「湯を沸かすほどの熱い愛」感想
photo_20170426191521e63.jpg
花ちゃんとリエさんの演技が素晴らしかった。
評判が凄く高いこの映画、ぐっと来るところや、リエちゃん演じる母ちゃんの凄さなど、噂通りだったのですが、
ただ、個人的に、え・・?と驚くシーンも幾つかあって・・・
全部見終わった後、手放しに凄く良かった!と言い切れず、まだ消化しきれてない・・・って感じです。

★以下ネタバレです★
・教室で自ら下着姿になるシーン、
・産みの母のところに連れて行かれて、いきなり会って来い!って・・・いやがる娘を無理矢理・・・
 (突然そんな風に言われてもね・・・)
・ラストのシーン(まさかの銭湯で火葬)
特にラストの火葬については、なんだか怖い・・・と思ってしまって・・・。確か、人間を焼くのって、凄く高温で、結構長い間、焼かなくてはならない・・・って聞いたような・・・。焼けて行く渦中とか、身内(夫)が見たりするんでしょう・・・?そういうのを考えちゃうと・・・。
最初の方で、銭湯の煙突と、焼き場の煙突が似てるなあ・・・って思ったので、まさかとは思ったけれど・・・。
あと、イジメはあれでおさまったのでしょうか・・・。あの後、ぱったり学校の様子が出なくなって、もっと後日談が見たかったかも・・。
それにしても、りえちゃん母も実の母に捨てられた過去があったとは・・・。そして会いに行ったけれど、拒否られて・・・。切なかったですね・・・。
以上

湯を沸かすほどの熱い愛 (2016/日)
監督 脚本 中野量太
撮影 池内義浩
出演 宮沢りえ / 杉咲花 / 篠原ゆき子 / 駿河太郎 / 伊東蒼 / 松坂桃李 / オダギリジョー
【2017/04/29 10:27】  コメント(2) | トラックバック(3) | 日本映画
TOP ▲HOME
 
<<「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」感想 | ホーム | 「永い言い訳」小説と映画の違いと感想>>
コメント

こういう「お母ちゃん」には、本当に心からいい報告をしたくなるからこそ、人生頑張らねばと思っちゃうんですよね。

でもあのラストはちょっと唐突でしたね。
せめてそういう経緯にもっていくためのネタフリがあれば良かったのですが。
にゃむばなな  【 編集】  URL |   2017/04/29 23:39   |  TOP ▲ |


にゃむばななさん、こんにちは!

彼女の風呂屋に嫁に行く前の人生も、どんなだったか、知りたくなりました。
オダギリジョー演じる夫は、嫌いになったわけじゃないと言いつつ、あんまり妻に愛情があるように思えなかったなあー。

> でもあのラストはちょっと唐突でしたね。
> せめてそういう経緯にもっていくためのネタフリがあれば良かったのですが。
そうですね・・・。
あれに関しては、火葬に対する個人の解釈や思いも多いに影響するのかもです。
私は子供の頃の火葬場での恐怖?から、長年火葬に対するものすごいトラウマがあって、、それで、あのラストもすっと受け入れることが出来なかったようです・・・
latifa  【 編集】  URL |   2017/05/01 10:06   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1368-2fedf918

『湯を沸かすほどの熱い愛』
京の昼寝~♪ (2017/04/29 21:15)
  □オフィシャルサイト 「湯を沸かすほどの熱い愛」 □監督・脚本 中野量太□キャスト 宮沢りえ、杉咲 花、オダギリジョー、松坂桃李、伊東 蒼■鑑賞日 10月29日(土)■劇 場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>これほど期待通り...


『湯を沸かすほどの熱い愛』
こねたみっくす (2017/04/29 23:39)
誰の心にも「お母ちゃん」が必要だ! 人生に迷った時、前に進みたくても進めない時、いつも我々の背中を押してくれるのは血の繋がりを越えた「お母ちゃん」と呼びたくなる女性。 ...


湯を沸かすほどの熱い愛 (試写会)
風に吹かれて (2017/05/02 11:20)
赤が好き 公式サイト http://atsui-ai.com10月29日公開 幸野家は銭湯「幸の湯」を営んでいたが、父一浩(オダギリジョー)が1年前に蒸発して以来、休業状態。母の双葉(宮沢りえ)は、パ


| ホームTOP ▲ |