「オデッセイ」感想
凄く期待していたのだけれど・・・ そうでもなかった。3つ★半
2016021608264631a.jpg
公開時、すぐに上映時間が夜だけになってしまい、見に行けなくなってしまい、凄く悔しかった映画。
こんな早くレンタル開始になるなんて、嬉しいけれど・・。でも最近は公開からDVDになるまでが早すぎやしませんか・・・。

70~80年代のディスコ音楽が使われていますが、あの女性が、この手の曲を愛聴しているようには見えない(^^ゞ
まあ、懐かしい曲が一杯だったのですが、歌詞と内容が連動しているのが、この映画の魅力の一つだそうで・・・。
私の英語力では、歌詞までは解らないため・・・残念。

割と早い段階で、火星に一人取り残されます。はっと気がついたら、お腹に刺さっていた!それを抜く手術を・・・というシーンが、凄く痛そうで、見るに堪えなかったです。
その後、じゃがいも栽培(排泄物を利用、水を作る・・)、16進法?を使ってアルファベットで交信できるようにする、等の生き延びるためのサバイバルなアイディアを実行していく部分は、すっごく面白くて、見ていてワクワクしていたのですが、

★以下ネタバレ★
最後の方の展開は、宇宙工学とか、理系的な知識が全然無い私にとっては、良く解らなかったため、いまひとつ、そう来たか!などと反応出来なかったです。そういう知識があったら、もっと、おお!っと楽しめたんでしょうけれども・・・。
そして、中国が出て来て、中国の助けがあって、成功する・・って流れは、原作がそもそもそうだったんですね。
それは映画を見終わってから知りました。
そして、いよいよクライマックス。船長さんと何とかして近づこうとお互いがんばるのだけれど、その方法がね・・・。
わざと宇宙船の一部を爆破させて減速させる。宇宙服にわざと穴をあけて、それをコントロールしつつ、ピューっと・・・って、、、。化学的に、こういうのはアリなんでしょうか? マンガかよ?って思う様な方法だけど・・・。
ラストシーンは、無事に帰還出来て、今では先生として、自分の体験を語る様になっている・・・という処でお終いでした。

以上

オデッセイ (2015/米) The Martian
監督 リドリー・スコット
脚本 ドリュー・ゴダード
出演 マット・デイモン / ジェシカ・チャステイン / クリステン・ウィグ / ジェフ・ダニエルズ / マイケル・ペーニャ / ケイト・マーラ / ショーン・ビーン / セバスチャン・スタン / キウェテル・イジョフォー / ベネディクト・ウォン / エディ・コー
【2016/06/06 11:08】  コメント(12) | トラックバック(5) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<「ソハの地下水道」感想 | ホーム | 「ディス/コネクト」感想>>
コメント

私は、この映画は今から思うと好きです。
見る前は、一人宇宙に残される恐怖→帰還して感動→ラスト泣く気満々、みたいな話を予想してたので、あれ?って空振りしたような気持ちになったけど、よく考えたらそういうの、結構もうありますよね。
サクサクと、実際に具体的に次に何をするか、っていう焦点の当て方は初めてで、できるんかい! ってツッコんだりしたのは新しかったです。
宇宙兄弟はまたハードルが上がったな・・・って楽しめました。
私もお腹に刺さったところは、目をつむっていました。ムリ、ああいうの。古すぎる話だけど、「池中玄太80キロ」だったかな? 子供の時だから記憶がアレだけど、そういうエピソードがあったような・・・んでそれを思い出し、目をつむってました。
牧場主  【 編集】  URL |   2016/06/06 15:26   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!

>一人宇宙に残される恐怖→帰還して感動→ラスト泣く気満々

そうそう、こういうのが王道なのに、そうじゃなかったところは、珍しかったですよね。
これ見たのと、北海道の少年がサバイバルした事件とが、同じ時期だったから、妙に感慨深かったです(関係ないけど)
やっぱり、あっけらかんと、あまり悲観的にならないのが生き抜く最大のコツって、何かで見たわ。
私はダメだなあ・・・ ついつい悪い方に考えたり、すぐパニックになっちゃう性分だから。

宇宙兄弟! 忘れていたわ。まだ続いているのかー。
大好きな漫画だったのに、私としたことが! 
そうそう、映画版も随分前だけど、見たんですよ。感想は下書きに途中まで入れたものの、結局そのままに。
「岳」と一緒に(例の2つまとめで^^) 両方同じ俳優さん主演で漫画原作映画だった繋がりで。

