「ドラゴン×マッハ!」感想
2017年1月に公開されていたことを、全く知らずにいたんですよ・・・。
20170301210434e88.jpg
この前、「イップマン3」を見て、マックス・チャンって何者ぞ?って検索し、そうか、「ドラゴン×マッハ!」ってのにも出てるのか?え?なんですと?トニージャーも出てるのぉー!?こりゃ絶対見なくちゃ!って経緯で、見ました。
レンタルになるまで早かったのね。公開は2015年だから、日本公開が凄く遅かったのか・・・。

で、アクション映画にありがちな、なんか内容ないけど、まあいいか・・・な映画では、ありませんでした。
しっかりとした内容があって驚き。アクションも凄かったし。
ちょっと長かったかな・・・。

登場人物、ほとんどの人が何かしら病気や障害などにかかわっているんですよ。
あの所長も、かつて難病で、命助からない様なところを、あのメガネボス?に助けてもらって今があるらしいし、ナイフ使いも補聴器つけてるし、トニージャーの娘は白血病でドナーを待っているところだし、携帯を拾った少年はダウン症だし・・・

で、マックス・チャンですが、イップマン3よりも、さらにこっちの作品の方がカッコよくて。(こっちの方が先に発表された作品ですが)
201703012128126f7.jpg

SPL2-03.jpg
シャープにカッコよくスーツを着こなし、またアクションがね、なんというか・・・ビシッツ!として動きが美しいんですよ。 若干ナルシスト入った風貌とかが、若き日のレスリー・チャンを思わせるところもあって。
こんな若いのに、もう41歳だそうですが、でもドニーさんなんて54でもアレだから、あと10年は頑張れるはず!これから、きっとブレイクしますよね。

ナイフ使いの中村獅童に似たお顔の張馳(チャン・チー) この人もキレキレだった!
20170301213232547.jpg

そして、トニージャー
彼を見るのは、ほんと久しぶり!
最初解らなかったんですよ。子煩悩な父親役でスケート場で・・ってのが最初のシーンだったかな?
がっちり体形になって、太ったというよりは、がっしりしたって感じ・・・?
アクションシーンは、そうだなあ・・凄いけど、前から凄いのを解ってるし・・・パルクール的なアクションが無かったし。
倉庫で走って来た大型バスのフロントガラスから突っ込んで行ったシーンは凄かった! 
ただね、トニージャー、普通の時の演技が、すごく上手になっていました。

でね、前から思ってるんだけど、タイ語って、優しいのよね、響きが・・・。好きだわー、あの口調で怒鳴られたりしても、ビクッ度が低いというか。だから逆に、こういった格闘映画だと、なんかマイルドに聞こえてしまって、ちょっと迫力にかけるかも・・。

それにしても、スマホの翻訳サイトで、タイ語と広東語で会話できちゃう!とか、絵文字だけでも、意思疎通が出来ちゃうとか、すごいなあー!そんなの世の中になったんだね・・・(私まだスマホ持ってない人ですが)

主役は、ウー・ジンっていう潜伏捜査官なんだけど、この人が寺脇康文と大友康平に似ていた。

★以下ネタバレ★
探していたドナーが、彼だったことが解るも、薬物を使っていたから3年は待たなくちゃいけないとのこと・・・。
ラストのバトルは、高層ビルから落ちかけたマックス・チャンとウー・ジンだったが、トニー・ジャーの放ったチェーンをつかみ、落下をまぬがれるも、マックスのネクタイをウー・ジンがつかみ、首絞められて死にかけ・・・ってのは、意外なアイディアだったな。
最後は、すっかり美しい大人になってる娘っ子。半年の命って言われていたけど、奇跡が起きたのか、別のドナーが現れたのか・・・いずれにしても良かったね!
以上

原題:殺破狼II SPL 2: A Time for Consequences
この映画って、サモ・ハン・キンポーとドニー・イエンが出演した「SPL/狼よ静かに死ね: ―殺破狼」と同じ系統の、“殺破狼”の“殺破狼2”と名前は付いていますが、前作との関連性は皆無だそうです。
2015/香港、中国 
監督:ソイ・チェン
出演:トニー・ジャー、ウー・ジン、サイモン・ヤム、ルイス・クー、マックス・チャン、チャン・チー、ケネス・ロー(ロー・ワイコン)、ジュン・コン、ラム・カーワー、キョン・ヒウマン、ロー・ウィンチョン、アンダー・クンティーラー・ヨードチャーン、キャンディ・ユエン

あらすじ
香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン(ルイス・クー)を捕らえるべく、潜入捜査官チーキット(ウー・ジン)はミッションのさなかに正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。
潜入捜査の指揮官チャン刑事(サイモン・ヤム)がチーキットの行方を必死に探すなか、臓器売買の拠点である刑務所の所長(マックス・チャン)は邪魔者チーキットを排除しようと執拗に暴行。正義感の強い看守チャイ(トニー・ジャー)は、臓器移植が必要な愛娘の入院費を所長に工面してもらっているため、非道な行為を見て見ぬ振りするしかなかった。だがある事実を知り、チーキットを救うことを決意する。
【2017/09/10 11:05】  コメント(0) | トラックバック(1) | 中国・台湾映画
TOP ▲HOME
 
<<「エゴン・シーレ 死と乙女」感想 | ホーム | 「イップ・マン 序章 葉問  継承」感想>>
コメント

コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://latifa.blog10.fc2.com/tb.php/1405-a199c088

「ドラゴン×マッハ!」
ここなつ映画レビュー (2017/10/11 13:02)
先日私は「今年はこの「ホワイト・バレット」だけでいいや」と思っていたのだけれど、これは困った!今年は1本しか映画観ちゃいけない、と言われたら、「ホワイト・バレット」にするか「ドラゴン×マッハ!」にするか、1年ずっと迷わなければならない。いやもちろん誰も私にそんなこと命じていないし、わざわざ自分にそれを課す意味もないのだけれど。つまり、それ程面白かったと言いたい訳だ。香港とタイの警察を股にかけ...


| ホームTOP ▲ |