初恋の来た道 他 チャン・ツィイー作品
プロフィール
チャン・ツィイー(章子怡)さんが結構好きだ。
ちょっと生意気そうかな・・・と思うんだけど、華があって、美しい
外貌が好き。スタイルも顔も、そして蹴り?っていうんですか、、
身のこなしがスゴイところも。

初恋が来た道は、今まで幾つか見てきた彼女の映画の中でも
際立っていて、純粋で一途な女の子を演じているという
カワイイ少女という雰囲気の役なんですね。
でも他の作品、グリーンディスティニー、ラッシュアワー2、HERO、MUSAMUSAのレビュー
では、きりっとした、ちょっとキツイ系の役ですよね。
私は映画の作品としてじゃなくて、ラッシュアワー2でのツィィーさんの
アクションシーンには、もう痺れましたね。
バレエをやってたそうですが、すごいです。
グリーンディスティニーも、映画の内容的には、そんなにどってことない
映画(ごめんなさい)って印象だったんですが、
ツィィーさんや、チョウ・ヨンファ氏、他東洋の美形を一同に揃えていて
楽しめました。個人的に、過度なワイヤーアクションは好きじゃないので、
ちょっと興ざめして見てましたが。

初恋の来た道は、偶然スカパーの無料放送の日に
どっかのチャンネルでやっていたのを2年くらい前に見ました。
知人から「山の郵便配達」が凄く好きなら、こっちもはまれるかも・・・
でも、退屈で寝たって人もいるんだよね~」と言われていて
山の郵便配達は私の好きな映画の5本の指に入る映画だけど
結構抑揚のない映画が苦手な私は、寝るかも・・・という言葉が
引っかかっていて、見よう!と一歩踏み出せないでいました。
それで、軽い気持ちで見たんですが、ずぼっとはまりました。
偶然家にいた家族も、なにこれ?とか言いつつ、真剣に・・・^^

それと、チャンイーモーの初期の作品が好きだったので
外さないだろうって思っていたところがありまして。

映像も綺麗で、音楽も、ツィイーさんも、ホントに良い映画でした。
チャン・イーモーさんは、以前、中国の山口百恵ちゃんこと
コン・リーさんと現実にも特別な関係だったとか・・・で、
お気に入りの女優さんを、美しく魅力的に描くのがとっても
得意なお方の様ですね。
コン・リーさんが出演していたイーモー監督作品も幾つも
とても楽しく拝見させて頂きました。
コン・リーさんは、淋しげでちょっと官能的で、でも芯が強い
みたいな部分を監督さん、愛していらっしゃったのかな?って
思うんですが、ツィィーさんに関しては、すっと率直なところ、
カワイイって処を、特にかっていらっしゃるのかな・・・?

横道それました。
初恋の来た道、何十年にも渡る話しっていうのがまず泣けるし、
あの風景も良くて、赤が似合う・・・って言われるだけあって
あのちゃんちゃんこみたいなモコモコした服を着て
走るシーンが、すごくカワイイんです。あれだけ華奢な彼女が
もこもこになる位、重ね着していたんでしょうね。
ただ、一つだけ辛口な事を・・・
あの相手役の先生が、、、う~ん、もうちょっと、若干カッコイイ
人だったら、更に良かったなあ・・・と。
すごくハンサムな人を選ぶ必要は絶対無いと思うんですよ。
でも、あの先生役の人は、あまりにちょっと・・・・

この映画は、個人的にツボなシーンが色々ありまして、
以下、ネタバレありますので、注意して下さい

ヘアピンを探すシーンや、娘が大事にしていた、こわれた茶碗を
お母さんがそっとツギハギ業者さんに治してもらって・・・って
シーンや、
彼女と先生がお互いに「いいな~あの人♪」って初めて意識する
シーンなど、その後の段々2人が、好き度が増していく経過も

ほんわりしていて、カワイイんです~~~~。
そして、現在に至って・・・・あ~~~泣けました。。。。
寝た人もいるらしいんですが、私は大好きな映画です!{/kaeru_fine/}
【2004/12/06 16:07】  コメント(6) | トラックバック(4) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<魔法使いハウルと火の悪魔を読んだけど・・・・(個人的辛口感想) | ホーム | チョンジヒョン イルマーレと似た映画リメンバーミー、オーロラの彼方へ >>
コメント

こちらにも、こんにちは☆

過去記事の添削を11月に入ってからやっておりまして・・・。

latifaさんとは映画の趣味が似てるから、レビュー書き直すたびに色んな作品にトラバはっちゃうかもしれませんが、ヨロシクお願いします(笑)