ところで「池中玄太80キロ」で、そんなシーンありましたっけ?見ていたのに、、覚えてません。。
あれに出演していた方々、早くにお亡くなりになられている役者さんが多いんですよね・・・(;_:)
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/07 10:26   |  TOP ▲ |


ああ~、じゃあ、池中玄太じゃないかも・・・子供の頃の記憶だから・・・
何か、お医者さんがいて、昔船医をやっていたっていう思い出話をしてて。
盲腸か何かの手術を自分でした、みたいな。「自分で手術台の上に載って・・・」みたいな・・・でも、違う話です、きっと。

>あれに出演していた方々、早くにお亡くなりになられている役者さんが多いんですよね・・・(;_:)
ああ~、ごめんなさい、そうなんですか・・・
自分でふっておいて、それの記憶がない・・・
牧場主  【 編集】  URL |   2016/06/07 11:10   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんにちは! コメント&TBありがとうございました。
梅雨入りしたね~。。でも雨の日は紫外線強くないからいいと思うことにしています^^
北海道の少年、ほんと無事でよかったよね~。

>公開からDVDになるまでが早すぎやしませんか・・・。
全く同感。
>私の英語力では、歌詞までは解らないため・・・残念。
これ、歌詞の和訳を字幕で出してもよかったよね?
>お腹に刺さっていた!それを抜く手術を・・・というシーン
ここ、リドスコらしいな~、と思いました^^

で、あの番組。面白いよね~。
最近では、白岩玄のかっこよさに目が釘付け(笑)。
彼の作品は読んでないんだけど、思わずwikiってしまったわ。
でも、残念なお知らが・・・。
6月24日で終了するんだそうです。(T_T)
もともとワンクールの予定だったらしく。。
残り三回だね。でも、いつかまた復活してほしい~。
真紅  【 編集】  URL |   2016/06/08 05:11   |  TOP ▲ |


こんにちは〜
お久しぶりにコメントありがとうです。

評判良かったけど、私も期待してたせいか
そうでもなかったですー
どこが面白いのかなって感じ。リドリースコット作品は好きなのが多いから、本作は芋作りのとこだけかな、面白かったのは。笑
mig  【 編集】  URL |   2016/06/08 11:39   |  TOP ▲ |


本来なら死を意識させるシーンが多数あってもいいところを、それが全くないのがこの映画の凄いところだと思いました。
だって79歳の老齢監督が撮っているのに、クリント・イーストウッドやスティーブン・スピルバーグとは違って、作風がめちゃ若いんですもん。
もしかして若いおネエちゃんと付き合ったりしとるんですかね?
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2016/06/08 23:27   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
そうかー、自分で自分を手術ってシーン、私も何かで(もう思いだせない)数回見たことがあります。
怖いですよねー。

覚えていらっしゃらないとのことですが、ちょっと小耳に^^
池中玄太は、坂口良子さんとか、三浦洋一さんが、若くして亡くなってしまったんですよ・・・。
三浦洋一さんは、私がまだ高校くらいのころ、良いなー素敵なお兄さんだな(おじさん?)って思っていた人だったので、残念でした。
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/09 13:14   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
>歌詞の和訳を字幕で出してもよかったよね?
著作権だか、なんだかで、出せなかったとかいうのをネットで見かけたけど・・。
残念だったなあ。

> 最近では、白岩玄のかっこよさに目が釘付け(笑)。
おおー、そうかー。出演されていたよね。
私も彼の本、全く読んだことがないんだ。
野ブタは彼の小説を、木皿泉さんが脚本にしてドラマ化したんだよね。
リアル友達から、何度も野ブタをオススメされていたのに、食わず嫌いで見ずにいて、今更だけど後悔してるよ・・。
私が絶対私が好きそうだから!って言われていたんだけど、キャストがアイドル君たちだったので(別に嫌いってわけじゃないんだけど・・)、なーんか腰が重くて・・。

私は島本さんが、面白くなかった本とかについてあまり書かないようにしている。自分には合わなかったけど、その本でどこかの誰かが救われている事があるから・・・ってのに、なんかガーンと来たんだよね。

