「ジョン・ウィック」「ジョン・ウィック:チャプター2」感想
キアヌ頑張ってるわー。いいお年なのに、アクション凄い!
ace93d7538d8555b1fca0d4726c6aac6.jpg
「ジョン・ウィック」
少し前、2の公開を前に、BSで放送してくれたのを、全く期待せずに見たのだけれど、意外と面白かった。3つ★半

特に、死体処理屋、事情を知っていて見て見ぬフリをする警官、特別なホテル、とか、そういった裏事情に通じている人たちと、ジョンが長く知り合いである処とかは、面白くて好きでした。

それにしても、可愛がっていた、亡き妻からプレゼントされた子犬を殺されてしまって、激怒!殺し屋に!ってパターンは、初めてかも。まあ、わんこと言えども、家族みたいなもんですから、気持ちは解るけどもね。

あと、すっごく強くて不死身なジョンなんだけど、大勢の人を殺して来た報いとして、奥さんが早々に病気で亡くなっちゃったのかもしれない・・・ってところとかは、そうかもなあ・・・と思ったり。

ジョン・ウィック (2014/米)
John Wick
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
出演 キアヌ・リーブス / ミカエル・ニュクビスト / アルフィー・アレン / エイドリアン・パリッキ / ブリジット・モイナハン / ディーン・ウィンタース / イアン・マクシェーン / ジョン・レグイザモ / ウィレム・デフォー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ジョン・ウィック:チャプター2

今回は、お家を爆破されてしまう。爆破したのは、イタリアンマフィアの男、この前見たイタリア映画(パスタはアルデンテ・・)に出てた役者さんだった。
姉を殺してほしいということだったが、この姉を訪ねてローマにやって来たジョン・ウィック。

この姉、彼が来たということは・・・と、覚悟を決めて、自分で両腕に傷をつけてお風呂で死んでゆく潔さがカッコよかったです。
そして、ローマの街並みや夜の街でのバトルは、雰囲気も素敵で良かったです。
その後、アメリカに戻って、NY中の殺し屋が一斉にやってくる・・・

うーん、、、1話目は、ホテルの裏事情とか、後片付け屋さんとか、そういうのが面白かったのに、2話めは、そういうのがあまり無かったは残念だったかな。
ローマで、戦闘用のスーツ服を仕立てたり、武器を用意したり、というのは、好きだったんだけど・・・。

結構ひたすらに、バトルシーンが多くて、そういうのが好きな人には、たまらない映画なのだと思います。
でも、あんまりそういうのに興味が無い私には、どれも似て見えてしまったかも。
ラストは、3に続きますよーって感じの終わり方だったし、私には、それほど面白い!ってわけではなかったかも。

あと、見た事ある、強面だったり、いかにもボス顔の風格ある役者さんが次々登場。
数人は、あの人だ!って解ったけど、顔覚えの悪い私には、その場で解らない事も多く、見終わった後に、ああ、あの映画のあの人かあ!って具合だったのが残念。

手話で話す女殺し屋とか、スモウの人とか、目新しかった!

ジョン・ウィック:チャプター2 (2017/米)
John Wick: Chapter 2
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
出演 キアヌ・リーブス / コモン / ローレンス・フィッシュバーン / リッカルド・スカマルチョ / ルビー・ローズ / フランコ・ネロ / クラウディア・ジェリーニ / ブリジット・モイナハン / ランス・レディック / トーマス・サドスキー / デヴィッド・パトリック・ケリー / ピーター・ストーメア
【2017/08/25 14:45】  コメント(7) | トラックバック(3) | アメリカ映画
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ感想「ハイドリヒを撃て!」 | ホーム | 「エクス・マキナ」感想>>
コメント

latifaさん、こんにちは~。コメント&TBありがとうございました。
久しぶりだね~。うち、全然更新できてなくて。。。しくしく
この映画はすごく好きで、キアヌ、頑張ってるな~ってうれしくてテンション上がった。
2も、私は面白かった、、、でも、後ろ盾が何にもなくなったキアヌ、どーすんの???って心配だけど。。

最近はちょっと疲れ気味、、早くブログも更新したいんだけどね。
真紅  【 編集】  URL |   2017/08/27 20:07   |  TOP ▲ |


真紅さん、こんにちは!
そうかー、凄く多忙そうだね・・・。
お疲れモード、とのことで、ちょっと心配だけど、無理せずにね!!

