最近見た映画 2016年11月12月 邦画編
「合葬」「私出すわ」「シン・ゴジラ」「ビリギャル」「君の名は。」
167082_01.jpg
「合葬」
杉浦日向子さんの原作漫画を少し前に読んだ後、記憶があやふやになった頃、映画版を見ました。
映画版は、ちょっと女性の登場が多い内容に変えられていたような・・。
深川の遊郭通いとか、あったっけ・・・?
柳楽君が、モテてるー! 目がキリっとしているので、武士役はなかなかカッコよかったです。
瀬戸君はさておき、福原悌二郎役を演じた、 岡山天音君って人が、昔の時代の人には見えなかったなあ・・・。

思いがけず、オダギリジョーが出演していて、しかもなかなかにカッコイイ・・・^^ 新選組!の時の斉藤一を思わせる雰囲気も少々あって、嬉しかったです。

雰囲気はなかなか良かったものの、凄い感動とか、好きだなーとか、特にそういうインパクトを感じることはなかった映画でした。
でも、漫画を読んだ時にも、それほどこの作品に心動かされることがなかったので、私の琴線に触れる内容ではないのかもです・・。この時代も現代も、若い青年って、根っこのところは、そんなに変わってない人も多いののかも・・・。と、感じるストーリーでした。柳楽君みたいな、迷いなど全くなく、死に向かって一直線な処が、ふわふわして定まらない男子が多い中、女子のハートをぐっとつかむんだろうね・・・。


「私出すわ」
NHKのBSで放映されたのを見ました。
この映画の存在を今まで知らずにいたのですが、森田芳光監督の2009年の作品だったのですね・・・。うーん、面白くないわけじゃないけれど、なんだか微妙なお話だったかも・・・。3つ★
主役は小雪。彼女にぴったりの、謎の人物。 舞台が何故か函館で、路面電車が沢山登場したり、喫茶店とか函館らしい雰囲気が漂っていました。なぜか大金を持っていて、みんなにあげる・・というお話なのだけれど、

★以下ネタバレです★
ランナーだった友人が心臓手術をアメリカで受けるための費用を出す、町一番の美女で玉の輿に乗ったものの夫が突然亡くなった黒谷さんへ大金をあげるも、あっけなく殺されてしまう、実は金塊を配っていたえのは、小池栄子さんだった、路面電車の運転手をしていた男友達の妻が大金を手にしたらホストにはまって・・・。寝たきりだった母の意識が戻って、おしまい。以上

「シン・ゴジラ」
知っている場所が出て来て、壊されて行くのが、不謹慎だが、ちょっと面白かった。
もう、日本のそうそうたる役者さんが、これでもか!って位、出演していて、ギャラとかは、どうなっているのやら。

エヴァのテーマ曲とか使われていたり、色々な処に、エヴァンゲリオンを感じる処があって、楽しかったです。
個人的に好きだったのは、ゴジラの体から数本の直線光線?みたいのが出るシーン。アニメちっくな攻撃力がワクワクしました。
あと、新幹線を使っての激突も意外性があった。

本家本元の、ゴジラは見たことが無いし、知識はほとんど無かったのですが、これだけ見ても結構楽しめました。
お家じゃなくて、映画館だったら、もっと更に迫力あって、ワクワクしただろうと思います。

あと、石原さとみさんの英語が上手かったです。


「ビリギャル」
TVで放送されたのを見ました。
正直、あまり見る気がせず、数分で挫折するに違いないと思っていたのに、意外にも最後まで結構面白く見れました。3つ★半

家族の中で、弟にばかり入れ込む父、野球だけに人生をかけてきた父とその息子の夢が崩れた時・・・ 。「やればできる子なんです!」という親・・。
努力すれば夢が必ずしもかなう、というわけではないという現実も描かれていたのが良かったです。

★以下ネタバレ★
結局第一希望の慶應の文学部には不合格だったのですね・・・。でも二次希望の慶應SFCには合格出来た。
ただ、SFCは英語と小論文だけ。頑張って勉強した歴史と国語は生かされなかった、、というオチだったのが、現実的でした。
でも、一緒に遊んでいたギャル仲間も応援してくれて、受験が終わるまで待っていてくれて、良かったなあ!
以上

