「わたしは、ダニエル・ブレイク」感想
涙・・・ 4つ★半
I-daniel-blake-cartel.jpg
ケン・ローチ監督の2度目のカンヌ国際映画祭パルムドール受賞作なんですね。
凄く良かったです。
斬新な内容ではなくて、むしろ何度も、こういった内容を見て来たような気がするけれども、それでもやっぱり心を揺さぶられました。
イギリスだけじゃなくて、日本でも、世界各国で、こういう事あるよね・・・って思わせられる内容でした。

私もあんまりネットとか得意じゃないから、何でもPCで・・・っていうの、困ったりするし、電話でセンターに電話するも、ずっと長い間待たされるのは凄く腹が立つわー。フリーダイヤルなら許せるけど、0570なので料金がーとかアナウンスされることも多くて。
あと、犬の糞を片付けないで散歩させる奴とかね。

ダニエルおじさんは、凄く良い人。
役所で、困っているシングルマザーを黙って見てられなくて、助け船を出す。結局ダメで追い出されるけど・・・
その後も、彼女の家の修理とか、子供の面倒とか、あれこれ世話を焼いてくれるのよね。こんないい人、めったにおらんよ?

それにしても、シングルマザーのママさん、、子供2人いるんだけど、男の子は、ちょっと多動・・?障害気味だし、お姉ちゃんは学校でいじめられてるっていうし、お腹は極限まで空いてるし・・・ もう見てられなかったよ・・・。
ダニエルおじさんに、パスタをせめてものお礼だから、ってすすめてたけど、全然何も食べずに数日過ごしていたのね・・・
倒れそうで、今もらったばかりの缶詰を、その場で開けて口にするシーンは、気の毒で泣けて来た・・・。

その後、生理用品を買うお金がなくて、やむなく万引き、捕まって・・・ 結局売春・・・。
おじさんが、名刺を拾って、嫌な予感で訪問していくと・・・、仕事中の彼女が・・・。
はぁーーっ・・・涙

それにしても、理不尽よね。おじさん、心臓悪くて働けないのに、医者も仕事するのを止めているのに、それでも査定が「働ける」と出てしまったら、ああなっちゃうのね・・・。
表向き、就活活動してる様にしないと、お金が出ない。
おじさんを雇用しようと返事をくれる会社もあって、それをやむを得なく断ると激怒されるし。

★以下ネタバレ★
ダニエルの堪忍袋の緒が切れた! ケン・ローチ監督らしい?壁にペイントで抗議の落書きをし、回りの市民に拍手喝采。警察に捕まるも、初犯ってこともあって、すぐに解放。
ケイティが良心的な弁護士さんを見つけてきてくれて、戦おうということになる。勝てるよ!と励まされた矢先、トイレで心臓の発作が。あっという間にダニエルは亡くなってしまいました・・・。
ダニエルを慕っていたケイティの子供たちもケイティも可愛そう。せっかく良い貴重な友達だったのにね・・・。
以上

わたしは、ダニエル・ブレイク (2016/英)
I, Daniel Blake
監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラヴァティ
出演 デイヴ・ジョーンズ / ヘイリー・スクワイアーズ / ディラン・フィリップ・マキアナン / ブリアナ・シャン / ケイト・ラッター / シャロン・パーシー / ケマ・シカズウェ

内容・あらすじ 大工のダニエルは心臓の病気で医者から仕事を止められ、療養手当を申請するが、担当者は却下。
訪れた役所でPCの手続を説明され、いらいらするが、そこで困っているシングルマザーのケイティを目撃・・・。
【2017/09/22 12:58】  コメント(2) | トラックバック(1) | 英国・アイルランド
TOP ▲HOME
 
<<ネタバレ感想「彼らが本気で編むときは、」 | ホーム | 「エイリアン:コヴェナント」感想>>
コメント

こんにちは

ケン・ローチ監督のメッセージがしっかりと伝わってくる良作でしたね。

煩雑な手続きわざとさせることで
申請にきた高齢者や弱者の気をくじき
申請自体をあきらめさせるねらいもあって
あざといですよね。
弱者を容赦なく切り捨てる国家は
やはり信用できません。
でも日本もだんだんそっち側に傾いてきている面もありますよね。
なな  【 編集】  URL |   2017/09/24 12:47   |  TOP ▲ |


ななさん、こんにちは!
ケン・ローチ監督って、下町の人とか、生活や生きるのが苦しい人を描く事が多いですよね。
わりと映画監督って、セレブリティなお家出身の人が多い印象の中、こういった目線の監督さん貴重というか、がんばって欲しいなーって思います。
イギリスだと、役者さんも、セレブなお家の子の方が、映画出演やスターになるのに、断然有利だとか・・・。

> 煩雑な手続きわざとさせることで
> 申請にきた高齢者や弱者の気をくじき
> 申請自体をあきらめさせるねらいもあって
> あざといですよね。
最近、日本でも年金の問い合わせ電話だかが、フリーダイヤルじゃなくて、しかも全然つながらないとかで、問題になっているって新聞で読みました。
その後、フリーダイヤルになって、窓口の人数も増やした・・んだったかな・・?
この事だって、こういう風に雑誌やマスコミで取り上げないと、変更しなかったかもしれないしー。

身内にPCが出来る人がいたら、手助けしてもらえるけど(ダニエルの場合は、隣の家のちょっと怪しい仕事に手を出してる男子が、思いがけず助けてくれましたよね^^)
だーれも、そういう人がいなかったら、どうやって手続きとかやればいいんでしょうかね?!
latifa  【 編集】  URL |   2017/09/24 15:38   |  TOP ▲ |


コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1404-1ec0aea4

「わたしは、ダニエル・ブレイク」
ここなつ映画レビュー (2017/10/11 13:01)
なんという胸を打つ、そして胸が苦しくなる作品。ただ実直に生きていくことの難しさをここまで見事に描き切るとは!監督ケン・ローチは引退を撤回してこの作品のメガホンを取ったと聞いている。ケン・ローチだから、ケン・ローチでこそ、社会派ケン・ローチ…色々表現はあるかもしれない。だがやはり素晴らしいことに変わりはないのだ。ダニエル・ブレイク。初老の男。イギリスの労働者。妻を亡くし今は独り身。何十年も大工...


| ホームTOP ▲ |