FC2ブログ
「イヴ・サンローラン」「サンローラン」感想
165168_01.jpg
両方、だいぶ前に見たのですが、書き留めておかないと忘れる・混同するな・・と思って・・。
2014年にフランスで、偶然なのか同じサン・ローラン映画が2つ。
そういえば、シャネルの映画も数本作られているな・・

「イヴ・サンローラン」
主演がピエール・ニネの作品。
こちらの方を後に見ました。
サンローランになりきっていて、違和感無し。
これは、下のウリエル版でもそうだった。

見た時に、こっちの方が、まっとうに作ってるなーと思ったのにもかかわらず、
何故か、あまり記憶に残ってないという・・・。

サンローランの女友達を演じたシャルロット・ルボンが可愛い。
「ハイドリヒを撃て」「ザ・ウォーク」にも出てたけれど、印象に残る顔。

ビジネスパートナーとして、人生のパートナーとしてサンローランを支え続けたベルジュ氏でしたが、サンローランは、結構色々な人と出来ていたみたい・・、それでもお互いの信頼と関係は無くならならなかった。

ピエール・ベルジュ氏は、確か数年前、お亡くなりになられたと記憶していますが、これら2本の映画を作っていたころは、まだご存命だったせいもあって、彼に遠慮・配慮する内容になるのは当然のことで。
もし、今作るとしたら(もう作らなくていいけど)違ったものになっていたことでしょうね。

印象に残っているシーンはというと、セーヌの橋のふもとのシーンとかかな・・・。

イヴ・サンローラン (2014)
YVES SAINT LAURENT
監督ジャリル・レスペールイヴ・サンローラン (2014/仏)
出演 ピエール・ニネ / ギヨーム・ガリエンヌ / シャルロット・ルボン / ローラ・スメット / マリー・ドゥ・ヴィルパン / ニコライ・キンスキー / ルーベン・アルヴェス / アストリッド・ウェットノール / マリアンヌ・バスレール / アドリーヌ・デルミ / グザヴィエ・ラフィット / ジャン・エドゥアール・ボジャ / アレクサンドル・スタイガー / ミシェル・ガルシア / オリヴィエ・パジョ / アンヌ・アルヴァロ

・・・・・・・・・・・
サンローラン

ギャスパー・ウリエルが主演の作品
T0016260p.jpg

微妙だった・・・。
豪華なキャスティングに惹かれて見たものの、脚本的に、あんまり引き込まれる流れでもなく。
今までにも、何度か、サン・ローランについては映画とかTVの伝記風のを見たことがあったため、目新しい処は無かったし、初めて知ったようなエピソードも特に無かった。

他の作品よりも、ゲイの部分、愛犬、薬物、に重きを置いており、クラブで踊りまくるーとか、薬パーティーみたいなシーンが多かった。
とにかく旬の売れっ子フランス人の役者さんが出まくり!
ギャスパー・ウリエル君は、時々はっとする位、似ていた時もあったけれど、レア・セドゥとジェレミー・レニエは、あんまり印象に残るような役どころでもなく、もったいないなぁと思いました。

驚いたところ
ゲイの人が集まる部屋で、まるで産婦人科の内診につかう椅子と同じ様なものがあって、それを行為時に使っているというのに妙に衝撃を受けました・・・。

あと、「危険なプロット」の美青年高校生を演じたエルンスト・ウンハウアーが、最後の方、晩年のサンローランにインタビューをするパスカル役で、ほんの少し登場していました。
あと、老人になったサンローランを、あのヘルムート・バーガーが演じていました!!

原題:Saint Laurent/2014年/フランス
監督:ベルトラン・ボネロ
出演:ギャスパー・ウリエル  ジェレミー・レニエ  ルイ・ガレル  レア・セドゥ ヘルムート・バーガー
【2017/10/26 12:18】  コメント(2) | トラックバック(0) | フランス・ベルギー カナダ
TOP ▲HOME
 
<<「ブレードランナー 2049」感想 | ホーム | 「3月のライオン」前編、後編 漫画ファンの感想>>
コメント

こんばんは!

わたしも両方観たのよ~~~
で、どっちがどっちか・・・混同しちゃった。
ウリエル版は劇場で観ましたね。
豪華なキャストと衣装、そしておっしゃる通り
シーンとファッションによっては、ご本人にほんとそっくりでしたね。ウリエルくん。

レネ君はこの作品より別のサスペンス映画の彼のほうが本領を発揮していました。

う~ん、お洋服好きなんで楽しめたけど
どっちもあまり印象には残らなかったかなぁ。
なな  【 編集】  URL |   2017/11/18 21:15   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
ななさんも両方ご覧になっていたのねー。

ウリエル版は劇場鑑賞だったのかー!
大画面で見るとお家で見るより、映像的にも豪華だったり、2時間入り込める度合いも高かったりして
満足度高かったんじゃないかなー。

> レネ君はこの作品より別のサスペンス映画の彼のほうが本領を発揮していました。
そうなんだー、私はこれ以外で見たこと、たぶんないような・・・。

オゾン監督の新しい映画「婚約者の友人」にも主演してるのよねー。
オゾン監督作品は、新作が出るとレンタルDVDになっちゃうのだけど、いつも見る様にしてるので、近く見るのが楽しみなのー。

私もお洋服関係の映画は好きなので、その点では楽しめたかなー。
latifa  【 編集】  URL |   2017/11/20 10:13   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1392-70c6374b

| ホームTOP ▲ |