でも見終わって知ったことには、最初は小3位の学力・・ってことでしたが、中学受験して地元の優秀な女子高に入学していたとのこと。その学校内ではビリだった、ってことだけで、もともと優秀なお子さんだったとのこと・・。
1年で・・・って言うけれど、一念発起したのが高2の夏休みで、受験が終わるのが3年の春2月だから1年半。あの年頃の1年半っ長いですよね。

塾の先生(伊藤君)が素晴らしいです! その後本を出されたり、東京の方に人生塾?みたいのも開かれているとか。
あと、有村架純ちゃんが可愛いかったです。

「君の名は。」
もう話題になり過ぎて、今更ですが、見ました^^
なんとなく、きっと自分は、あまり面白く見れないんじゃないか・・・と思っていたところ、意外にも、とても面白かったです!
確かに、あれ?って処とか、あったのですが、そういう事が、あまり気にならないほど、テンポが良かったし、ぐいぐい勢いに押されて面白く見てしまったという感じです。4つ★

私は男女入れ替わる内容としか知らなかったので、途中で隕石が落ちて、大勢の人が亡くなる・・というストーリーになって、びっくり・・・。内容を知らずに見た事も良かったようです。 
田舎の女子と、都会の男子との生活の差異、対比、それぞれ場所の良さなどが上手く表現されていましたね。
美しい幻想的な岐阜の自然や風景、東京の町並みや電車や新宿界隈、夕暮れ時のあかりが灯り始めた建物や風景、雪の日、
新海監督の真骨頂ともいえるそれらの美しい絵は本当に素晴らしい。

男の子は建築関係に興味があるようで、CMの大成建設だったかな?アレに繋がるような錯覚を。女の子の方も、Z会だったかな?あのCMの女の子とかぶる印象がありました^^

そして、音楽も自然に、とても映画にしっくりはまっていましたね。大ヒットするのも解るわ。
内容は、「転校生」「イルマーレ」にちょっと似たところもあったけど・・。

私は、アニメ作品で、苦手な最大の理由が、わざとらしい若い女子の声、なのですが、本作では、全くそういう事がありませんでした。上白石萌音ちゃんという女の子の声、とってもとってもカワイイですね! 「ちはやふる」の古典マニアの女の子を演じた女優さんなのですね。凄く好感を持ちました。
あと、男子の声は、あの神木君。最後まで気がつきませんでした。凄すぎる・・・。

★以下ネタバレ★
運命が変わり、多くの村人が助かった。
その後、5年くらい経った!
でたーー!新海作品の最後の方って、こういうパターンが多いのね。あと、年上の女性、ってのも好きな設定なのかな。
お互いの名前を忘れ、それぞれが別々の人生を歩んでいたが・・・電車ですれ違いざま、気がついて下車!再会できてハッピーエンド。
以上

本作が大ヒットしただけに、次回作はプレッシャーとか大きくて大変でしょうけれども、今後も楽しみにしています。
【2016/12/30 11:26】  コメント(6) | トラックバック(5) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<2016年面白かった映画マイベスト10 | ホーム | 1971年版「沈黙 SILENCE」感想>>
コメント

latifaさん、こんばんは。

今年は色々お話していただいて楽しい年になりました。海外にいつつこうやって日本の皆さんとお話しすることができる機会があることを嬉しく思います。

それにしても日本ドラマは毎日見るし、日本の本も読んでるので、外に出ていかなければ日本ワールドに留まることも可能で、なんか不思議な感じですよね。それでも年末とは言え、暑いし(今日は涼しいですが二三日するとまた36度です)まったく年末感がございません。

さてさて、君の名は。ご覧になったのですね。私もこれ映画館で結構現地の方も来ていました。あの世界観が難しいだろうと思いつつも意外に同行していた現地人の相方さんは号泣です。アニメ、新海監督や今敏監督、大友克洋監督の作品なんかはアニメの枠を超えていますよね。日本のアニメは凄いです。

今年は(も)あまり映画館には行けませんでしたが、来年はまた色々見に行けたらいいなー。
どうぞ来年もお付き合いくださいませ。よいお年を!
minori  【 編集】  URL |   2016/12/30 22:41   |  TOP ▲ |


minoriさん、こんにちは!
私も日本にいながら、海外の方と、普通にこうやってお喋り出来るのが嬉しいです。
いやー、便利な世の中になりましたねー。
昔、ネットができる前は、海外に住む人と交流を持つっていったら、高い国際電話か、手紙なら、最速でも、行きと戻りの、それぞれ1週間くらいが加算され、早くて10日遅くて2週間ほどかかったんですから。

そして海外に暮らしていても、リアルタイムに日本の情報(ドラマとか本とか)が得られるなんて!^^
今までにも、日本に住む私よりも、minoriさんの方が先にご覧になっている、って映画も多々あったりしますよね(^^ゞ

>現地人の相方さんは号泣です
おおー。そうなのね!
私は特に泣くシーンはなかったのですが、面白かったです!

