2017年1月見た邦画 「ヒメアノ~ル」「秘密」「団地」感想
去年度のベスト10で、多くのブロガーさんたちから評判が高かったこともあり、見てみました。
49498281.jpeg

「ヒメアノ~ル」
確かに面白かった。でもかなりハードというか・・・重い映画でした・・・。4つ★
最初の方はラブコメっぽい処が多かったのですが、でもこのまま終わるわけがないよな・・と身構えて見てました。森田が、何かやるに違いないと。

高校時代いじめられていた同級生とその彼女(何をもたもたしてたのよー!)が殺された後は、もうバタバタと・・・。殺しの場面とかグロくて直視していられなかった。

★以下ネタバレ★
見終わった後知ったのですが、漫画と映画では、そもそも森田の人格が違っていて、漫画では中学の時に自分が他の人とは違った性的嗜好?であることを知って絶望し泣く・・・というシーンが重要になっているそうなんですね。
映画では、最後にほんわかしたシーンが出て来て、グサー!!っと来ます。 まだ高校に入学したばかりのころなのかな、岡田君と仲良くしていて、「お母さん、麦茶2つ」なんて言うシーンが(泣)お庭には白いワンコがいました・・・。
酷いイジメに遭って、おかしくなってしまった・・・という風に取れる内容でした。
でもなー、そりゃあ可哀想だと思いますよ、あんなひどい事されたら、精神病むのも解ります。でもだからと言って、無差別に人を殺しまくるのは絶対許せないです。いじめたヤツに仕返しするのはいいとして。それにしても、ひどいことするヤツおるなあ!!
あんなウン〇を食べさせられたリ、教室であんなこと強要されたり・・・。
最初は仲良くなかったから・・なんて言っていた岡田でしたが、実は森田君と仲良くて、不登校になってからの森田君を、いじめの加害者から、学校に呼ぶ様に言われて、呼び出して・・・って事までしていたとは・・・。
ムロさんは、何かやらかしそう・・と思ったわりには、大丈夫で(^^ゞ良い人でした。
以上

出演者の方々も、みなさん凄く良くて、岡田役を濱田岳、ユカ役を佐津川愛美、安藤役をムロツヨシ、そして森田君は森田剛。
原作の漫画も、ぜひ読んでみたいです!

ヒメアノ~ル (2016/日本)
監督 脚本 吉田恵輔  原作 古谷実

「秘密」
これは・・・残念、、、1つ★
原作漫画とは全然別物なんですね・・・。
友達から噂は聞いていたものの、ここまで酷いとは・・。

薪さんのシャツの下に着たとっくり?的なスエットは、本当に気になりますね。
スタイリストさんに聞いてみたいです・・。あれはどうして・・・?

途中から見る意欲が著しく無くなって来ました。最後まで見たものの・・・
原作が名作なだけに、その落差にがっくり。

この映画のために追加された、大森さんのうるさい刑事役とか、うーん、、、
最近見た映画の中で、一番がっかりした作品だったかもです・・・


「団地」
うーーん、のれなかったなあ・・・。2つ★
阪本監督、藤山さんといえば、かつて見た「顔」が凄く良かったのと、本作の出演者の面々とかから、これは外すわけがない!と確信して見たのだけれど、最初の方のギャグとかネタとかが私のとズレており、笑えなくて・・・そして、途中からのSFテイストも、んんん・・・・という感じで。残念でした。

あと、藤山さんはやっぱりオーラがあるというか、上手いんだけど、でも本作の役どころである、トロい女子って感じはしないのよね・・・。スーパーの裏で上司に怒られて、自分のボーダーの袖でバーコード打つ様子とかは可愛かった。

★以下ネタバレ★
実は斎藤工らは宇宙人?で、宇宙船がやってきて・・。
そして、ラストは亡くした息子と3人昔の様に一緒に暮らしているらしいシーンが流れる。
以上

団地 (2016年/日本)
監督 脚本 阪本順治
藤山直美 岸部一徳 大楠道代 石橋蓮司 斎藤工
【2017/01/10 17:20】  コメント(2) | トラックバック(2) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「手紙は憶えている」感想 | ホーム | 「ローグワン / スターウォーズ・ストーリー」感想>>
コメント

「団地」楽しみにしてたんですけど、そうですか・・・。
「ヒメアノ~ル」は評価高いですね。期待しよう!
「秘密」は、大体同じ感想です。。。。
私の中ではなかったことに。
「3月のライオン」は予告を見る限りよさげだけど。
牧場主  【 編集】  URL |   2017/01/10 19:14   |  TOP ▲ |


牧場主さん、レス遅くなっちゃって、ごめんなさい!!

> 「団地」
ヤフーとかで見たら、全体的な評判は、そんなに悪くないみたいですよ・・・
私は、あんまり・・でしたが・・。

> 「ヒメアノ~ル」
これ、漫画も読みたくなって、ゲオに走ったんですが、置いてなくて、がっくり。
そもそも、この作家さんの漫画を全く置いてないみたいです。
そうそう!!
そんな、しょぼい、もよりのお店に、今更ですが、逃げ恥が入荷しまして、さっそくレンタルして読みました!
7巻までしかなかったので、全部は読めていませんが・・・。
その辺りのお話は、また、しましょう(^^)/
latifa  【 編集】  URL |   2017/01/16 13:18   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1355-0180dbf9

映画・団地
読書と映画とガーデニング (2017/03/11 13:57)
2016年 日本 舞台は大阪近郊の昭和の匂いの残る古い団地山下清治(岸部一徳)とヒナ子(藤山直美)夫婦が『色々あって&hellip;』商店街で営んでいた漢方薬品店を畳んで引っ越してきますヒナ子曰く「団地てオモロイなぁ、噂のコインロッカーや」顔を合わせるとは、引っ越してきた二人や自治会長夫妻(石橋蓮司・大楠道代)、他の住人たちの噂話に余念のない主婦たち(竹内都・濱田マリ・原田麻由・滝裕可...


「ヒメアノ〜ル」
ここなつ映画レビュー (2017/03/23 11:11)
ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田岳とムロツヨシの力量に負う所が大きいと思うが。いかにも邦画的な。一風変わった間合いを醸し出す。だから、笑うべき所ではちゃんと笑えたし、嫌悪を感じる部分ではそこそこに嫌悪を感じたりもできた。だがしかし、中盤、いやもう後半に差し掛...


| ホームTOP ▲ |