私もこの作品は大好きなんです。
現在の(性に乱れた)高校生に観てもらいたい作品のひとつですよね。

どんな風に感じるのか感想聞いてみたいな。
マイコ  【 編集】  URL |   2006/11/02 14:02   |  TOP ▲ |


マイコさん、こんにちは!
おお、過去記事の整理?をしている最中なのですね^^
私も記事一覧表(あいうえお順)とか、いつかは作らねば・・と思いつつ、面倒で、先延ばしになっちゃってます。

私もマイコさんと、年代も違うし、生活も違うのにもかかわらず、映画の趣味とか似てるな~って思って、不思議だけど、とっても嬉しいんです(^O^)
たまに、ええっ!!同じ事言ってる!って事があって、凄く驚いたりしてます。古い記事でも、なんでも、トラバ、大歓迎ですよ~☆

そういえば、この映画のレビュー、今一度見て、びっくり。マイコさんも相手の男性について、カッコ良くない・・・って書いていらっしゃるじゃありませんかー!私はこの映画5つ☆なのですが、唯一ケチつけるとしたら、そこだけかな、なんて(^^;)
latifa  【 編集】  URL |   2006/11/02 21:32   |  TOP ▲ |


 こんにちは、TBありがとうございます。
 お相手の男性は、私もちょっぴりそう思いました☆
 チャン・ツィイーのいかにも田舎娘っぽいモコモコ服やおさげはもちろんものすごく可愛くて、映像もきれいな素敵な映画だったのは、もちろんなのですが。
カツミアオイ  【 編集】  URL |   2006/12/05 02:26   |  TOP ▲ |


こんにちは、アツミアオイさん。
こちらこそ、TB・コメントありがとうございました。
やっぱり、お相手の男性・・・、ちょっとそう思われちゃいましたかw
この映画での、チャン・ツィイー、ほんとに可愛かったですね。
latifa  【 編集】  URL |   2006/12/05 08:44   |  TOP ▲ |


チャン・ツィイーがドキドキしながらお弁当をおくシーンが大好きです。大好きな人に食べてもらえるように一生懸命なところは本当にかわいかったですね。( ̄▽ ̄)

レシピ・ド・シネマという本に「初恋のきた道」にでてきたきのこ餃子の再現レシピが載っていました。
今度つくってみようかと思います。
日月  【 編集】  URL |   2009/04/16 01:21   |  TOP ▲ |


日月さん、こんにちは!
わ~、こんな懐かしい記事にコメントありがとうございます(^^ゞ
この頃のチャン・ツィイーは、可愛かったなぁ~~ 最近は迫力有りすぎて(いや悪くは無いんですけどね・・・世界で名の知れている中国女優さんって年取ると凄い迫力になる傾向があるので・・・彼女もそうなるのかな・・・)

> レシピ・ド・シネマという本に「初恋のきた道」にでてきたきのこ餃子の再現レシピが載っていました。
その本は未見ですが、面白そう!今度まずは立ち読みしてみようっと!
そういう本好きなんですよ。絵本に登場して来たお菓子のレシピ集とか・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2009/04/16 17:15   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/130-216949e8

初恋のきた道
39☆SMASH (2006/11/02 13:56)
『初恋のきた道』あらすじ『都会で働くルオ・ユーシェンは、父の訃報を聞いて故郷の村へと戻って来た。嘆き悲しむ年老いた母の姿を見ながら、彼は昔聞いた両親のなれそめを思い出す。それは18歳の母、チャオ・ディと20歳の父、ルオ・チャンユーの出会いの...


初恋の来た道(中・米・2000) ~おさげの美少女……プライスレス
EncycRopIdia (2006/12/03 01:17)
 &lt;B&gt;「小さな中国のお針子」と「北京バイオリン」&lt;/B&gt;などとこういう中国の田舎色豊かな感動ものは、ハズレがないというものです。 (上記二作もオススメです。誰でも見られるし)&lt;B&gt;あらすじ:&lt;/B&gt; 現代の中国の農村。教職の父の訃報に帰省した


チャン・ツィイー
なみの日記 (2007/05/23 01:42)
チャン・ツィイー章 子怡(チャン・ツィイー)は、中華人民共和国|中国北京出身の女優。中央戯劇学院表演科(大学本科)卒業。164cm。&quot;ツィイー&quot; のカタカナ表記は、中国語のピンイン &quot;Zh?ng Z?y?&quot; を英語読みした場合の発音(カナで


初恋のきた道
☆彡映画鑑賞日記☆彡 (2008/05/01 20:43)
 コチラは、こっちゃんの金犬賞受賞作品なんですよねぇ~。やっと観れましたぁ~♪もちろんあたしも満天のお★様ですっ!  邦画好きさんの感想にもあるのですが、現在がモノクロ、過去がカラーとちょっと一風変わった表現をしているんだけど、過去の村の風景もユーシェ...


| ホームTOP ▲ |