来年もどうぞよろしくです(^^)/
latifa  【 編集】  URL |   2016/12/31 08:49   |  TOP ▲ |


大成建設もZ会も新海誠監督が手掛けたものなので、既視感があったのだと思いますよ。
実は意外とこれまでにも新海作品を見ていた人は多かったのに気付かれていなかったのが、この作品で一気に変わるかも知れませんね。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2016/12/31 23:17   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!
> 大成建設もZ会も新海誠監督が手掛けたもの
はい!そうですね。CMなのに、すごいお金かけてるなー、すごいなーって思っていました。
ストーリー性があって、いいですよね。

映像では「言の葉」が、私は一番すごいんじゃないか?って思っています。
「秒速」のラストが悲しすぎたので、本作で、そのあたり、随分変わったなあーと思いました。
良くも悪くも・・。
latifa  【 編集】  URL |   2017/01/03 13:24   |  TOP ▲ |


latifa-さん、

新年、おめでとうございます。
今年も、どうぞ宜しくお願いします。
体調は、いかがですか?

この映画、社会現象にもなってしまいましたが、
わたしは、「大絶賛」ってほどではなかったので、
ちょっと残念…でした。期待しすぎたせいでしょうか?

「この世界の片隅に」に、興味があるのですが、
近場に上映館がないので、
最近完全に『出無精』のわたしは、
「DVDが出てからでも、いいかぁ~」
なんて思っちゃっています。

今年は、もっと本を読みたいとは、思うものの…

今年も、どうぞ宜しくお願いします。

Noinu  【 編集】  URL |   2017/01/04 12:40   |  TOP ▲ |


Noinuさん、こんにちは!
あっというまにお正月も終わって、そろそろ通常モードに戻らねば・・・
体調は、ぼちぼちです^^

君の名は。
ほんと、すごい事になってるみたいですね。
千と千尋の時は、公開してすぐの頃見に行ったので、期待とか無く、凄く楽しめました。
アナと雪の女王の時は、見に行くつもりが無かったので、知らないうちに凄いブームになっていて、今更行くのもなあーと、結局見に行かずに、レンタルで見て、なかなか面白かったけれど、そこまで・・でもなかったなーという印象でした。
やっぱり、あまりにブームになった後や、期待が大きい状態で見ると、あんまり・・ってなりやすいかも^^

> 「この世界の片隅に」
凄く良いって評判ですよね。
私も興味はあるのですが、レンタルかなー

今年もよろしくお願いします!
latifa  【 編集】  URL |   2017/01/05 08:53   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1343-acd9fad1

『君の名は。』 Your Name
キマグレなヒトリゴト: IN PERTH (2016/12/30 22:42)
話題の映画がパースまでやって参りました。 同行者ののんびり加減のおかげで実は遅刻しまして、最初の数分を見ることができませんでしたが、それでもとても楽しめました。この映 ...


『ビリギャル』
キマグレなヒトリゴト: IN PERTH (2016/12/30 22:43)
日本の受験システムは独特。 私も勿論受験は受けたし、教える立場にあったこともある。そしてこっちでも大学院に行ったので両方のシステムを見ることができた。日本の大学では遊 ...


『君の名は。』
こねたみっくす (2016/12/31 23:17)
オリジナルストーリーを期待したのにアナザーストーリーを見せられるとは…。 我々新海ファンが待ち望んでいるのは余韻を残してくれる大人のオリジナルストーリーであって、一般 ...


やっぱり主役は・・・!『君の名は。』
水曜日のシネマ日記 (2017/01/04 10:47)
新海誠が監督の最新アニメーション映画です。


「君の名は」
Noinuの云いたい放題、やりたい放題 (2017/01/04 12:42)
*** 解説(映画.comより) *** 「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」など、男女の心の機微を美しい風景描写とともに繊細に描き出すアニメーション作品を手がけ、国内外から注目を集める新海誠監督が、前作「言の葉の庭」から3年ぶりに送り出すオリジナル長編アニメ。 「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」で知られ、新海監督...


| ホームTOP ▲ |