「トキワ荘の青春」 感想
約20年前の映画だそうで、脇役に今や大御所の阿部サダヲ、古田新太、生瀬勝久がいて、びっくり!
20140524112736.jpg
主役は、もっくん。あまり変わっていないのには、ビックリ。

さて、このトキワ荘にそうそうたる漫画家が住んでいた、というのは有名ですが、もっくん演じる主役の寺田ヒロオさんについては、今まで知りませんでした。
人気のあった漫画家さんであったそうですが、他の方々と比べると、知名度的には低いですよね。
彼の漫画の作風は、急速に変わっていく漫画界で、今までのスタイルを変えずにやっていくのは、厳しいよ・・・と編集者が言うとおりになって行ってしまったんですね・・・。

この映画の主役は、人気漫画家になっていった、藤子不二雄さん、石ノ森章太郎さんではなく、寺田さん、そして結局漫画家として成功できず、アパートを出て行った森安なおや(古田さん演じる)にスポットを当てているというのが、凄くいいなあ・・と思いました。
赤塚不二夫さんに関しては、なかなか売れず、編集者に「個性がないんだよねー、もう故郷帰った方がいいんじゃない?」みたいに言い渡されるも、その後、描いた作品が当たって、みごと売れっ子になって行く処を描いています。
成功者ではないメンバーを中心に描いているせいか、全体的な雰囲気が暗いです。

そして、ぶつ切り感がいなめないし、もっと良い作品になりえただろうに、なんだか、面白みに欠ける(すいません!)感じになってしまっているのが非常に残念です。
でも、何度も写るアパートの廊下のショット、諦めやノスタルジーを漂わせているところなどは、鼻の奥がつんと来る感じです。

上記の寺田さんにしても、森安さんしかり、漫画家さんって、にハードな生活を送っているせいなのか、60代前半と若い時にお亡くなりになられていらっしゃる方が多いんですね・・・。
そして、石ノ森さんのお姉さん(アパートに途中から一緒に暮らしていた)が、この後、まだお若いのに、喘息でお亡くなりになられていたというのにもショックを受けました・・。

同じアパートで、どんどん有名になっていく仲間を見ている立場の人の気持ち、いかばかりだったでしょうか・・。
先日竹宮恵子さん(女版のトキワ荘)の自伝小説を読んだときに、萩尾望都さんへの複雑な思いから部屋を出て行ったエピソードが書かれていました。
寺田さんも、その後日本の漫画界の重鎮となられた仲間を誇らしく思う反面、複雑な思いがずっとあったことでしょうね・・。

その後の寺田さんの人生をwikiで読んだら、泣けてきました。
こちら

映画自体は、特に・・・でしたが、見終わった後、色々調べてみたら、なんだかとても切なくなったので、感想を残しておこうと思いました。3つ★

トキワ荘の青春 (1996/日)
監督 脚本 市川準
出演 本木雅弘 / 大森嘉之 / 古田新太 / 生瀬勝久 / 北村想 / 柳ユーレイ / 桃井かおり / 原一男 / 内田春菊 / きたろう / 阿部サダヲ

(内容 あらすじ) 昭和30年代、トキワ荘というアパートに、当時から売れっ子の「手塚治虫」をめざして、漫画家志望の若者がやってきて住むようになった。 その中でも「寺田ヒロオ」本木雅弘は年長でもあり、みんなから頼りにされる、人望あつい漫画家だった・・。
【2016/11/07 16:27】  コメント(2) | トラックバック(0) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」感想 | ホーム | 「さざなみ」感想 >>
コメント

先日TVで観ました。
寺田さんという方を全く知らなかったので私もwikiで調べて切なかったです。
時代の流れって残酷ですね。
殆ど喋らない阿部サダヲさん、今の売れっ子ぶりが信じられません。
石ノ森章太郎さんのお姉さんが仙台の笹かまぼこを手土産に持ってこられたシーンに、あの大震災を思い出したり。
確かに、映画自体は淡々と進むだけで何だろう、でしたが『青春』でしたね。
こに  【 編集】  URL |   2016/11/11 08:17   |  TOP ▲ |


こにさん、こんにちは!
この映画は見てる人がいらっしゃらないだろうなあ・・・と思っていたのですが、こにさんも先日の放映で鑑賞されていたんですね!
コメントを頂けて、とっても嬉しかったです。

そして・・・こにさんも、寺田さんのその後をネットで検索されていましたか・・。
気になっちゃいますよね、あの後どうなったんだろう・・・って。

> 殆ど喋らない阿部サダヲさん
今とは全然違った雰囲気でしたよね。

> 石ノ森章太郎さんのお姉さんが仙台の笹かまぼこを手土産に持ってこられたシーン
私も震災のことが頭をよぎりました。あの笹かまぼこ、美味しいんですよね。
私も子供の頃、親戚が仙台にいて、たまに送ってもらったことがありました。
キャベツばかりの食事に、あのかまぼこが登場して、彼らは、さぞや美味しく感じたことでしょうね^^
latifa  【 編集】  URL |   2016/11/11 09:52   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1348-2c84df5d

| ホームTOP ▲ |