そうそう!終わっちゃうんだってね。私もほぼ同時に知ったところで、真紅さんちで言おうって思っていたの。
残念だね・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/09 13:22   |  TOP ▲ |


migさん、こんにちはー!
なかなか見ている映画が、かぶらなくて。
凄く評判良い中、そうでもなかった・・って、migさんがズバリ言っていて、嬉しくなっちゃった♪

リドリースコット作品は、私も好きなのが多いんだけど、プロメテウス?とかは、ちょっとダメだった。
これは、もっと解りやすい映画だったんだけど、後半が、なーんかノレなかったなあ・・・。
でも、ご高齢なのに、頑張っていて、偉いし凄いよね!これからも良い映画作ってもらいたいな。
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/09 13:25   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

> 本来なら死を意識させるシーンが多数あってもいいところを、それが全くないのがこの映画の凄いところだと思いました。
確かにそうですよね。
そういうシーンや心理描写に、こういう題材の作品なら3割くらいは使うところ、無いんですもん^^

> だって79歳の老齢監督が撮っているのに、作風がめちゃ若いんですもん。
ほんとですよね。私、監督の年齢すっかり忘れていて、にゃむばななさんちで、改めて知って、そうかーそうだよな、私が小さい頃から活躍してるんだもの、もうそういう年だよな?って気がついて。
マッドマックスの監督さんといい、彼といい、凄いわー!!

> もしかして若いおネエちゃんと付き合ったりしとるんですかね?
おおー。そうかもしれない。むふふ^^
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/09 13:27   |  TOP ▲ |


latifaさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございます~。

中国はきっと、日本やほかの国だったら結構苦労せずに協力してくれるのだろうけど、あの「中国」が協力してくれた、ということに意義があったんでしょうかね。昔ならロシアだった、っていう感じ?

あの最後の作戦、服があんな簡単に壊れるかと思うと結構恐ろしいですよね。ちょっとした衝撃で穴が開きそう…。

私はとっても楽しめました、わたしも映画館に行けなかった口なので早くDVDになってくれて嬉しかったですよー。
minori  【 編集】  URL |   2016/06/10 19:59   |  TOP ▲ |


minoriさん、こんにちは!

そうかー、なるほどね・・・。日本だったら、結構苦労せずに協力してくれただろう・・ってのは、確かに^^
原作は、まだだったのですねー。
私も機会があったら読んでみたいです。

minoriさんちでレスに書かれていた
>なんかコンタクトできた時点で凄い達成感を感じましたし(苦笑)
それ、それ!!
そうなのよ。私は、この映画の中で、あそこがピークだった・・(^^ゞ
latifa  【 編集】  URL |   2016/06/12 13:48   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1329-72788f30

スターマン/火星の人~『オデッセイ』
真紅のthinkingdays (2016/06/08 05:01)
 THE MARTIAN  NASAの有人火星探査計画 「アレス3」 のクルーたちは嵐に襲われ、ミッ ションを中断し地球へ帰還する。しかしクルーの一人で植物学者のマーク・ワ トニー(マット・デイモン)は、事故に遭い火星に一人取り残されてしまう。  マット・デイモンが持ち前のポジティブ思考で困難を乗り切り、80年代ディ スコ・ミュージックを聴きながら火...


オデッセイ/THE MARTIAN
我想一個人映画美的女人blog (2016/06/08 11:38)
リドリー・スコット&times;マット・デイモン初タッグ 原作は、新人作家アンディ・ウィアーによる驚異的なベストセラー小説『火星の人』 脚本は「クローバーフィールド」「キャビン」「ワールドウォーZ」の脚本家、ドリュー・ゴダード。 この人のって「キャビン」...


オデッセイ (試写会)
風に吹かれて (2016/06/08 14:51)
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・


『オデッセイ』
こねたみっくす (2016/06/08 23:27)
希望と絶望の狭間で揺れる振り子に、科学を武器に戦うヒューマンドラマがここにある。 何と生命力に溢れた映画なのだろうか。これが79歳の監督が撮る映画なのだろうか。 意外や意 ...


『The Martian』 オデッセイ
キマグレなヒトリゴト: IN PERTH (2016/06/10 19:59)
いざという時に、知識はないよりあった方がいい。 ポジティブにサバイブしたマークの火星での一年(と少し)を描いたこの作品、とっても面白かったです。最後の講義にもありましたが ...


| ホームTOP ▲ |