「黒衣の刺客 」感想
うーーん・・・・
352790_02_01_02.jpg
期待して見たのですが、自分とは合わなかったみたいです・・・。
芸術的な映画なのかもしれませんが・・・・。
カンヌで賞を取る作品とか、海外で高い評価を得る日本やアジアの監督さんとかって、どうも私には、その良さがあまり解らない事が、ままあります・・・。「ブンミおじさん」とかね・・・。

まず冒頭で、説明がありますが、私の様に歴史に詳しくない人だと、え・・!?って感じに。
遠回しのショットが多いせいもあり、似たような顔の人、難しい名前の人がごっちゃになって・・・。
私はチャン・チェンが好きなのですが、本作で、特に何か感じる処は無く・・・・。
そして、妻夫木君が出演していますが、なんだろうなあ・・・遣唐使の役だったらしいですが、もし何も知らないで見たら、全く解らなかったはず。

映像は綺麗でした。風景とか、ロウソクの光とか、色々こだわりがあるのは解るのですが、いかんせん、ストーリーが・・・。
衣装とかインテリアにも力を入れていて、豪華でした。音楽や舞にも、アジア各国のテイストを入れこんでいましたね。
2つ★

ちょうど今、,NHKで、綾瀬はるかさん主演のドラマ「精霊の守り人」を見ているのですが、お話はこの映画と全然違うものの、衣装とか風景とかヒロインが強くて戦うシーンがあるところとか、ちょっと共通する部分があって、つい比較しながら見ていました。この映画の衣装は断然素晴らしいと思いました。

黒衣の刺客 (2015/台湾)
聶隱娘/THE ASSASSINS
監督ホウ・シャオシェン
脚本 チュー・ティエンウェン
撮影 リー・ピンビン
出演 スー・チー / チャン・チェン / 妻夫木聡 / 忽那汐里 / シュウ・ファンイー / ニー・ターホン / ニッキー・シェ / イーサン・ルアン

(内容・あらすじ) 唐の時代、朝廷は辺境防衛のために「藩鎮」を置いたが、そのうち朝廷に抗う勢力になっていた。ある時、有力「藩鎮」の公主チャン・チェンの前に、黒衣の刺客スー・チーが現れる。彼女はかつて公主の幼馴染だった。彼女は道士に十数年にわたって預けられ、刺客として鍛えられてきた。そして今、公主暗殺を命じられるものの、躊躇する・・・
【2016/04/11 18:15】  コメント(2) | トラックバック(3) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「バケモノの子」感想 | ホーム | 「暮れ逢い」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは~コメント&TBありがとうございました。
ホウ・シェオシェンはねぇ・・・催眠術師だから。
ほとんどアート映画だったよね。上映館も少なかったし。
彼の初期作品『冬冬の夏休み』と『恋恋風塵』がデジタルリマスターされて回顧上映されるんですよ。
大阪は6月から。秘かに楽しみにしています。
>「ブンミおじさん」とかね・・・。
私はその監督の作品、観たことないんですよ。今も上映してるよね?
評価高いよね、「絶対寝てしまう」という方でも大絶賛してはる。
挑戦してみようかなー、ムフフ。
真紅  【 編集】  URL |   2016/04/12 08:08   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
> ホウ・シェオシェンはねぇ・・・催眠術師だから。
うん、うん!まさに。
実はお家でDVDの鑑賞だったから、1回目は30分くらいで寝ちゃったんだよ(#^^#)
また再度見直したよ。

> 上映館も少なかったし。
そうだったよね。カンヌだかで賞を取った時に、チャン・チェン君が主演で、妻夫木君も出てて、映像も凄いっていうから、こりゃ見に行くしかない!って楽しみにしていたのに、いざ公開されたら、近所で全くやってくれる映画館が無かったもの。
確かにこれでは・・・なかなか興行的にはリスクが高い作品と言えるかも・・・

> 彼の初期作品『冬冬の夏休み』と『恋恋風塵』
見たよー。凄い昔だったから、もう忘れてしまったけれど、水水しい!初々しい!って、当時、もう手垢がついてしまった自分?が見て、良い印象の映画だったよ。ちゃんとストーリーもあって、眠くない映画だった。
ブンミおじさん・・・・ うーん・・・・。 
latifa  【 編集】  URL |   2016/04/13 08:34   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1310-b87b03e4

夢現武侠~『黒衣の刺客』
真紅のthinkingdays (2016/04/12 07:44)
 刺客聶隱娘  THE ASSASSINS  唐代の中国。女道士の元で修業を積んでいた隠娘(舒淇)が、13年ぶりに両親 の元へ帰る。彼女は黒衣を纏い、感情を表に出さない刺客となっていた。  侯孝賢が初めて撮った武侠映画は、アート映画と言ってしまいたいほどの映像 美と、静謐さに満ちている。これは、西洋人がイメージするであろう神秘的で謎め いた...


黒衣の刺客 ★★
パピとママ映画のblog (2016/04/12 18:22)
「悲情城市」「珈琲時光」の台湾の名匠ホウ・シャオシェン監督が初めて手がけた武侠映画。唐代の中国を舞台に、暗殺者として育てられた孤独な女刺客が、自らの過酷な運命に翻弄され心揺れるさまを、名カメラマン、リー・ピンビンの美しく詩的な映像で描き出す。主演は「ミ...


黒衣の刺客
だらだら無気力ブログ! (2016/04/22 23:26)
映画はイマイチだけど、映像美は素晴らしい。


| ホームTOP ▲ |