「沈黙 -サイレンス-」感想
以前より、この小説がスコセッシ監督によって映画化されると聞いて、楽しみにしていました。
img_0_201708031447396e1.jpg
まずは、しっかりと映像化され、トンデモ日本みたいな描写とかは無かった事にほっとしました。
ハリウッド俳優に、重厚なカメラワーク、台湾でロケしたとは思えない風景、日本の著名な役者さんがそろっていて、丁寧に作ったんだなあ・・・というのは伝わってきました。

内容が内容なだけに、重い・・・です。見終わった後も、後味が良いとは言えないかな・・・。
小説では、拷問のシーンの描写が多く、悲痛な気持ちになりましたが、映画ではその説明が小説ほど細かく描かれていない分、マイルドだったかも・・・。(逆さに吊るされるところも肥溜めで、少しづつ血がたらたらと死ぬまではいかないものの、ずっと流れっぱなし・・・なわけですが、文章の方が映像よりも辛かったのです)

キチジローですが、わざと汚くしても、窪塚君の美しさ?がにじみ出て、それほど、こずるい・最低な男には、見えない効果があったかも・・・。 最初に踏み絵を踏んだ時も、生きるか死ぬかの選択で、やむを得ない感がありましたよね。
でも、ロドリゴを売ったのは、どうかと・・・。
その後も裏切っても、またお許しをーとか願うし、捕まっては唾を吐いて解放される、の繰り返し・・・
しょうもない男なのよね・・・。
遠藤周作さんは、このキチジローに自分を重ねたというけれど・・

そして、キリシタンを取り締る役人達側は?というと、結構適当で、「さっさと踏み絵を踏んでよ、とりあえず踏めさえすれば、いいからさ・・・」みたいな姿勢なんですよね。もっと鬼のように怖いのかと思いきや、ゆるかった・・・。でもそうは言いつつ、拷問は厳しいんだけど・・。
筑後守を演じるイッセー尾形も、浅野忠信も、がんばってましたねー。

でも、一番頑張ってた?のは、塚本晋也さんかな。
はりつけにされて、海でざんぶざんぶと波にのまれるシーンとか、迫力あったー。すごく痩せられていたし・・・。

そして、加瀬君が、今回も扱いがあまり良くない役で、首ちょんぱされておしまいでした・・・。
どうも加瀬君は英語があれだけペラペラなのに、ハリウッドの映画での役柄が、あんまりいい役が来ない気が・・・。

なんだろう・・・小説を読んだときは、その後暫く、この作品のことがずっと頭から離れなかったし、ズドーンという重い気持ちや色々な事を引きずっていたのだけれど、映画はそうでもなかったんですよね。

★以下ネタバレ★
ロドリゴは幕府の監視のもと、長崎の出島でフェレイラと共に禁制品を取り締まる仕事に就いていました。
岡田三右衛門という日本名が付けられ日本人の妻と暮らしていました。
ロドリゴが亡くなり、火葬の際、こっそり藁の十字架を・・・・
以上

小説では、こういうラストは無かったです。
映画のこのシーンは追加された部分ですが、私は良かったと思いました。

沈黙 -サイレンス- (2016/米)
Silence
監督 マーティン・スコセッシ
原作 遠藤周作
出演 アンドリュー・ガーフィールド / アダム・ドライヴァー / 浅野忠信 / 窪塚洋介 / イッセー尾形 / 塚本晋也 / 小松菜奈 / 加瀬亮 / 笈田ヨシ / リーアム・ニーソン

(内容・あらすじ) イエズス会の宣教師フェレイラ(リーアム・ニーソン)が消息を絶った。報告によれば彼は棄教したという。
弟子のロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)とガルペ(アダム・ドライヴァー)は、マカオで日本人漁師のキチジロー(窪塚洋介)に案内され、長崎に渡って来た。2人は隠れキリシタンの村人たちの歓迎を受け、昼間は隠れて過ごしていたのだが・・・。結局キチジローの裏切りでロドリゴは捕まってしまい・・。

感想「沈黙」「海と毒薬」遠藤周作
【2017/08/03 14:47】  コメント(6) | トラックバック(1) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<< 「エクス・マキナ」感想 | ホーム | 「シング・ストリート 未来へのうた」感想>>
コメント

こんにちは! やっとリリースされましたね。

そうそう、ハリウッドが描きがちな「トンデモ日本」にはなってなくて
小説の世界観もテーマもちちんと再現されてました。
キャスティングも最高。これはハリウッドも日本も。
加瀬くんは「硫黄島からの手紙」でも浮かばれない役でしたね。
思うに、哀れを誘うお顔立ちなのかなぁ・・・米国人からみたら。
(私は好みだけどね。)
ラストの変更はすごくよかったです。
ロドリゴがひそかに信仰を捨ててなかったこと
きっと彼の日本人妻も承知だったでしょうね。