でも、また数か月、数年後、余裕が出来てきたら、更新増やすかなー、みたいな
ゆるい感じで、続けていけばいいよね、お互いに^^

2も面白かったんだね?
私は、1,2と見た後、また1を見る機会がつい最近あって。
そうしたら、2は、1よりも更にアクションシーンが増えて、
さらに凄く頑張っていたんだなあ・・・って事に改めて気がついて。
2の評価を、もうちょい上げても良かったんだな、って思ったところだよ。
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/29 11:02   |  TOP ▲ |


こんにちは~。
わ、「2」もうやってるのね。
「1」は私も観てます。

「見惚れるほどの復讐」ってコピーだったような。
確かに子犬のことは許せんし!あのバカ息子~!と思ったんだけど、凄まじい復讐っぷり、たぶんキアヌじゃなかったらついていけないところもあったかも(苦笑)って思ったわ。でもほら、キアヌのあの悲し気な表情、これがすべてを許しちゃうんだよねぇ。
ちょっと不思議な世界観、ホテルでのルールや金貨、そういうのも面白かったですよね。
あと、まわりの人たちも~。

おお「2」の相手はイタリアのあの方なのね。
「1」は北欧のミカエルさんだったし、いい役者さんたちを揃えてる。
こちらでは上映ないみたいなので、レンタルになったらチェックしますね~。

キアヌ、いくつになってもアクション頑張ってるよね。
でも彼は絶対「エクスペンタブル」にはスカウトされないタイプだよねぇ(笑)
  【 編集】  URL |   2017/08/29 15:20   |  TOP ▲ |


瞳さん、こんにちは!
そうっか、瞳さんもご覧になっていたのねー。
瞳さんの言葉から、キアヌ愛が感じられました^^

>キアヌのあの悲し気な表情、これがすべてを許しちゃうんだよねぇ。
そうそう。
彼、私生活でも、あんまり幸せ!って感じじゃないものね・・・
可哀想な雰囲気、孤独な影とか、キアヌらしいよね。

> おお「2」の相手はイタリアのあの方なのね。
そうそう。瞳さんも、あの映画見ているから、おおー!って反応しちゃうかも。

> 「1」は北欧のミカエルさんだったし、いい役者さんたちを揃えてる。
ミカエルさんって、色々な映画の悪ボスで、出てるよね。
2もね、良い役者さんがそろっているよー。
もしかしたら、1よりも豪華かもしれない。

> でも彼は絶対「エクスペンタブル」にはスカウトされないタイプだよねぇ(笑)
笑ー、ほんとね。
それと、誰かと組んで仕事するって感じも無いもんね。
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/29 17:28   |  TOP ▲ |


1は拝見しました。ミカエル・ニクヴィストさんがかっこいいなと思って調べたら、2017年にお亡くなりになったとあって、残念って思いました。
キアヌは頑張ってますよね~。私は2はいいかな、っていう感じでした。
牧場主  【 編集】  URL |   2017/08/30 14:25   |  TOP ▲ |


牧場主さん、こんにちは!
> ミカエル・ニクヴィストさんがかっこいいなと思って調べたら、2017年にお亡くなりに
えーーーーーーーーーー!
衝撃。。。なんですと??
全然知りませんでした。今、検索してきたら、肺がんで・・だったのですね・・・
ショック・・・。
まだ56歳だったとか。
うわー、これから、ますます活躍されると思っていたのに。
情報、ありがとうございました。

製作陣、3も作る気、満々の様子ですよ・・・。
latifa  【 編集】  URL |   2017/08/31 10:39   |  TOP ▲ |


このコメントは管理人のみ閲覧できます
  【 編集】   |   2017/08/31 22:07   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1394-12c68050

闇の男/ガン・フー? キアヌ! ~『ジョン・ウィック』
真紅のthinkingdays (2017/08/27 19:56)
 JOHN WICK  ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)は最愛の妻を亡くし、失意のどん底にい た。しかし妻からの最後の贈りものである仔犬のデイジーとの生活に、微か な希望を見出す。そんな彼を、再び打ちのめす事件が起こる。ロシアン・マ フィアを牛耳るヴィゴ(ミカエル・ニクヴィスト)の道楽息子が、デイジーを殺し、 ジョン・ウィックの車を奪ったのだ。 ...


ジョン・ウィック:チャプター2
風に吹かれて (2017/08/28 11:32)
ローマのご用達店紹介 公式サイト http://johnwick.jp 伝説の殺し屋ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)よる壮絶な復讐劇から5日後。愛車を取り戻し、再び平穏な生活に戻ろうとしていた彼の


「ジョン・ウィック」
Slow Dream (2017/08/29 15:21)
かって裏社会にその名を轟かせた殺し屋ジョン・ウィック。 愛する女性との生活を選び足を洗ったジョンだったが、ヘレンは病に倒れ帰らぬ人となってしまう。 悲しみに暮れるジョンは、妻からの最後の贈りものであった子犬に希望を見出すのだが・・・・!!


| ホームTOP ▲ |