作をどのように映像化したのか興味津々でした鑑賞前に原作を元に、時と場所と人物と出来事を時系列順に並べ替えたメモを作り全体が把握できるようにしてスタンバイいやぁ~面白かった内容を知っていても面白かった、というか...


| ホームTOP ▲ |