7月から50肩になっちゃって、右手が使えず
レスが遅れてごめんなさい。
これも左手だけで入力してます。冬には全快しそうです。
なな  【 編集】  URL |   2017/08/09 12:07   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
もうお手元にDVDが届いているのねー。
そうっか、もう予約していたからなのね。

> 加瀬くんは「硫黄島からの手紙」でも浮かばれない役でしたね。
> 思うに、哀れを誘うお顔立ちなのかなぁ・・・米国人からみたら。
> (私は好みだけどね。)
ぷふふ^^
そうそう、硫黄島でも、あんまり良い役じゃなかったですよね。
でも、ガス・ヴァンサント監督の、タイトルちょっと忘れたけど・・日本兵の亡霊みたいな役は、いい役だったよね。

それと、小説にも似た表現があったのね、もうすっかり忘れちゃってて、イカンわー。
小説も映画も、何度か見ないとダメね。

ところで、50肩、キツイですねー、大丈夫??
右手が自由に使えないだなんて、お仕事にもすごく差し支えがあっただろうし・・・
早く治るといいなあ・・・
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/10 12:35   |  TOP ▲ |


すごく以前から楽しみにされてましたね~。
私も見てみたいです。

>小説を読んだときは、その後暫く、この作品のことがずっと頭から離れなかったし、ズドーンという重い気持ちや色々な事を引きずっていたのだけれど、映画はそうでもなかった

そうなんだ~、興味をそそられるわ。
映画自体は予想よりも話題になりませんでしたよね。何でかしら。

加瀬くんが残念な役っていうのは、がっかりですね~。またチャンスがあるといいんですけど。
牧場主  【 編集】  URL |   2017/08/10 21:36   |  TOP ▲ |


こんにちは、牧場主さん!
そうなんです。公開されたら絶対に劇場に行く!と思っていたのにもかかわらず
結局、レンタルでした・・・とほほ。
元気な時だったら、絶対行ったんでしょうけれど、そのころ、ちょっと体調も気力も弱っていたし・・・
元気な時じゃないと、こういった内容の映画を劇場に見に行くのは、キツイなあ・・と思ってしまってね。

> 映画自体は予想よりも話題になりませんでしたよね。何でかしら。
うーん、、そうですね。
長いし、ハリウッド資本とはいえ、割と地味だし、やっぱり宗教的な内容って、日本だと見る人が限られてしまうのかも。

あと、何か賞でも取れば、はずみもついたのかな?

加瀬くん、最近全然見かけないの。私が見てないところで、出演・活躍してるのだろうか・・・

そうそう、オダギリジョーがね、ゲバラ隊に参加していた日系人役で主演するらしく、その映画の映像とか写真を、ちょっと見たら、久しぶりにカッコよかったので、嬉しかったです!
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/11 16:36   |  TOP ▲ |


そうそう、私、ゲバラで何で日本人が、って思ったら、そういう人いたんだ~、って驚いて。
すごく監督さんも気になるし、見てみたいです。

加瀬亮さんは、3月のライオンとかで「ああ、もういっぱい働いた」とか思ってるのかしら、って私も気になってたんですよね。
彼、こんなに私達が気にしてるのに、仕事選びすぎっていうか、しなさすぎじゃないですか?
話は少しずれるけど、逆にリリーフランキーさんって仕事さぼってるイメージあるけど、あの人、ドラマに映画にテレビとか、働き過ぎじゃないですか?
牧場主  【 編集】  URL |   2017/08/11 17:33   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
ゲバラの側に、そういう人がいたって事、全然知られていませんでしたよね。
着目点が良いし、映画も良い出来だったらいいなあ・・・。
この映画の監督さんは、結構好きな人なので、興味あります。

そっかー、加瀬君、3月のライオンに出演してましたよね!
見てなかったから、すっぽり記憶から抜けてました。
レンタル開始になっているんでしたっけ? 見てみなくては。

仕事しなさ過ぎなら、ウォンビンですよ。あの人、カッコいい「アジョシ」に出演して以後、映画もドラマも、1本も出てないんですよ・・・。もうこのまま枯れて行ってもいいのね・・・?

> 逆にリリーフランキーさんって仕事さぼってるイメージあるけど、あの人、ドラマに映画にテレビとか、働き過ぎじゃないですか?

爆笑!! ほんとね。あの人、イメージと働きっぷりが全然違うーーー!
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/13 18:19   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1377-cbf6d8c8

沈黙ーサイレンスー
虎猫の気まぐれシネマ日記 (2017/08/09 12:08)
本日、劇場で観賞。スコセッシ監督が忠実に映画化したと言われる遠藤周作氏の原作「沈黙」は未読である。江戸時代初期のキリシタン弾圧によるポルトガル司祭の棄教を通して,神と信仰の意義を描いた作品。 キリスト教の弾圧や迫害は,日本に限ったことではなく,ローマ帝国などでも行われてきた。キリスト教徒は政治的な権威よりも神に従うことを選ぶので,支配者には脅威の存在にもなりうるからだ。さらにキリスト教は厳格...


| ホームTOP ▲ |